【GMOコイン】イーサリアムなどアルトコイン5種類を取り扱いへ

【GMOコイン】イーサリアムなどアルトコイン5種類を取り扱いへ

GMOインターネットグループの仮想通貨取引所であるGMOコインは、2017年中にアルトコイン5種類を取り扱うことを発表しました。5種類はイーサリアム、リップル、ライトコイン、イーサリアム、Bitcoin Cashです。


GMOコイン、イーサリアムなどアルトコイン5種類を取り扱いへ

GMOインターネットグループの仮想通貨取引所であるGMOコインは、2017年中にアルトコイン5種類を取り扱うことを発表しました。5種類はイーサリアム、リップル、ライトコイン、イーサリアム、Bitcoin Cashです。GMOコインはこれまでビットコインしか扱っていなかったため、2017年中に6種類まで拡大することになります。取り扱いスケジュールは以下の通りです。

・9月下旬
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
・10月
ライトコイン(LTC)
イーサリアムクラシック(ETC)
・11月
リップル(XRP)

アルトコインのレバレッジ取引も開始予定

GMOコインはアルトコインの現物取引に加え、レバレッジ取引サービスも年内に提供開始する予定です。国内取引所においてアルトコインのレバレッジ取引は、イーサリアムしかできず、提供する取引所も限られています。全てのアルトコインのレバレッジ取引に対応するかはわかりませんが、他取引所との差別化になりそうです。

GMOコインの詳細はこちら

国内取引所でアルトコインの取り扱い数が増加

これまでアルトコイン取引といえばcoincheckでしたが、最近は各取引所でアルトコインの取り扱い数が増加しています。

・coincheck(全13種類)
ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、NEM、イーサリアムクラシック、Bitcoin Cash、DASH、Monero、Zcash、LISK、Augur、Factom

・bitbank.cc、BitTrade(全6種類)
ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、Bitcoin Cash、モナコイン

・bitFlyer(全5種類)
ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、イーサリアムクラシック、Bitcoin Cash

5種類以上取り扱う取引所は、coincheck、bitbank.cc、BitTrade、bitFlyerと4社あり、GMOコインがここに加わることになります。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitbank.ccの詳細はこちら

BitTradeの詳細はこちら

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaifにも注目

Zaifはビットコイン、NEM、モナコイン、Bitcoin Cashと取り扱う仮想通貨は4種類ですが、豊富なトークンが取引できます。今後さらにCOMSAトークンやCOMSAでICOを経たトークンが取引可能になる予定です。

Zaifの詳細はこちら

GMOコインの動向に注目

GMOコインが2017年中にアルトコイン5種類を追加することを発表しました。GMOグループは世界一のFX会社を運営していることもあり、今後仮想通貨分野においても積極的な展開が見られるのではないでしょうか。GMOインターネットは、ビットコインマイニング事業への参入も発表しています。

関連するキーワード


GMOコイン

関連する投稿


GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

仮想通貨取引所のGMOコインで11月13日にシステム障害が発生しました。提示されたレートと異なるバグレートで約定したりアクセスできなくなったりする障害です。GMOコインが発表した今後の対応について紹介します。


利用者急増中。GMOコインの特徴や魅力、評判について

利用者急増中。GMOコインの特徴や魅力、評判について

GMOコインは2017年にサービスを開始した仮想通貨取引所です。取引所としては後発になりますが、低スプレッドや大手の安心感が評判を呼び、利用者を増やしています。GMOコインの特徴や魅力、評判について紹介します。


GMOコインがライトコインの取り扱いを開始。スプレッド大幅縮小キャンペーンも

GMOコインがライトコインの取り扱いを開始。スプレッド大幅縮小キャンペーンも

GMOコインが10月25日からライトコインの取り扱いを開始しました。GMOコインでは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュに次いで4通貨目の取り扱いとなります。これを記念し、スプレッド大幅縮小キャンペーンも開催されています。


GMOコインのアプリ。豊富な情報を見ながら仮想通貨FXができる

GMOコインのアプリ。豊富な情報を見ながら仮想通貨FXができる

仮想通貨取引所のGMOコインは、「ビットレ君」という仮想通貨FX専用アプリを提供しています。仮想通貨取引所はアプリの提供をしていますが、レバレッジ取引はできないことが多く、GMOコインのアプリは珍しい存在です。


GMOコイン、仮想通貨FXの通常スプレッドを800円→300円に変更

GMOコイン、仮想通貨FXの通常スプレッドを800円→300円に変更

GMOコインでは、2017年9月より「スプレッド300円DAY」を実施してきました。このキャンペーンが顧客から好評だったたため、2017年11月1日(水)メンテナンス終了時より、「仮想通貨FX」の通常スプレッドが800円→300円に変更されます。


最新の投稿


SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

日本の大手保険グループであるSOMPOホールディングスは、世界有数のブロックチェーン技術提供企業であるビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。


デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

株式会社デジタルガレージは、ブロックチェーン関連技術の開発を手がけるBlockstream社(本社:カナダ・モントリオール)との日本における事業連携に関して正式契約を締結しました。両社の戦略的な技術連携をより強化することを通じて、日本市場をブロックチェーン技術で世界をリードするマーケットに育てることを目的にしています。


【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

11月21日の仮想通貨相場は、ビットコイン価格が93万円台まで上昇しました。また過去最高価格の更新です。アルトコインも総じて5%~10%くらい上昇していて好調な相場になっています。


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


【仮想通貨の一覧】チェックする方法や分類方法

【仮想通貨の一覧】チェックする方法や分類方法

2017年11月現在、仮想通貨は1,300種類ほど存在しています。全ての内容を理解することは不可能に近く、投資をする際はある程度絞り込んでから詳細を調べていく必要があります。今回は仮想通貨の一覧をチェックする方法や分類方法を紹介します。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin