中国発、ビットコイン(仮想通貨)暴落への備え

中国発、ビットコイン(仮想通貨)暴落への備え

中国人民銀行によるICO禁止、中国報道機関による取引所閉鎖の噂と中国発のニュースが最近の仮想通貨市場を騒がせています。取引所閉鎖は正式な決定ではなく報道レベルの噂の話ですが、今回は最悪の状況を想定してみたいと思います。


中国発のニュースによる混乱

2017年9月に入り、中国発のニュースによる混乱が続いています。まず9月4日、中国人民銀行が中国国内におけるICOの禁止を発表しました。この発表により、NEOなど中国発の仮想通貨を中心に暴落し、主要な仮想通貨にも影響が出ました。結果としてICOを経た仮想通貨(中国人民銀行はトークンと定義)の多くが中国取引所で上場廃止になりました。

そして9月8日、中国のニュースサイト「財新網」が、中国の金融当局は仮想通貨取引所を当面閉鎖することを決定したと報じました。ただ、BTCC、OKCoin、Huobiの中国三大取引所は報道を否定しており、現在も取引はできる状態です。この件に関してはさまざまな情報が飛び交っている状況であり、どうなるかまだわかりません。

中国取引所が閉鎖された場合

testing / Shutterstock.com

個人的にはこのまま有耶無耶な状況が続くことが一番嫌ですが、相場に最も大きな影響を与える出来事は中国取引所の閉鎖でしょう。9月14日のビットコイン価格は10%程度の下落になっていますが、仮に閉鎖された場合は暴落になるかもしれません。どこまで下がるかは誰にもわかりませんが、2017年1月の規制強化で30%程の下落だったため、それ以上になる可能性はあるでしょう。14日時点での価格が42万円程なので、30%下落すると30万円を割ります。

リスクをどこまで許容できるか

繰り返しになりますが中国取引所がどうなるかは現状わかりません。個人的には閉鎖はない、あっても一時的(一時閉鎖後にライセンス制など)だと考えていますし、混乱が収まれば相場も回復すると思っていますが、最悪の事態を想定して準備しておくことは重要だと感じます。

仮に30%、40%の下落になった場合、許容できるのか、長期で持ち続けられるのかどうかは考えておく必要があるかもしれません。1月5日に約30%下落した際は、戻るまで約2ヶ月かかりました。購入した価格によって大きく変わりますが、しばらく含み損を抱える可能性があります。最悪の場合戻らないこともあるでしょう。どこまでリスクを許容できるかは人それぞれだと思いますが、考えておいて損はないかと思います。

慌てて行動するのは避けたい

ICO禁止の件もそうでしたが、現在報道されている中国取引所の閉鎖がいつ起きるかは誰にもわかりません。慌てて行動してしまうと冷静に考えられず損をする結果になってしまうことが多いため、事前に考えておくことが重要ではないでしょうか。

最新の投稿


【仮想通貨取引】日足、4時間足、1時間足...何を見ればいいのか

【仮想通貨取引】日足、4時間足、1時間足...何を見ればいいのか

仮想通貨価格のチャートは複数の時間足で見ることができます。1日足、4時間足、1時間足、30分足...などありますが、初めての場合は何を見て取引すればいいのか迷ってしまうものです。基本的な時間足の見方を紹介します。


ICO投資の始め方。必要な認識やリスクについて

ICO投資の始め方。必要な認識やリスクについて

ICOを実施する企業やプロジェクトが増加し、ICO投資が活発になっています。今や毎日のようにトークンセールが実施されている状況です。関心を持っている方も多いかと思いますが、どのような投資なのかしっかり理解して始めることが重要です。


【2017年9月20日】緩やかな値動きの仮想通貨相場

【2017年9月20日】緩やかな値動きの仮想通貨相場

9月20日の仮想通貨相場は緩やかな値動きになっています。昨日結構戻した分、少し下落している感じでしょうか。中国の問題で混乱していましたが、大分落ち着いてきた印象です。今後の仮想通貨相場はどうなるのでしょうか。


Zaifが出来高ランキング総額1億円キャンペーンを開催

Zaifが出来高ランキング総額1億円キャンペーンを開催

仮想通貨取引所のZaifで出来高ランキング総額1億円キャンペーンが開催されています。2017年9月19日(火)00:00より開始されており、総額1億円がなくなるまでの間開催されます。


SBIホールディングスが仮想通貨分野で米運用会社と協業

SBIホールディングスが仮想通貨分野で米運用会社と協業

SBIホールディングス株式会社が米運用会社CoVenture Holding Company, LLC(本社:アメリカ合衆国ニューヨーク州)との間で、仮想通貨関連の様々な事業において協業して取り組んでいくことで覚書を締結したと発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin