中国発、ビットコイン(仮想通貨)暴落への備え

中国発、ビットコイン(仮想通貨)暴落への備え

中国人民銀行によるICO禁止、中国報道機関による取引所閉鎖の噂と中国発のニュースが最近の仮想通貨市場を騒がせています。取引所閉鎖は正式な決定ではなく報道レベルの噂の話ですが、今回は最悪の状況を想定してみたいと思います。


中国発のニュースによる混乱

2017年9月に入り、中国発のニュースによる混乱が続いています。まず9月4日、中国人民銀行が中国国内におけるICOの禁止を発表しました。この発表により、NEOなど中国発の仮想通貨を中心に暴落し、主要な仮想通貨にも影響が出ました。結果としてICOを経た仮想通貨(中国人民銀行はトークンと定義)の多くが中国取引所で上場廃止になりました。

そして9月8日、中国のニュースサイト「財新網」が、中国の金融当局は仮想通貨取引所を当面閉鎖することを決定したと報じました。ただ、BTCC、OKCoin、Huobiの中国三大取引所は報道を否定しており、現在も取引はできる状態です。この件に関してはさまざまな情報が飛び交っている状況であり、どうなるかまだわかりません。

中国取引所が閉鎖された場合

testing / Shutterstock.com

個人的にはこのまま有耶無耶な状況が続くことが一番嫌ですが、相場に最も大きな影響を与える出来事は中国取引所の閉鎖でしょう。9月14日のビットコイン価格は10%程度の下落になっていますが、仮に閉鎖された場合は暴落になるかもしれません。どこまで下がるかは誰にもわかりませんが、2017年1月の規制強化で30%程の下落だったため、それ以上になる可能性はあるでしょう。14日時点での価格が42万円程なので、30%下落すると30万円を割ります。

リスクをどこまで許容できるか

繰り返しになりますが中国取引所がどうなるかは現状わかりません。個人的には閉鎖はない、あっても一時的(一時閉鎖後にライセンス制など)だと考えていますし、混乱が収まれば相場も回復すると思っていますが、最悪の事態を想定して準備しておくことは重要だと感じます。

仮に30%、40%の下落になった場合、許容できるのか、長期で持ち続けられるのかどうかは考えておく必要があるかもしれません。1月5日に約30%下落した際は、戻るまで約2ヶ月かかりました。購入した価格によって大きく変わりますが、しばらく含み損を抱える可能性があります。最悪の場合戻らないこともあるでしょう。どこまでリスクを許容できるかは人それぞれだと思いますが、考えておいて損はないかと思います。

慌てて行動するのは避けたい

ICO禁止の件もそうでしたが、現在報道されている中国取引所の閉鎖がいつ起きるかは誰にもわかりません。慌てて行動してしまうと冷静に考えられず損をする結果になってしまうことが多いため、事前に考えておくことが重要ではないでしょうか。

最新の投稿


coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。二段階認証はセキュリティ上必須とも言えるので、この機会に設定してみてはいかがでしょうか。


デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

株式会社デジタルガレージは、ブロックチェーン関連技術の開発を手がけるBlockstream社(本社:カナダ・モントリオール)との日本における事業連携に関して正式契約を締結しました。両社の戦略的な技術連携をより強化することを通じて、日本市場をブロックチェーン技術で世界をリードするマーケットに育てることを目的にしています。


【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

11月21日の仮想通貨相場は、ビットコイン価格が93万円台まで上昇しました。また過去最高価格の更新です。アルトコインも総じて5%~10%くらい上昇していて好調な相場になっています。


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


【仮想通貨の一覧】チェックする方法や分類方法

【仮想通貨の一覧】チェックする方法や分類方法

2017年11月現在、仮想通貨は1,300種類ほど存在しています。全ての内容を理解することは不可能に近く、投資をする際はある程度絞り込んでから詳細を調べていく必要があります。今回は仮想通貨の一覧をチェックする方法や分類方法を紹介します。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin