改めて感じる「仮想通貨投資は余裕資金で」の重要性

改めて感じる「仮想通貨投資は余裕資金で」の重要性

投資は余裕資金で行うのが基本です。仮想通貨投資も例外ではなく、余裕資金で行うことが推奨されています。特に仮想通貨の場合は、他の投資よりもボラティリティが大きいため、余裕資金の重要性が増します。7月と9月の相場暴落により、この重要性を改めて認識した方も多いのではないでしょうか。


仮想通貨投資は余裕資金で

投資は余裕資金で行うのが基本です。仮想通貨投資も例外ではなく、余裕資金で行うことが推奨されています。特に仮想通貨の場合は、他の投資よりもボラティリティが大きいため、余裕資金の重要性が増します。

仮想通貨投資は2017年4月以降、一気に人口が拡大しました。ほとんどの種類が高騰している状況で、相当な資金を投入した方も多い印象です。しかし、7月と9月には暴落がありました。過去も高騰と暴落を繰り返していますが、実際に暴落を経験しないと余裕資金で投資する重要性は認識しにくいかもしれません。

余裕資金で投資しないリスク

仮想通貨相場の高騰により、生活費を投資に回したり、中には借金をしたりして投資している方もいるといいます。しかし、こうした行為は非常に危険です。相場は上昇トレンドだとしても、ずっと上昇しているわけではありません。上昇と下落を繰り返して推移していきます。仮に借金をして投資をしたとすると、返済期限があるわけであり、含み損を抱えてしまっては返済することができません。

例えば、7月は仮想通貨相場が暴落しました。しかし、その後は高騰し過去最高価格を更新した仮想通貨も多く出ました。余裕資金でないと暴落時に損切りしなければならない状況になってしまっていた可能性もあります。

短期的な価格推移に振り回される

借金は少し極端な事例ですが、余裕資金でないと短期的な価格推移が気になり他のことに手が付かなくなるリスクもあります。下落しても他のことに支障が出ない程度の金額で投資することが重要です。仮想通貨相場は24時間365日動いているため、精神的にも辛くなります。

仮想通貨投資でも短期で利益を出すことは簡単ではない

仮想通貨価格が短期間で数倍、数十倍になった話を聞くと、短期間で利益を出せると感じてしまいますが、そんなに簡単ではありません。参入した時期によっては、短期的に損失を出してしまう可能性も大いにあります。7月と9月の暴落前に購入した方はそうした状況を経験したと思います。

仮想通貨投資は余裕資金で行い、時間と心の余裕も持つ

リスクをあえて取りたいなら別ですが、仮想通貨投資は余裕資金で行うのが基本です。余裕資金で行うことで、時間と心の余裕も生まれてきます。仮想通貨はボラティリティが大きく、24時間365日動いている市場なので、他の投資よりも更に余裕が必要ではないでしょうか。現在ビットコイン価格が過去最高価格を更新し相場が良くなってきていますが、油断は禁物です。

最新の投稿


ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。そして、強制ロスカットが連鎖することは価格暴落の要因にもなります。


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin