仮想通貨価格の値動きが気になって仕方ない時の対処法

仮想通貨価格の値動きが気になって仕方ない時の対処法

仮想通貨投資を始めると値動きが気になってしまい、チャートを頻繁に確認してしてしまうことがあります。ひどくなると仕事中も仮想通貨のことばかり考えてしまい本業に集中できないことも。そんな時は自分でルールを決めて対処する必要があります。


長期投資の場合はルールを決める、アラートサービスを使う

仮想通貨を長期で運用している方も多いと思いますが、長期運用でチャートを見る行為はあまり意味がありません。価格が下落しようが上昇しようが長期間ホールドすることを前提に投資しているはずです。それでも価格が気になる場合は1日3回など見る回数を制限するしかないでしょう。

チャートを確認するのは、価格が上昇している楽しみと下落している不安からだと思います。例えばcoincheckの価格アラートサービスを使えば、価格や上昇率・下落率に応じてメールでお知らせしてくれます。こうしたサービスを利用するのも一つです。

下落は必ずある

どんな投資でも一緒ですが、上昇もあれば下落する局面もあります。仮想通貨はボラティリティが大きいので、1日10%以上下落することは珍しくありません。なぜ下落しているのか事実確認をすることは重要ですが、長期運用で下落の度にチャートから離れられないような状態は微妙です。投資する前に下落は必ずあると認識することが重要だと思います。

投資を決めた理由を見つめ直す

仮想通貨の長期運用をしている方のほとんどが将来性への期待からだと思います。なぜ将来性があると判断したかは人それぞれだと思いますが、価格が気になって仕方がない時は改めて目的を見つめ直してみることも必要かもしれません。仮想通貨に投資する価値があると判断したのならば、短期的な値動きはあまり気にならなくなります。

短期トレードの場合、仕事中はポジションを持たない

短期トレードは長期運用よりも価格が気になります。レバレッジ取引をしていれば、気が付かないうちにロスカットになってしまうことも。ただ、仕事中チャートばかり気にしていても仕方がないので、仕事中はポジションを持たないことが重要ではないでしょうか。仮想通貨は24時間365日取引ができるメリットがあるため、休日や仕事終わりでも十分にトレードができます。

精神的に疲労しないよう適度な取引を

投資なので利益を出すことが最も重要ですが、あまり根詰めて精神的に疲労してしまっては元も子もありません。余裕資金で心と時間にゆとりをもって適度な取引を心掛けてください。最初のうちは仕方ないですが、長期運用の場合は、頻繁に価格チェックをする必要性はあまりありません。気になって仕方ない時は対処法を考えることが重要です。

最新の投稿


GMOインターネット、本人確認を簡単・スピーディーに行える「KYC」を公開

GMOインターネット、本人確認を簡単・スピーディーに行える「KYC」を公開

GMOインターネット株式会社は、ブロックチェーンを利用したプログラムをオープンソース(改変可能・商用可能ライセンス)として公開する「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト(GMOブロックチェーンOSS)」の第5弾として、「KYC」のオープンソースを2017年10月18日(水)より公開しました。


仮想通貨口座は複数社開設すべき?

仮想通貨口座は複数社開設すべき?

仮想通貨取引をするには取引所に口座開設する必要があります。何社使うかは人それぞれであり、1社に決めてもいいのですが、複数社開設した方が何かとメリットが多いです。今回は仮想通貨口座を複数社開設するメリットを紹介します。


【2017年10月19日】ビットコインの値動きが激しい、60万円割れから63万円へ回復

【2017年10月19日】ビットコインの値動きが激しい、60万円割れから63万円へ回復

10月19日の仮想通貨相場は値動きが激しい展開になっています。ビットコインは昨日の夜に60万円を割って57万円台まで下落しましたが、63万円まで急回復しています。Swellで注目されているリップルは連日下落となっています。


coincheck(コインチェック)がビットコインゴールドの付与を発表

coincheck(コインチェック)がビットコインゴールドの付与を発表

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、10月25日にハードフォークが予定されるビットコインゴールドを付与すると発表しました。ビットコインの取引状況により付与される数量は異なりますが、基本保有しているビットコインと同数に近いビットコインゴールドが付与されます。


SBI、仮想通貨デリバティブ関連事業を展開する米BCause社(ビコーズ)へ出資

SBI、仮想通貨デリバティブ関連事業を展開する米BCause社(ビコーズ)へ出資

SBIホールディングス株式会社は、米国で仮想通貨のデリバティブ関連事業を行うBCause LLC社(ビコーズ)へ出資することを発表しました。出資比率は40%になります。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin