SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始

SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始

SBIグループの仮想通貨取引所、SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始しました。具体的なサービス開始時期は明言されていないものの、金融庁登録も完了し、いよいよサービス開始が近い印象です。


SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始

SBIグループの仮想通貨取引所、SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始しました。SBIバーチャル・カレンシーズは9月29日に仮想通貨交換業者としての登録が完了しています。具体的なサービス開始時期は明言されていないものの、いよいよサービス開始が近い印象です。先行予約は以下のリンクから手続き可能です。先行予約は名前とメールアドレスを登録するだけの簡単なものです。

先行予約|SBIバーチャル・カレンシーズ

https://www.sbivc.co.jp/adv/

ビットコインはじめ仮想通貨取引をスマートにするSBIバーチャル・カレンシーズ 先行予約

SBIバーチャル・カレンシーズのサービス内容は?

金融庁から発表された資料において、SBIバーチャル・カレンシーズの取扱仮想通貨はビットコインのみとなっていました。ただ、以前からホームページにはイーサリアムやリップルの記載があることから、後々扱う可能性は高いと考えられます。

また、先日Sコインプラットフォームが発表されましたが、SBIの独自仮想通貨であるSコインや地域トークンなども取引できるようになるかもしれません。Sコインプラットフォームは、仮想通貨や前払式支払手段の電子マネー等、様々な電子通貨を発行し決済に利用することが可能となっており、SBIが発行するSコインや地方自治体・事業会社・地域金融機関などが発行する独自のコインを用いて、スマートフォンを用いた簡易な決済手段が提供されます。

SBI MAXにも注目

SBIグループはグローバル取引所としてSBI MAXの設立も予定しています。現状詳細はわかりませんが、サービス展開や連携に注目が集まります。

グループではマイニング事業やヘッジファンドも

SBIグループは取引所事業だけでなく、マイニングやヘッジファンドなど仮想通貨に関わるさまざまな事業展開をしていく方針です。マイニングにおいてはSBI cryptoという会社を2017年8月に設立しており、Bitcoin Cashのマイニングを開始しているようです。ヘッジファンドに関しても、米運用会社CoVenture社との協業が発表され合弁会社を共同で設立する予定となっています。

SBIバーチャル・カレンシーズの今後に注目

SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始しました。SBIバーチャル・カレンシーズの参入は以前から注目されており、今後取引所間の競争が激しくなりそうです。SBIグループはネット証券会社やFX会社も展開しており、仮想通貨投資にどれだけの投資家が参入するか注目が集まります。

関連するキーワード


SBIバーチャル・カレンシーズ

関連する投稿


SBIがグローバル取引所「SBI MAX(仮称)」設立へ。経営近況報告を発表。

SBIがグローバル取引所「SBI MAX(仮称)」設立へ。経営近況報告を発表。

SBIホールディングスが経営近況報告資料を公開し、新たにグローバルな仮想通貨取引所「SBI MAX(仮称)」を設立に向け準備中のことがわかりました。資料にはビットコイン、イーサリアム、リップルの他、NEMやライトコインのロゴもあり、取り扱う可能性がありそうです。


SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトが公開。リップルも取扱予定。

SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトが公開。リップルも取扱予定。

SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトがオープンしました。まだ情報はほとんど入っていないですが、サービス開始が近いことがうかがえます。ビットコインとイーサリアムの他、注目度の高いリップルも取り扱い予定です。


SBIグループやGMOグループ参入で、仮想通貨はどう変わる?

SBIグループやGMOグループ参入で、仮想通貨はどう変わる?

SBIグループやGMOグループは仮想通貨交換業に参入することを発表しています。既にSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社、GMO Wallet株式会社と準備会社を設立しており、2017年中には正式に参入することが予想されます。こうした大手企業の参入により、仮想通貨はどう変わるのでしょうか?


最新の投稿


QUOINEX(コインエクスチェンジ)、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始

QUOINEX(コインエクスチェンジ)、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始

仮想通貨取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)は、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始します。発行されるトークンはQASH(キャッシュ)。1QASH=0.001ETHで販売され、オファー数量は500,000,000QASHとなっています。


【ビットコイン取引】日本円での取引割合が65%超に。

【ビットコイン取引】日本円での取引割合が65%超に。

ビットコインは円、ドル、ユーロなどさまざまな通貨で取引することができますが、最も大きな割合を占めるのが日本円です。2017年までは中国の人民元が9割以上を占めていましたが、規制により取引量が減少。日本円の存在感が際立ち始めています。


ビットコインゴールド(BTG)、海外取引所の対応

ビットコインゴールド(BTG)、海外取引所の対応

10月25日にビットコインゴールド(BTG)のハードフォークが予定されています。国内取引所は対応についての発表が既にされていますが、主要な海外取引所はどのように対応するのでしょうか?


【2017年10月23日】ビットコインは70万円に迫り、アルトコインは低迷

【2017年10月23日】ビットコインは70万円に迫り、アルトコインは低迷

10月23日の仮想通貨相場はビットコインが好調です。予想通り、土日で高騰し70万円に迫りました。取引所によっては70万円を超えました。23日は68万円台で推移しています。アルトコインはビットコイン集中のため微妙ですが、仕込み時と考えることもできるかもしれません。


注目を集めるモナコイン、最もお得に購入できる取引所は?

注目を集めるモナコイン、最もお得に購入できる取引所は?

モナコインは10月中旬に価格が7倍以上に高騰し、大きな注目を集めました。モナコインは日本発の仮想通貨として知られ、複数の国内取引所が取り扱っています。各社の手数料などを比較して紹介します。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin