SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始

SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始

SBIグループの仮想通貨取引所、SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始しました。具体的なサービス開始時期は明言されていないものの、金融庁登録も完了し、いよいよサービス開始が近い印象です。


SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始

SBIグループの仮想通貨取引所、SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始しました。SBIバーチャル・カレンシーズは9月29日に仮想通貨交換業者としての登録が完了しています。具体的なサービス開始時期は明言されていないものの、いよいよサービス開始が近い印象です。先行予約は以下のリンクから手続き可能です。先行予約は名前とメールアドレスを登録するだけの簡単なものです。

先行予約|SBIバーチャル・カレンシーズ

https://www.sbivc.co.jp/adv/

ビットコインはじめ仮想通貨取引をスマートにするSBIバーチャル・カレンシーズ 先行予約

SBIバーチャル・カレンシーズのサービス内容は?

金融庁から発表された資料において、SBIバーチャル・カレンシーズの取扱仮想通貨はビットコインのみとなっていました。ただ、以前からホームページにはイーサリアムやリップルの記載があることから、後々扱う可能性は高いと考えられます。

また、先日Sコインプラットフォームが発表されましたが、SBIの独自仮想通貨であるSコインや地域トークンなども取引できるようになるかもしれません。Sコインプラットフォームは、仮想通貨や前払式支払手段の電子マネー等、様々な電子通貨を発行し決済に利用することが可能となっており、SBIが発行するSコインや地方自治体・事業会社・地域金融機関などが発行する独自のコインを用いて、スマートフォンを用いた簡易な決済手段が提供されます。

SBI MAXにも注目

SBIグループはグローバル取引所としてSBI MAXの設立も予定しています。現状詳細はわかりませんが、サービス展開や連携に注目が集まります。

グループではマイニング事業やヘッジファンドも

SBIグループは取引所事業だけでなく、マイニングやヘッジファンドなど仮想通貨に関わるさまざまな事業展開をしていく方針です。マイニングにおいてはSBI cryptoという会社を2017年8月に設立しており、Bitcoin Cashのマイニングを開始しているようです。ヘッジファンドに関しても、米運用会社CoVenture社との協業が発表され合弁会社を共同で設立する予定となっています。

SBIバーチャル・カレンシーズの今後に注目

SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始しました。SBIバーチャル・カレンシーズの参入は以前から注目されており、今後取引所間の競争が激しくなりそうです。SBIグループはネット証券会社やFX会社も展開しており、仮想通貨投資にどれだけの投資家が参入するか注目が集まります。

関連するキーワード


SBIバーチャル・カレンシーズ

関連する投稿


SBIバーチャル・カレンシーズ、年明けにも取引開始か

SBIバーチャル・カレンシーズ、年明けにも取引開始か

以前からサービス開始が注目される仮想通貨取引所のSBIバーチャル・カレンシーズですが、年明けにも取引開始できるよう準備を進めていることが日本経済新聞のインタビューでわかりました。また、グローバル取引所であるDigital Asset Exchange(仮称)は香港で2018年1月開設目標としているようです。


SBIがグローバル取引所「SBI MAX(仮称)」設立へ。経営近況報告を発表。

SBIがグローバル取引所「SBI MAX(仮称)」設立へ。経営近況報告を発表。

SBIホールディングスが経営近況報告資料を公開し、新たにグローバルな仮想通貨取引所「SBI MAX(仮称)」を設立に向け準備中のことがわかりました。資料にはビットコイン、イーサリアム、リップルの他、NEMやライトコインのロゴもあり、取り扱う可能性がありそうです。


SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトが公開。リップルも取扱予定。

SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトが公開。リップルも取扱予定。

SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトがオープンしました。まだ情報はほとんど入っていないですが、サービス開始が近いことがうかがえます。ビットコインとイーサリアムの他、注目度の高いリップルも取り扱い予定です。


SBIグループやGMOグループ参入で、仮想通貨はどう変わる?

SBIグループやGMOグループ参入で、仮想通貨はどう変わる?

SBIグループやGMOグループは仮想通貨交換業に参入することを発表しています。既にSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社、GMO Wallet株式会社と準備会社を設立しており、2017年中には正式に参入することが予想されます。こうした大手企業の参入により、仮想通貨はどう変わるのでしょうか?


最新の投稿


アルトコインの短期売買に適した取引所は?

アルトコインの短期売買に適した取引所は?

ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと呼びます。日本では15種類程のアルトコインを取引することが可能です。ただ、アルトコインの短期売買に適した取引所はそれ程多くなく、取引所ごとの特徴を知ることが重要です。


ヒロセ通商がライオンコインを設立。仮想通貨取引所参入へ

ヒロセ通商がライオンコインを設立。仮想通貨取引所参入へ

FX取引大手のヒロセ通商が、2018年2月上旬にライオンコイン株式会社を設立し、仮想通貨取引事業に参入することを発表しました。事業開始日は決まっていませんが、2019年3月までにサービスを開始する予定です。


【2018年1月17日】暴落した仮想通貨相場。ビットコインは一時100万円割れ

【2018年1月17日】暴落した仮想通貨相場。ビットコインは一時100万円割れ

仮想通貨相場は数日前から下落していましたが、昨日30%前後の暴落をし、本日1月17日も30%以上価格を下げています。ビットコインは一時100万円を割り込み、アルトコインも総崩れです。仮想通貨全体の時価総額は50兆円を割り、ピーク時から30兆円以上縮小しています。


三菱東京UFJ銀行、「MUFGコイン」活用のハッカソンを開催

三菱東京UFJ銀行、「MUFGコイン」活用のハッカソンを開催

三菱東京UFJ銀行は、「デジタル通貨で生まれる新たな世界」をテーマとしたハッカソン「Fintech Challenge 2018-Color the world, color your life #MUFGCOIN-」を開催することを決定し、1月15日より一般募集を開始しました。


仮想通貨相場が暴落。中国人民銀行副総裁の発言がきっかけか

仮想通貨相場が暴落。中国人民銀行副総裁の発言がきっかけか

2018年1月16日夕方から、仮想通貨相場が暴落しています。ビットコインは20%程、主要なアルトコインは30%前後下落している状況です。ロイターが報じた中国人民銀行副総裁の仮想通貨の取引所取引や個人・企業が提供する仮想通貨関連サービスを禁止すべきとの見解がきっかけになっているかもしれません。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin