AnyPayのICOコンサルティング、BreadとDrivezyの2社がICO実施を発表

AnyPayのICOコンサルティング、BreadとDrivezyの2社がICO実施を発表

AnyPay株式会社がICOコンサルティングを実施した仮想通貨ウォレットアプリを開発・運用するBread(ブレッド)と自動車・二輪車のシェアリングプラットフォームを提供するDrivezy(ドライブジー)の2社がICOを実施することを発表しました。


AnyPayのICOコンサルティング

オンライン決済サービス「AnyPay(エニーペイ)」やわりかんアプリ「paymo(ペイモ)」などの事業を手掛けるAnyPay株式会社は8月末にICOコンサルティング事業に参入することを発表しました。社内のプロフェッショナル(戦略コンサルティングファーム、投資銀行出身者等)に加え、社外の有識者や取引所等、国内外のパートナーも含めた金融・仮想通貨に造詣の深いチームでICO固有で必要なサポート(法律/会計観点からのスキーム検討、トークン発行・組成、国内外へのPR・マーケティング)をワンストップで提供する内容です。今回、そのコンサルティングを経た2社のICO実施が発表されました。

BreadとDrivezyの2社がICO実施を発表

ICOを実施するのは、仮想通貨ウォレットアプリを開発・運用するBread(ブレッド)と自動車・二輪車のシェアリングプラットフォームを提供するDrivezy(ドライブジー)の2社です。両社とも年内のICO実施に向け、10月5日より事前登録の開始がされました。両社は既に多くのユーザーを抱え、サービスとして更なる成長が必要なステージであり、AnyPayでは、数ヶ月間に渡り2社のボードメンバーとトークンの設計、法的整理、ホワイトペーパーの作成を行ってきたようです。

Rental Coins | Powered by Drivezy

https://rentalcoins.com/

RentalCoins 1.0 is a cryptographic technology for the distributed ownership of vehicles. This technology will enable us to create a fleet of collaboratively owned vehicles that will be accessible to all.

BreadとDrivezyについて

<Bread>
仮想通貨ウォレットアプリを開発・運用するシリコンバレーベンチャー。約120カ国に50万人以上のユーザーを抱え、約2,500億円の仮想通貨資産を管理している。

<Drivezy>
インドにて、自動車・二輪車のシェアリングプラットフォームを提供するベンチャー。インド国内に50万人以上のユーザーを抱え、Yコンビネーター、グーグル、IT-Farm、DasCapitalなど、有名VCから16億円の資本金を調達済み。

他にもICO案件が控えている

AnyPayによると他にも国内のICO案件が控えており、年内に発表予定となっているようです。通常のICOプロジェクトと違いAnyPayによるスクリーニングがされていることから、投資家としても一定の安心感があるのではないでしょうか。また、今回発表された2社は有力なスタートアップ・ベンチャー企業であり、今後もこうした案件が出てくる期待も持てます。

関連するキーワード


ICO

関連する投稿


日本でのICO(Initial Coin Offering)は今後どうなるのか

日本でのICO(Initial Coin Offering)は今後どうなるのか

ICO(Initial Coin Offering)は新しい資金調達手段として注目を集め、2017年前半はバブルのような様相を呈しました。後半以降は前半程の勢いはないものの、現在の多くのICOが実施されている状況です。日本発のICOは規制の関係でほとんどない状況ですが、今後どうなっていくのでしょうか。


COMSAに動き。海外案件を中心に展開か

COMSAに動き。海外案件を中心に展開か

テックビューログループが展開するICOプラットフォームのCOMSAに動きがありました。スイスを拠点とするテックビューロ・ヨーロッパとChronoswiss社が、スイスを開催地としてCOMSAプラットフォームにおけるICOの実施について検討を始めたというニュースです。


AirAsia(エアアジア)がICOを検討

AirAsia(エアアジア)がICOを検討

格安航空会社(LCC)のAirAsia(エアアジア)が、ICOを検討していることがわかりました。トニー・フェルナンデスCEOがMoney 2020 Asiaカンファレンスにて、TechCrunchのインタビューに答えています。


韓国、ICO規制を緩和か

韓国、ICO規制を緩和か

ICOを禁止している韓国が、規制を緩和する可能性のあることがCoinDeskの報道でわかりました。金融当局は、一定の条件が満たされた場合に、韓国内のICOを許可する計画について、税務機関、司法省、その他の関連する官庁に話しているといいます。


「DAICO」とは何か。投資家がICOをコントロール?

「DAICO」とは何か。投資家がICOをコントロール?

DAICOは、イーサリアム開発者のヴィタリック・ブテリン氏が提唱したものです。「DAO」と「ICO」を組み合わせた造語になります。新しいICOの形として注目されており、概要を中心に解説します。


最新の投稿


セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズは、パルコが運営するWEB上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表しました。


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で