AnyPayのICOコンサルティング、BreadとDrivezyの2社がICO実施を発表

AnyPayのICOコンサルティング、BreadとDrivezyの2社がICO実施を発表

AnyPay株式会社がICOコンサルティングを実施した仮想通貨ウォレットアプリを開発・運用するBread(ブレッド)と自動車・二輪車のシェアリングプラットフォームを提供するDrivezy(ドライブジー)の2社がICOを実施することを発表しました。


AnyPayのICOコンサルティング

オンライン決済サービス「AnyPay(エニーペイ)」やわりかんアプリ「paymo(ペイモ)」などの事業を手掛けるAnyPay株式会社は8月末にICOコンサルティング事業に参入することを発表しました。社内のプロフェッショナル(戦略コンサルティングファーム、投資銀行出身者等)に加え、社外の有識者や取引所等、国内外のパートナーも含めた金融・仮想通貨に造詣の深いチームでICO固有で必要なサポート(法律/会計観点からのスキーム検討、トークン発行・組成、国内外へのPR・マーケティング)をワンストップで提供する内容です。今回、そのコンサルティングを経た2社のICO実施が発表されました。

BreadとDrivezyの2社がICO実施を発表

ICOを実施するのは、仮想通貨ウォレットアプリを開発・運用するBread(ブレッド)と自動車・二輪車のシェアリングプラットフォームを提供するDrivezy(ドライブジー)の2社です。両社とも年内のICO実施に向け、10月5日より事前登録の開始がされました。両社は既に多くのユーザーを抱え、サービスとして更なる成長が必要なステージであり、AnyPayでは、数ヶ月間に渡り2社のボードメンバーとトークンの設計、法的整理、ホワイトペーパーの作成を行ってきたようです。

Rental Coins | Powered by Drivezy

https://rentalcoins.com/

RentalCoins 1.0 is a cryptographic technology for the distributed ownership of vehicles. This technology will enable us to create a fleet of collaboratively owned vehicles that will be accessible to all.

BreadとDrivezyについて

<Bread>
仮想通貨ウォレットアプリを開発・運用するシリコンバレーベンチャー。約120カ国に50万人以上のユーザーを抱え、約2,500億円の仮想通貨資産を管理している。

<Drivezy>
インドにて、自動車・二輪車のシェアリングプラットフォームを提供するベンチャー。インド国内に50万人以上のユーザーを抱え、Yコンビネーター、グーグル、IT-Farm、DasCapitalなど、有名VCから16億円の資本金を調達済み。

他にもICO案件が控えている

AnyPayによると他にも国内のICO案件が控えており、年内に発表予定となっているようです。通常のICOプロジェクトと違いAnyPayによるスクリーニングがされていることから、投資家としても一定の安心感があるのではないでしょうか。また、今回発表された2社は有力なスタートアップ・ベンチャー企業であり、今後もこうした案件が出てくる期待も持てます。

関連するキーワード


ICO

関連する投稿


ICOと仮想通貨相場の関係

ICOと仮想通貨相場の関係

Initial Coin Offering=ICOが注目されています。ICOは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。短期間で数十億円や数百億円を集めるプロジェクトも存在していますが、仮想通貨相場との関係性は見逃すことができません。


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」がプレセールを開始

コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」がプレセールを開始

コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」を運営する株式会社AMPLE(本社:東京都港区)は、2017年11月15日12:00〜11月30日11:59の期間中、AMPLE!コイン(ACO)のプレセールを開始します。12月5日からスタートするトークンセール時の約2/3の価格でACOを購入することができます。


金融庁がICO(Initial Coin Offering)に関する注意喚起

金融庁がICO(Initial Coin Offering)に関する注意喚起

ICO(Initial Coin Offering)に関しては各国の規制当局が詐欺などの注意喚起を行っていますが、日本の金融庁からも10月27日に注意喚起が出されました。規制に関する内容にも触れられています。


ICO参加は長期的な視点も重要

ICO参加は長期的な視点も重要

ICOはInitial coin offeringの略で、実施する企業やプロジェクトが独自トークンを発行して世界中の人からビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で出資をしてもらう仕組みです。ICOは上場後すぐに売り抜けることを考えがちですが、今後は長期的視点も重要になってくるでしょう。


最新の投稿


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


【2018年1月18日】仮想通貨相場が回復。一時的?再び上昇?

【2018年1月18日】仮想通貨相場が回復。一時的?再び上昇?

1月18日の仮想通貨相場は、昨日までの暴落から一転し急回復しました。ビットコインは一時100万円を割りましたが、140万円台まで回復しています。アルトコインは下落率の大きかった種類ほど回復率も高いのが特徴です。この回復は一時的なのでしょうか、それとも再び上昇に向かうのでしょうか。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin