メタップスの「タイムバンク」がCOMSAでICOの実施を検討

メタップスの「タイムバンク」がCOMSAでICOの実施を検討

株式会社メタップスは、時間を10秒単位で売買できる時間取引所「タイムバンク」に関して、テックビューロ株式会社が提供するICOソリューション「COMSA」を用いたICOを検討開始しました。早ければ年内、遅くとも来年夏までの実施を協議するということです。


メタップスの「タイムバンク」がCOMSAでICOの実施を検討

株式会社メタップスは、時間を10秒単位で売買できる時間取引所「タイムバンク」に関して、テックビューロ株式会社が提供するICOソリューション「COMSA」を用いたICOを検討開始しました。早ければ年内、遅くとも来年夏までの実施を協議するということです。なおICO実施が決定したわけでなく、検討が開始された段階です。

メタップスのタイムバンクとは

タイムバンクは、さまざまな時間を売買できるマーケットプレイスです。ユーザーは、専門家が販売する時間を購入、使用、売却、保有することができ、専門家は隙間時間を収益に変えることができます。タイムバンクは様々な空き時間を有効活用できる「時間市場」の創出を通して、人々の働き方や生き方を変えていくことをミッションとしています。

タイムバンク - 時間を売買できるアプリを App Store で

https://itunes.apple.com/jp/app/id1253351424/

「タイムバンク - 時間を売買できるアプリ」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。タイムバンク - 時間を売買できるアプリをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

メタップスは韓国子会社でもICOを実施

メタップスは韓国子会社Metaps PlusでもICOを実施しています。独自のトークン「PlusCoin」を発行して資金を調達し、仮想通貨取引所「CoinRoom」を設立する計画です。既に3万ETH以上集まっています。韓国ではICOが禁止になりましたが、Metaps Plusは規制前であり実施に問題はありませんでした。ただ、日本国籍保有者への販売はMetaps Plusの規定で禁止しているため参加はできません。

7,500万ドル以上調達(10/6時点)しているCOMSAのICO

COMSAはICOプラットフォームになりますが、現在第一弾としてCOMSA自身のICOが実施されています。10月6日時点で7,500万ドル相当以上(約83億円)が集まっている状況です。CAMPFIREのICOが見送りになり、プレミアムウォーターとは協議中の状況ですが、さほど影響を受けていないようにも感じられます。今後のICO予定はまだComing Soonとなっていますが、メタップスのタイムバンクなど含め決まってくればより注目が集まりそうです。

COMSA Token Sale Dashboard

https://tokensale.comsa.io/?ref_id=e2d8f23af16dc7201f654ef3f211ab22

- the ICO solution for centralized businesses to adopt blockchain technologies -

COMSAのICO登録はこちら

検討段階である点に注意を

メタップスの「タイムバンク」がCOMSAでICOの実施を検討していると発表がありました。ただ、検討であり決定ではないので注意してください。ICOに関しては各国でさまざまな動きが見られますが、国内ではAnyPayのICOコンサルティングなど活性化していきそうな印象があります。

関連するキーワード


COMSA

関連する投稿


COMSA「CMSトークン」のZaifでの売買方法

COMSA「CMSトークン」のZaifでの売買方法

12月4日、ICOを経たCOMSAのCMSトークンがZaif取引所に上場しました。取引開始直後は高騰する場面もありましたが、現在は落ち着きICO価格とほぼ変わらない価格で取引がされています。CMSトークンのZaifでの売買方法を紹介します。


COMSAのCMSトークン、受取用アドレス登録開始。12月4日からZaifで取引開始予定。

COMSAのCMSトークン、受取用アドレス登録開始。12月4日からZaifで取引開始予定。

ICOプラットフォームCOMSAのCMSトークンの受取用アドレスが登録開始となりました。配布は2017年11月30日、Zaif取引所での取引開始は2017年12月4日に予定されています。


COMSA、CMSトークン配布を11月30日から開始予定

COMSA、CMSトークン配布を11月30日から開始予定

ICOプラットフォームCOMSAが、CMSトークン受取用アドレスの登録や配布に関するアナウンスを行いました。11月27日にCMSトークン受取用アドレスの登録が開始される予定で、11月30日からCMSトークンの配布が開始される予定です。


COMSAのCMSトークン。配布方法や時期、取引開始はいつ?

COMSAのCMSトークン。配布方法や時期、取引開始はいつ?

ICOプラットフォームCOMSAのICO(トークンセール)は、2017年11月6日に終了しました。総額で約110億円を調達し、大きな規模のICOとなりました。COMSAのCMSトークンの配布方法や仮想通貨取引所Zaifでの扱いについて紹介します。


タイムバンクがCOMSAでのICOに合意。上場企業初のICOへ

タイムバンクがCOMSAでのICOに合意。上場企業初のICOへ

株式会社メタップスが運営する時間取引所「タイムバンク」が、テックビューロ株式会社が提供するCOMSAでのICO実施に合意しました。実施スケジュールは早ければ年内を予定しています。国内初の上場企業によるICOとなり注目を集めそうです。


最新の投稿


アルトコインの短期売買に適した取引所は?

アルトコインの短期売買に適した取引所は?

ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと呼びます。日本では15種類程のアルトコインを取引することが可能です。ただ、アルトコインの短期売買に適した取引所はそれ程多くなく、取引所ごとの特徴を知ることが重要です。


ヒロセ通商がライオンコインを設立。仮想通貨取引所参入へ

ヒロセ通商がライオンコインを設立。仮想通貨取引所参入へ

FX取引大手のヒロセ通商が、2018年2月上旬にライオンコイン株式会社を設立し、仮想通貨取引事業に参入することを発表しました。事業開始日は決まっていませんが、2019年3月までにサービスを開始する予定です。


【2018年1月17日】暴落した仮想通貨相場。ビットコインは一時100万円割れ

【2018年1月17日】暴落した仮想通貨相場。ビットコインは一時100万円割れ

仮想通貨相場は数日前から下落していましたが、昨日30%前後の暴落をし、本日1月17日も30%以上価格を下げています。ビットコインは一時100万円を割り込み、アルトコインも総崩れです。仮想通貨全体の時価総額は50兆円を割り、ピーク時から30兆円以上縮小しています。


三菱東京UFJ銀行、「MUFGコイン」活用のハッカソンを開催

三菱東京UFJ銀行、「MUFGコイン」活用のハッカソンを開催

三菱東京UFJ銀行は、「デジタル通貨で生まれる新たな世界」をテーマとしたハッカソン「Fintech Challenge 2018-Color the world, color your life #MUFGCOIN-」を開催することを決定し、1月15日より一般募集を開始しました。


仮想通貨相場が暴落。中国人民銀行副総裁の発言がきっかけか

仮想通貨相場が暴落。中国人民銀行副総裁の発言がきっかけか

2018年1月16日夕方から、仮想通貨相場が暴落しています。ビットコインは20%程、主要なアルトコインは30%前後下落している状況です。ロイターが報じた中国人民銀行副総裁の仮想通貨の取引所取引や個人・企業が提供する仮想通貨関連サービスを禁止すべきとの見解がきっかけになっているかもしれません。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin