モナコイン(MONA)価格が高騰。bitFlyer上場がきっかけか

モナコイン(MONA)価格が高騰。bitFlyer上場がきっかけか

10月7日~8日にかけてモナコイン(MONA)価格が高騰しました。Zaifでは98円、bitFlyerでは120円程を記録しています。10月初めにbitFlyerにモナコインが上場したことが影響しているかもしれません。


モナコイン(MONA)価格が高騰

10月7日~8日にかけてモナコイン(MONA)価格が高騰しました。Zaifでは98円、bitFlyerでは120円程を記録しています。モナコインは7月の半減期前後に高騰してから、あまり動きのない展開が続いてきましたが、約3ヶ月ぶりに100円前後まで回復したことになります。

bitFlyerへの新規上場が要因か

モナコインは10月初めにbitFlyerに上場しました。上場後最初の週末であることから、影響している可能性はありそうです。bitFlyerはビットコイン取引量で国内最大であり、世界的にも最大級の取引所になります。

モナコインを扱う取引所

モナコインは取り扱う国内取引所が増加しています。以前から扱っていたZaif、フィスコに加え、bitbank.cc、bitFlyer、BitTradeと5社で取引することができます。ビットコイン、イーサリアムに次いで国内取引所が扱っている仮想通貨になりつつあります。

Zaifの詳細はこちら

bitbank.ccの詳細はこちら

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

BitTradeの詳細はこちら

ホワイトリスト入りしたことで、更に取り扱い数が増えるか

モナコインは俗に言うホワイトリストに入っているため、今後bitFlyerのように取り扱う取引所が増加するかもしれません。モナコインは日本発の仮想通貨として知られており、巨大掲示板2chから誕生しました。決済用仮想通貨としてライトコインを元に開発され、ネットショップや店舗で利用できる場所も多いです。コミュニティも活発で、他の仮想通貨とは一線を画しています。今後扱う取引所が増加すれば、更に実利用も広がっていくでしょう。

今後のモナコイン価格に注目

モナコインはSegWit導入、半減期で盛り上がりを見せてから大きな動きはありませんでしたが、今回100円に迫る高騰を見せました。100円が節目になる可能性が高そうですが、どのような推移を辿るか注目です。ビットコインの値動きに連動しないことも多いため、分散投資先の一つとして考えてみるのもいいかもしれません。

関連するキーワード


モナコイン

関連する投稿


1,000円を割ったモナコイン(MONA)、2018年の相場は?

1,000円を割ったモナコイン(MONA)、2018年の相場は?

2017年、国内で取引できる仮想通貨の中で最も高い上昇率を記録したのが、モナコインです。約2円から2,000円台に上昇したので、1,000倍程上昇したことになります。2018年はどのような相場になるのでしょうか。


モナコイン(MONA)価格はなぜ高騰しているのか

モナコイン(MONA)価格はなぜ高騰しているのか

モナコイン(MONA)価格が高騰を続けています。2017年初は3円程の価格でしたが、10月に100円を突破。その後も高騰は止まることなく、12月には2,000円を突破しました。なぜこれほどまでに価格が高騰しているのでしょうか。


モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破。年初から約300倍

モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破。年初から約300倍

2017年12月5日、モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破しました。連日高騰していましたが遂に大台を突破し、現在も1,000円を割ることなく取引されています。


モナコイン(MONA)が高騰。約1ヶ月ぶりに400円台に

モナコイン(MONA)が高騰。約1ヶ月ぶりに400円台に

2017年11月22日、モナコイン(MONA)価格が高騰しました。前日330円台だった価格は440円まで高騰。100円以上の価格上昇を記録しています。400円台を付けたのは約1ヶ月ぶりです。


モナコインの「秋葉原ジャック」。価格は再び上昇

モナコインの「秋葉原ジャック」。価格は再び上昇

10月25日~31日の間、モナコインのイベントである「秋葉原ジャック」が開催されています。秋葉原ラジオ会館と秋葉原UDXの大型ディスプレイでモナコインのプロモーション動画が放映されている他、パソコンショップアークではステッカーなどを配布しています。


最新の投稿


ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。そして、強制ロスカットが連鎖することは価格暴落の要因にもなります。


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin