FX取引経験者におすすめの仮想通貨取引所

FX取引経験者におすすめの仮想通貨取引所

FX取引をやっていて仮想通貨取引を始める方は多いです。FXはさまざまな投資スタイルがありますが、レバレッジを効かせて比較的大きな金額を動かすのが一般的です。今回はそんなFX取引経験者におすすめの仮想通貨取引所を紹介します。


FXの投資スタイル

FX取引はハイレバレッジを効かせてデイトレードなど短期で行うイメージが強いかもしれません。ただ、FXにも長期投資、中期投資、短期投資(デイトレード)、超短期投資(スキャルピング)などさまざまな投資スタイルがあります。基本は為替差益を狙うわけですが、スワップポイント(各国通貨の金利差から生じる利益)を狙うこともでき、中長期的な投資をしている方もいます。

FX会社の選び方

FX会社を選ぶ際はさまざまな基準があります。コスト(手数料・スプレッド)、取引ツール、サービス(サポート、約定力)などが重要なポイントになりますが、仮想通貨取引所ほど各社の内容に差はなく、実際に複数使ってみて取引業者を決める場合も多いです。

仮想通貨取引所のレバレッジ取引

仮想通貨取引所のレバレッジ取引は各社かなりバラツキがあるのが特徴です。FXだと最大レバレッジ25倍、取引手数料無料が当たり前ですが、会社によっては最大5倍、15倍といった場合もありますし、取引手数料が0%以上の場合もあります。スプレッドも結構バラバラです。

また、相対取引ではなく取引所取引が一般的であり、まだまだ流動性も高くないので大きな注文は最良気配では成立しないことが多いです。

FX取引経験者におすすめの仮想通貨取引所「GMOコイン」

GMOコインはFX取引最大手GMOクリック証券のグループ会社です。他社と違い取引所取引ではなく、FXと同じ相対取引で仮想通貨の現物取引、レバレッジ取引ができます。先程も触れたように仮想通貨はまだまだ流動性が低く、100万円を超えるような大きな注文では、発注時の最良気配で売買が成立しないことが多いです。GMOコインは提示価格で確実に売買できる点が魅力です。(レバレッジの場合はスリッページが発生する可能性あり)

取引手数料無料でスプレッドも他社に比べ小さくコスト面で優れています。FX最大手だけであり取引ツールも充実しており、アプリでのチャート分析や売買も可能です。また、ビットコイン以外にイーサリアム、Bitcoin Cashの取引もでき、ライトコイン、イーサリアムクラシック、リップルも2017年に取り扱いが開始されます。アルトコインのレバレッジ取引にも対応予定です。

FX経験者はまずGMOコインを使ってみて、他の取引所を試してみるのがいいかもしれません。

GMOコインの詳細はこちら

レバレッジ取引の利用者が多い取引所

レバレッジ取引の利用者が多い取引所はbitFlyerです。bitFlyerはビットコイン取引高でナンバーワン。最大レバレッジ15倍で取引手数料は0.01%~0.15%になります。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

FX取引と同じような環境で利用できるGMOコイン

FX取引経験者で仮想通貨のレバレッジ取引をする場合は、GMOコインが利用しやすいと思います。慣れしたんだ環境で取引できるのではないでしょうか。他社はレバレッジ取引の内容に差があるため、コスト、取引ツール、サービスなど比較検討して利用してみてください。

最新の投稿


【連載企画(Vol.4)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.4)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第4弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin