COMSAトークンのICO登録方法や購入方法

COMSAトークンのICO登録方法や購入方法

2017年10月2日からCOMSAトークンのICO(トークンセール)が開始されました。ICOは11月6日まで開催されています。既に購入した方もまだ迷っている方もいるかと思いますが、参考としてCOMSAトークンのICO登録方法や購入方法を紹介します。


COMSAトークンのICOについて

COMSAトークンのICOは2017年10月2日〜11月6日まで開催されています。特に上限などは設けられていないため、期間中であればいつでも購入することができます。COMSAは企業やプロジェクトがICOを実施するためのプラットフォームです。今後さまざまなICOが実施される予定ですが、第一弾としてCOMSA自身がICOを行っています。

COMSAトークンは2号案件以降のICOでの払込みに使用することによって、5%以上の追加プレミアムボーナスが約束されます。また、特別なクローズドのプレセールへ招待される特権が付与される予定もあります。1COMSAは1USD相当の価格でビットコイン、イーサリアム、NEM、ZAIFトークンによって購入可能です。

1億USDドル相当に迫る勢い

COMSAトークンのICOが実施され1週間ほど経過しますが、10月10日時点で約7,800万ドル相当の資金が集まっています。1億ドルに迫る勢いであり、100億円突破は間近です。

COMSAトークンのICO登録方法

COMSA Token Sale Dashboard

https://tokensale.comsa.io/?ref_id=e2d8f23af16dc7201f654ef3f211ab22

- the ICO solution for centralized businesses to adopt blockchain technologies -

COMSAトークンのICOに登録するには、まず上記からダッシュボードへの登録が必要です。その後ログインして購入することができます。

登録してログインすると上記の画面が表示されます。メニューの「ICO一覧」から購入可能です。現在実施されているICOはCOMSAのみですので、利用規約などに同意して「購入する」という画面に進みます。

購入画面を開くとビットコイン、イーサリアム、NEM、ZAIFトークンと4つの支払手段が表示されています。いずれかを選択し購入に進むのですが、QRコードを読み取って送金する方法とZaifの口座から振り替える方法があります。Zaif口座を持っている場合は送金手数料なしで購入できるので、利用するのがおすすめです。

Zaifの口座開設はこちら

トークンセール

COMSAのICOは11月6日まで開催されていますが、購入する時期によってセールが行われています。プレセールと14%ボーナスセールは既に終了し、10月11日13:59まで10%ボーナスセールが開催中です。10月25日14:00~はセールはなく通常購入となります。

価格は市場次第なので十分な検討を

COMSAトークンのICOは既に多額の資金を集めています。ただ、今後取引所で取引できるようになった際に価格が上昇するとは限りません。当然市場次第で価格は変化し、購入した価格より下落する可能性もあります。購入には十分な検討をしてください。

関連するキーワード


COMSA

関連する投稿


COMSAに動き。海外案件を中心に展開か

COMSAに動き。海外案件を中心に展開か

テックビューログループが展開するICOプラットフォームのCOMSAに動きがありました。スイスを拠点とするテックビューロ・ヨーロッパとChronoswiss社が、スイスを開催地としてCOMSAプラットフォームにおけるICOの実施について検討を始めたというニュースです。


テックビューロ、COMSAプラットフォームの事業化に向けた態勢整備の強化

テックビューロ、COMSAプラットフォームの事業化に向けた態勢整備の強化

Zaif取引所などを運営するテックビューロ株式会社は、総合ICOプラットフォーム「COMSA(コムサ)」を仮想通貨交換業ライセンスのもとでのビジネスとして運用するべく、態勢整備の強化に着手したことを発表しました。


COMSA「CMSトークン」のZaifでの売買方法

COMSA「CMSトークン」のZaifでの売買方法

12月4日、ICOを経たCOMSAのCMSトークンがZaif取引所に上場しました。取引開始直後は高騰する場面もありましたが、現在は落ち着きICO価格とほぼ変わらない価格で取引がされています。CMSトークンのZaifでの売買方法を紹介します。


COMSAのCMSトークン、受取用アドレス登録開始。12月4日からZaifで取引開始予定。

COMSAのCMSトークン、受取用アドレス登録開始。12月4日からZaifで取引開始予定。

ICOプラットフォームCOMSAのCMSトークンの受取用アドレスが登録開始となりました。配布は2017年11月30日、Zaif取引所での取引開始は2017年12月4日に予定されています。


COMSA、CMSトークン配布を11月30日から開始予定

COMSA、CMSトークン配布を11月30日から開始予定

ICOプラットフォームCOMSAが、CMSトークン受取用アドレスの登録や配布に関するアナウンスを行いました。11月27日にCMSトークン受取用アドレスの登録が開始される予定で、11月30日からCMSトークンの配布が開始される予定です。


最新の投稿


セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズは、パルコが運営するWEB上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表しました。


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で