メトロポリスが控えるも上値が重いイーサリアム(ETH)、今後の相場は?

メトロポリスが控えるも上値が重いイーサリアム(ETH)、今後の相場は?

イーサリアムは2017年前半だけで50倍程の価格上昇を記録しました。しかし、最近は上値が重い展開が続いています。10月にはメトロポリスのハードフォークが控えていますが、あまり価格には反映されていません。


2017年前半だけで約50倍に高騰したイーサリアム

2017年1月1日時点でのイーサリアム価格は900円台で1,000円にも届いていませんでした。その後の高騰はご存知の通りですが、6月には5万円近くまで高騰しています。つまり半年間で約50倍の価格上昇を記録したことになります。一時はビットコインのシェアに迫り追い抜くことも現実的でしたが、最近は上値が重い展開が続いています。10月にはメトロポリスのハードフォークが控えていますが、あまり価格には反映されていません。

ICOへの逆風

イーサリアムが2017年前半に高騰した大きな要因と考えられるのがICOです。イーサリアムブロックチェーン上においてERC20トークンを発行するICOが盛り上がりを見せていました。Status、EOS、BAT、OmiseGOなど数多くのプロジェクトが立ち上がり、数秒で数百億円を調達するなども珍しくありませんでした。こうしたトークンを入手するためにはイーサリアムが必要であり、必然的にイーサリアム需要が高まり価格が高騰したわけです。

しかし、ICOにおいては詐欺的なプロジェクトや中身のないプロジェクトも多く、各国でICO規制が強まり中国や韓国では禁止の措置が取られました。イーサリアムは短期的にはこうした影響を受けてしまっていると考えられます。

ハードフォークへの関心の高まり

ICOとは全くの別物ですが、新しい仮想通貨が誕生するという面においてはハードフォークは似たような性質を持っています。ご存知の通り、ビットコインからハードフォークしビットコインキャッシュが誕生し、今後ビットコインゴールドやB2Xが誕生する予定です。イーサリアム上のトークンよりもハードフォークに投資家の関心が向いてしまっている現状もイーサリアムには逆風になっていると考えられます。

ハードフォーク、規制後のICO、イーサリアムのインフラ開発

個人的にハードフォークは長続きしないと考えています。ビットコインゴールドのようなやり方が成り立っているのは投資家がいるためですが、大元のビットコインに与える影響も大きいため、近いうちに相手にされなくなるでしょう。

ICOに関しては各国で規制が議論されていますが、中国のように全て禁止にする国は稀であり、詐欺プロジェクトを排除し、法的な問題もクリアしたICOへと変わっていくはずです。また、2017年前半のICOブームはイーサリアム自体のインフラ開発が追いついていない現状も露呈しました。今後順調に開発が進めば、プラットフォームとして更に洗練されていくのではないでしょうか。

ポテンシャルは大きい

現在イーサリアムはさまざまな逆風があり価格が低迷していますが、分散型アプリケーションやスマートコントラクト構築のためのプラットフォームとしてポテンシャルは大きく、状況が整ってくれば再び存在感を発揮していくのではないでしょうか。

イーサリアムを扱う主な取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連するキーワード


イーサリアム

関連する投稿


【国内取引所】イーサリアム(ETH)の売買手数料&スプレッド比較

【国内取引所】イーサリアム(ETH)の売買手数料&スプレッド比較

イーサリアム(ETH)はほとんどの国内取引所で取引することができます。ビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨であり、取引量も大きいです。今回はイーサリアムを扱う取引所の売買手数料やスプレッドを比較していきます。


KDDIがイーサリアムを活用したスマートコントラクトの実験を開始

KDDIがイーサリアムを活用したスマートコントラクトの実験を開始

KDDI株式会社、株式会社KDDI総合研究所、クーガー株式会社の3社は、国内で初めて「Enterprise Ethereum (エンタープライズ イーサリアム)」を活用したスマートコントラクトの実証実験を開始することを発表しました。


堅調な価格推移のイーサリアムとライトコイン。現状と今後

堅調な価格推移のイーサリアムとライトコイン。現状と今後

2017年8月に入り、数倍に高騰するアルトコインが増える中、堅調な価格推移をしているのがイーサリアムとライトコインです。アルトコインの代表格とも言えるイーサリアムとライトコインの現状や今後を考察してみます。


イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

以前より2017年夏頃に実施予定と言われていたイーサリアムのアップデート(メトロポリス)が9月下旬に行われることがわかりました。メトロポリスは予定されている大型アップデートの3段階目となり、スマートコントラクトの簡略化などが予定されています。


イーサリアム企業連合(EEA)に複数の法律事務所が参加

イーサリアム企業連合(EEA)に複数の法律事務所が参加

世界中の名立たる大企業が参加するEnterprise Ethereum Alliance(EEA/イーサリアム企業連合)に複数の法律事務所と学術機関が参加することがわかりました。仮想通貨は法的な面での整備が追いついていない状況だけに、今回の参加には意義がありそうです。


最新の投稿


仮想通貨の時価総額が50兆円を突破。上位の顔ぶれに変化も

仮想通貨の時価総額が50兆円を突破。上位の顔ぶれに変化も

仮想通貨全体の時価総額が50兆円を突破しました。2017年初の時価総額は2兆円程でしたので、1年で25倍も拡大したことになります。特に11月からの伸びは凄まじく、1ヶ月で約2.5倍になりました。時価総額ランキング上位の顔ぶれに変化も生じています。


【連載企画(Vol.4)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.4)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第4弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin