GMOコイン、仮想通貨FXの通常スプレッドを800円→300円に変更

GMOコイン、仮想通貨FXの通常スプレッドを800円→300円に変更

GMOコインでは、2017年9月より「スプレッド300円DAY」を実施してきました。このキャンペーンが顧客から好評だったたため、2017年11月1日(水)メンテナンス終了時より、「仮想通貨FX」の通常スプレッドが800円→300円に変更されます。


GMOコイン、仮想通貨FXの通常スプレッドを800円→300円に変更

GMOコインでは、2017年9月より「スプレッド300円DAY」を実施してきました。このキャンペーンが顧客から好評だったたため、2017年11月1日(水)メンテナンス終了時より、「仮想通貨FX」の通常スプレッドが800円→300円に変更されます。

スプレッドとは

スプレッドとは売値と買値の差です。ビットコイン売却価格が60万円、購入価格が61万円であればスプレッドは1万円ということです。仮想通貨はボラティリティが大きいため、スプレッドがあまり重視されていない印象がありますが、FXなどでは各社凌ぎを削る差別化要因の一つとなります。スプレッドは当然狭いほど利益を出しやすいです。売値と買値の差が1万円あれば1万円以上価格上昇しなければ利益が出ませんが、100円であれば100円以上の価格上昇で利益が出ます。

GMOコインのスプレッド300円は他社より有利

GMOコインは取引所取引ではなく、相対取引で提示されている価格で売買が成立します。取引所取引の場合は、売り板/買い板に表示されている最も安い価格や数量/最も高い価格や数量は常に変動します。また、流動性が低い場合最良気配で全ての注文を捌くことは難しいです。特に100万円単位の大きな注文は複数気配に跨ってしまい、結果として相対取引で売買した方がお得になるケースもあります。GMOコインの相対取引でスプレッド300円は非常に狭く利益を出しやすいと言えるでしょう。

取引ルールに変更も

GMOコインでは、2017年11月1日(水)メンテナンス終了時より下記の取引ルールへと変更されます。

【仮想通貨FX】
■最小注文数量(最小注文単位)
変更前:新規・決済ともに0.001BTC/回
変更後:新規・決済ともに0.01BTC/回

仮想通貨FXにおける最小注文数量が変更になります。現在「仮想通貨FX」にて保有している建玉がある場合、0.001~0.009BTCに該当する数量のみ強制決済となりますので注意してください。なお、0.001~0.009BTCに該当する数量の決済は、建玉の合計数量ではなく、各建玉に対して実施されます。

GMOコインで仮想通貨FXが利用しやすく

GMOコインでは、2017年11月1日(水)メンテナンス終了時より、「仮想通貨FX」の通常スプレッドが800円→300円に変更されます。これまで週1回開催されていましたが、毎日スプレッド300円で取引できるため、さらに利用しやすくなりました。

GMOコインの詳細はこちら

関連するキーワード


GMOコイン

関連する投稿


GMOコイン、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを25倍から5倍に変更

GMOコイン、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを25倍から5倍に変更

仮想通貨取引所のGMOコインは、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを現在の25倍から5倍に変更することを発表しました。2018年1月31日(水)7:00から変更が実施されます。


GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコインは2017年12月8日(金)15時より最低スプレッドと取引ルールの変更を行うと発表しました。また、2017年12月末より、仮想通貨現物売買において、利用者の取引量に応じて最低スプレッドを実質値下げする「仮想通貨現物売買VIPプラン」の提供も予定しているようです。


GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

11月29日より、GMOコインがリップル(XRP)の取り扱いを開始しました。リップル取り扱いを記念して「スプレッド大縮小キャンペーン」も開催されています。通常スプレッドは1円ですが、キャンペーン中のスプレッドは0.3円となります。


GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

仮想通貨取引所のGMOコインは、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始します。これによりGMOコインでは、5種類の仮想通貨が取引できるようになります(その他はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)。リップルの取扱開始を記念したキャンペーンも実施予定です。


GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

仮想通貨取引所のGMOコインで11月13日にシステム障害が発生しました。提示されたレートと異なるバグレートで約定したりアクセスできなくなったりする障害です。GMOコインが発表した今後の対応について紹介します。


最新の投稿


日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

改正資金決済法が定める「認定資金決済事業者協会」となることを目指している日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が4月に統合すると日本経済新聞が報道しました。


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で