「トークン」とは何か。仮想通貨との違いは?

「トークン」とは何か。仮想通貨との違いは?

仮想通貨関連のニュースなどでよく登場する言葉に「トークン」があります。直訳すると代用貨幣といった意味がありますが、トークンとは何なのか、仮想通貨との違いは何かなどを紹介します。


トークンについて

「トークン」は直訳すると代用貨幣などの意味があります。仮想通貨以外の分野でも使われることがあるため、登場するシーンにおいて意味が変わってきます。では、仮想通貨におけるトークンとはどのようなものなのでしょうか?

仮想通貨とトークンの違い

人によってはビットコインやイーサリアムなどもトークンと呼ぶ場合もありややこしいですが、トークンはビットコインやイーサリアムのブロックチェーン上で発行できるものです。ざっくり理解するのであれば、「独自ブロックチェーンで発行したもの=仮想通貨」、「既存ブロックチェーンで発行したもの=トークン」で問題ないと思います。

トークンにはどのようなものがあるのか

画像は仮想通貨の時価総額などを確認できるcoinmarketcapというサイトの情報です。coinmarketcapでは、CoinとToken(トークン)によって表示が分けられています。Platformという項目があると思いますが、これはこのプラットフォーム上で発行されているトークンという意味になります。プラットフォーム型の仮想通貨はいくつか存在しますが、やはりEthereum(イーサリアム)が多いことがわかりますね。

トークンの特徴や存在意義

トークンは株式のような性質を持っています。発行者が自身で供給量をコントロールできたり保有者に特典を与えたりすることができます。厳密には経営権を握れるわけではないので株式ではないですが、特徴は似ていると言えるでしょう。話題のVALUなどのサービスをイメージすると理解しやすいかもしれません。VALUは個人ですが、さまざまな優待などを付けることで自身のVAを売り出すことができます。

トークンは誰でも発行することができ、誰でも保有できる点が魅力です。発行者をトークン購入という形で応援(支援)することができ、自身は優待などメリットを享受できます。現状は売買益を狙った購入が多いことは事実ですが、必ずしも利益目的だけではありません。今後、さまざまな企業や個人がトークンを発行する時代になるかと考えています。

仮想通貨とトークンの違いを理解

トークンはビットコインやイーサリアムのブロックチェーン上で発行できるもので、株式ではないものの似たような性質を持っています。ICOやVALUにおいては、さまざまな問題が指摘されているものの、これまでにない新しい仕組みであり、適切な規制のもと運用されていくことを期待したいです。

最新の投稿


SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

日本の大手保険グループであるSOMPOホールディングスは、世界有数のブロックチェーン技術提供企業であるビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。


coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。二段階認証はセキュリティ上必須とも言えるので、この機会に設定してみてはいかがでしょうか。


デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

株式会社デジタルガレージは、ブロックチェーン関連技術の開発を手がけるBlockstream社(本社:カナダ・モントリオール)との日本における事業連携に関して正式契約を締結しました。両社の戦略的な技術連携をより強化することを通じて、日本市場をブロックチェーン技術で世界をリードするマーケットに育てることを目的にしています。


【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

11月21日の仮想通貨相場は、ビットコイン価格が93万円台まで上昇しました。また過去最高価格の更新です。アルトコインも総じて5%~10%くらい上昇していて好調な相場になっています。


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin