ビットコイン購入するならZaifがおすすめ?取引手数料マイナス0.05%へ引き下げ中

ビットコイン購入するならZaifがおすすめ?取引手数料マイナス0.05%へ引き下げ中

大手仮想通貨取引所のZaifでは、ビットコインの取引手数料をマイナス0.01%からマイナス0.05%へ引き下げるキャンペーンを開催中です。取引するだけで手数料分が受け取れるので、ビットコイン購入を考えている方は検討してみてもいいかもしれません。


Zaifのビットコイン取引手数料がマイナス0.05%に引き下げ中

大手仮想通貨取引所のZaifでは、ビットコインの取引手数料をマイナス0.01%からマイナス0.05%へ引き下げるキャンペーンを開催中です。10月13日から開催されていて終了日時は未定ですが、1ヶ月から数ヶ月を予定しており、終了の際は1週間前までに告知されます。手数料がマイナス0.05%なので、100万円分のビットコインを購入すれば500円受け取れることになります。頻繁に売買を繰り返す場合は非常にお得です。

BTC/JPYのmaker手数料が対象

マイナス0.05%の手数料が適用されるのは、BTC/JPY(日本円でのビットコイン取引)のmaker手数料です。makerとは新たに板(気配値)に注文を並べることです。対するTakerは板(気配値)に並んだ注文を消化することを言います。「make=作る」、「Take=取る」と考えるとわかりやすいです。

こちらはZaifの板情報です。板に並んでいる最も安い売り注文は633,495円です。この金額以上で買い注文を出せば、板の注文は消化されるためTakerになります。一方、633,495円以下で買い注文を出した場合は、売り注文がないためすぐに約定しません。これがMakerということです。

ZaifはTaker手数料もマイナス0.01%

Zaifは国内仮想通貨取引所の中で取引手数料が最も安いです。通常時においても、Maker・Taker手数料共にマイナス0.01%となっています。また、ビットコインに加えてモナコインもマイナス0.01%の手数料が適用されています。

その他仮想通貨の取引手数料

Zaifではビットコインとモナコイン以外に、イーサリアム、NEM、ビットコインキャッシュの取り扱いがあります。取引手数料は以下の通りです。

・イーサリアム
maker0%、taker0.1%

・NEM
maker0%、taker0.1%

・ビットコインキャッシュ
maker0%、taker0.3%

手数料は取引所選びの重要な要素

手数料は利用者が負担する必要のあるコストです。仮想通貨取引所を選定するにあたっては、重要な要素となります。Zaifではビットコインとモナコインにおいてマイナス手数料が適用されており、取引を頻繁に繰り返しても負担するコストはありません。その他の仮想通貨もMaker手数料は全て0%となっています。

Zaifの詳細はこちら

関連するキーワード


Zaif

関連する投稿


仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

Zaifはテックビューロが運営する仮想通貨取引所です。テックビューロはZaifだけでなく、ICOプラットフォームの「COMSA」、プライベートブロックチェーン製品「mijin」と幅広く展開しています。Zaifの魅力、特徴、評判などを紹介します。


テックビューロ、新生銀行とオウケイウェイヴから8,750万円の資金を調達

テックビューロ、新生銀行とオウケイウェイヴから8,750万円の資金を調達

ICOソリューション「COMSA」や仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロ株式会社は、株式会社新生銀行及び株式会社オウケイウェイヴを引受先とする8,750万円の資金調達を実施しました。銀行から直接投資を受けた日本初の仮想通貨取引所となります。


テックビューロとLooop、クリプトマイニングジャパンが仮想通貨採掘事業に関する業務提携とICOの実施計画を発表

テックビューロとLooop、クリプトマイニングジャパンが仮想通貨採掘事業に関する業務提携とICOの実施計画を発表

テックビューロ株式会社と、株式会社Looop、株式会社クリプトマイニングジャパンの3社は、それぞれの取引所、電力供給、仮想通貨マイニングのノウハウを持ち寄り、国際的競争力を有したマイニング事業に関する業務提携を実施します。また、LooopとCMJはCOMSAソリューションを用いたICOの実施計画を発表します。


「Zaifコイン積立」にイーサリアムが加わる

「Zaifコイン積立」にイーサリアムが加わる

仮想通貨取引所Zaifの「Zaifコイン積立」にイーサリアムが加わりました。Zaifコイン積立とは、お客様の銀行口座から毎月自動引き落としで一定額を積立購入するサービスです。ドル・コスト平均法によりローリスクな運用が可能です。


テックビューロ、CMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画を発表

テックビューロ、CMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画を発表

テックビューロは発行済みのZAIFトークン総数の25%と、COMSAのトークンセール終了後に発行予定のCMSトークン総数の33%について、エスクロー契約を用いたロックアップ(隔離)の計画を発表しました。


最新の投稿


SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

日本の大手保険グループであるSOMPOホールディングスは、世界有数のブロックチェーン技術提供企業であるビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。


デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

株式会社デジタルガレージは、ブロックチェーン関連技術の開発を手がけるBlockstream社(本社:カナダ・モントリオール)との日本における事業連携に関して正式契約を締結しました。両社の戦略的な技術連携をより強化することを通じて、日本市場をブロックチェーン技術で世界をリードするマーケットに育てることを目的にしています。


【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

11月21日の仮想通貨相場は、ビットコイン価格が93万円台まで上昇しました。また過去最高価格の更新です。アルトコインも総じて5%~10%くらい上昇していて好調な相場になっています。


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


【仮想通貨の一覧】チェックする方法や分類方法

【仮想通貨の一覧】チェックする方法や分類方法

2017年11月現在、仮想通貨は1,300種類ほど存在しています。全ての内容を理解することは不可能に近く、投資をする際はある程度絞り込んでから詳細を調べていく必要があります。今回は仮想通貨の一覧をチェックする方法や分類方法を紹介します。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin