GMOコインのアプリ。豊富な情報を見ながら仮想通貨FXができる

GMOコインのアプリ。豊富な情報を見ながら仮想通貨FXができる

仮想通貨取引所のGMOコインは、「ビットレ君」という仮想通貨FX専用アプリを提供しています。仮想通貨取引所はアプリの提供をしていますが、レバレッジ取引はできないことが多く、GMOコインのアプリは珍しい存在です。


GMOコインのアプリについて

仮想通貨取引所のGMOコインは、「ビットレ君」という仮想通貨FX専用アプリを提供しています。iOSとAndroidともに対応しており、ダウンロード・利用料ともに無料です。仮想通貨取引所のアプリは現物取引しか対応していない場合が多いですが、GMOコインは仮想通貨FX専用アプリとなっており、充実した機能が特徴です。

ビットレ君 - 仮想通貨FXはGMOコインを App Store で

https://itunes.apple.com/jp/app/id1240862663

「ビットレ君 - 仮想通貨FXはGMOコイン」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。ビットレ君 - 仮想通貨FXはGMOコインをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

ビットレ君 - 仮想通貨FXはGMOコイン - Google Play の Android アプリ

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.z.coin.jp.fx.bittore_kun&hl=ja

▲GMOでビットコイン仮想通貨FXなら、GMOコイン。機能充実の仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』。

GMOコインアプリの主な機能

GMOコインのアプリは、仮想通貨FXに欠かせない以下の情報を表示しながらトレードを行うことができます。

・リアルタイムのレート
・建玉サマリー
・建玉一覧
・注文一覧
・約定履歴

また、全9種類のテクニカル指標が利用できるチャートも特徴です。以下のテクニカル指標が利用できます。

・単純移動平均線
・指数平滑移動平均線
・ボリンジャーバンド
・一目均衡表
・平均足
・MACD
・RSI
・DMI/ADX
・RCI

そして相場変動のタイミングを逃さないスピード注文。1タップで即時発注できる注文方法です。新規・決済・ドテン・同一銘柄の注文も1タップで操作可能です。

GMOコインについて

GMOコインは東証一部に上場するGMOインターネットグループの企業です。同じくグループ会社のGMOクリック証券はFX取引において世界一のシェアを獲得しています。GMOコインは他の仮想通貨取引所と違い、相対取引でのサービス提供をしています。500円であっても100万円であっても、提示されている価格で売買が成立するため、明瞭な価格で取引したい場合、100万円単位の大きな取引をしたい場合に向いています。取り扱っている仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3通貨で、ライトコインとイーサリアムクラシックを10月、リップルを11月に新たに取り扱う予定です。

便利な仮想通貨FXのアプリ

現状、仮想通貨のFX取引(レバレッジ取引)をアプリで提供している取引所はなく、GMOコインが唯一の存在です。WEBと変わらない機能を提供しているので、普段の取引をアプリですることもできますし、急いで取引したい場合など限定的に使用することもできます。仮想通貨のレバレッジ取引をしたい場合は検討してみてはいかがでしょうか。

GMOコインの詳細はこちら

関連するキーワード


GMOコイン アプリ

関連する投稿


GMOコイン、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを25倍から5倍に変更

GMOコイン、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを25倍から5倍に変更

仮想通貨取引所のGMOコインは、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを現在の25倍から5倍に変更することを発表しました。2018年1月31日(水)7:00から変更が実施されます。


フラー株式会社「App Ape Award 2017」のノミネートアプリを選出。コインチェックアプリも選出

フラー株式会社「App Ape Award 2017」のノミネートアプリを選出。コインチェックアプリも選出

スマホアプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を手掛けるフラー株式会社は、この1年間で著しい成長を遂げたスマホアプリを表彰する「App Ape Award 2017」のノミネートアプリを選出しました。coincheck(コインチェック)のビットコインウォレットも選出されています。


仮想通貨取引所のアプリ。ダウンロードランキング上位に

仮想通貨取引所のアプリ。ダウンロードランキング上位に

仮想通貨取引所のスマートフォンアプリがApp StoreやGoogle Playのダウンロードランキングにおいて上位にランクインしています。特に目立つのはcoincheck(コインチェック)で、テレビCMの影響力の大きさが伺えます。


GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコインは2017年12月8日(金)15時より最低スプレッドと取引ルールの変更を行うと発表しました。また、2017年12月末より、仮想通貨現物売買において、利用者の取引量に応じて最低スプレッドを実質値下げする「仮想通貨現物売買VIPプラン」の提供も予定しているようです。


GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

11月29日より、GMOコインがリップル(XRP)の取り扱いを開始しました。リップル取り扱いを記念して「スプレッド大縮小キャンペーン」も開催されています。通常スプレッドは1円ですが、キャンペーン中のスプレッドは0.3円となります。


最新の投稿


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が、2月16日より女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCM「ビットコインするならZaif 〜ハピネス篇〜」(15秒)を開始しました。仮想通貨取引所のテレビCMはbitFlyerやDMM Bitcoinなどに続き4社目となります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で