coincheck(コインチェック)がビットコインゴールドの付与を発表

coincheck(コインチェック)がビットコインゴールドの付与を発表

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、10月25日にハードフォークが予定されるビットコインゴールドを付与すると発表しました。ビットコインの取引状況により付与される数量は異なりますが、基本保有しているビットコインと同数に近いビットコインゴールドが付与されます。


coincheck(コインチェック)がビットコインゴールドの付与を発表

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、10月25日にハードフォークが予定されるビットコインゴールドを付与すると発表しました。ただし、以下のような事象が発生し、顧客の資産保護が困難と判断される場合やサービスの安定した提供が困難と判断される場合においては、ビットコインゴールドの付与を行わない可能性があります。

・Replay attackに対する対策が不十分であると確認された場合
・マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合
・何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合
・その他、弊社において付与等の取り扱いが不適切と判断される場合

付与日時や取り扱いは未定

ビットコインゴールドが付与される日時、ビットコインゴールドの入出金・売買機能の提供は未定となっています。

付与対象ユーザーと付与数量について

ビットコインゴールドは「取引アカウント」「Coincheck payment(決済)アカウント」「貸仮想通貨アカウント」を保有のユーザーに対して行われます。

・取引アカウントを保有のユーザー
付与されるビットコインゴールド = ((保有するビットコイン) + (ロングポジションで保有するポジション数量) – (ショートポジションで保有するポジション数量) – (信用取引で借入れているビットコイン)) * 付与係数

・Coincheck paymentアカウント(決済アカウント)を保有のユーザー
付与されるBitcoin Gold = (保有するビットコイン) * 付与係数

・貸仮想通貨アカウントを保有のユーザー
付与されるBitcoin Gold = ((保有するビットコイン) + (貸出申請中のビットコイン) + (貸出中のビットコイン)) * 付与係数

付与係数について

ビットコインゴールドの付与は保有するビットコインと同数ではなく、全ユーザーの取引状況から算出される付与係数を乗じた数量を付与します。

・付与係数 = 1 – ① / ②

① = 信用取引による顧客のビットコインの借入数量合計 + 顧客のレバレッジ取引によるショートポジションの数量合計
② = 顧客の取引アカウントのビットコインの残高合計 + 貸し仮想通貨アカウントのビットコインの残高合計 + 決済アカウントのビットコインの残高合計 + 顧客のレバレッジ取引によるロングポジション合計

少し計算が複雑だが

レバレッジ取引のポジションを保有していたり貸仮想通貨サービスを利用していたりすると、やや計算が複雑になりますが、どちらも利用しておらず現物のみでビットコインを保有している場合は、保有数量分のビットコインゴールドが付与されます。ショートポジションを持っている場合や信用取引で借りているビットコインがある場合はマイナスになる可能性が出てきますので、付与前に決済しておくのがいいでしょう。

SegWit2xに関する対応も後日公開予定

coincheck(コインチェック)がビットコインゴールドを付与すると発表しました。coincheckは国内取引所の中でもユーザー数が多いだけに、他の取引所も対応してくる可能性がありそうです。正直ビットコインゴールドに対応する必要性はあまりないようにも感じますが、ユーザーにとってはビットコインゴールドが付与されるので嬉しい出来事でしょう。また、SegWit2xに関する対応も後日公開予定と発表されています。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連するキーワード


coincheck

関連する投稿


コインチェックが記者会見を実施。NEMの補償、仮想通貨の出金・売買再開に目途

コインチェックが記者会見を実施。NEMの補償、仮想通貨の出金・売買再開に目途

2月13日20時からコインチェックが記者会見を実施しました。会見ではNEMの補償や仮想通貨の出金・売買再開の時期に関する具体的な言及はなかったものの、目途は立っていると発表されました。


コインチェック、業務改善命令に係る報告書提出。20時から記者会見

コインチェック、業務改善命令に係る報告書提出。20時から記者会見

2月13日、コインチェックの日本円出金が再開されましたが、金融庁からの業務改善命令に係る報告書も提出したことを発表しました。また、本日20時から同社で記者会見も行われる予定です。


コインチェック、2月13日に日本円出金再開へ

コインチェック、2月13日に日本円出金再開へ

仮想通貨NEMの不正流出事件を受けて一部機能を停止しているコインチェックが、2月13日に日本円出金を再開すると発表しました。なお仮想通貨の取引や出金に関しては、技術的な安全性等の確認・検証を行なっているため、安全性が確認でき次第再開する予定です。


コインチェックの仮想通貨流出に北朝鮮が関与?

コインチェックの仮想通貨流出に北朝鮮が関与?

韓国の国家情報院(NIS)は、コインチェックから仮想通貨NEMが不正流出した事件で、北朝鮮のハッカーらが画策した可能性を調査し始めたとBloombergが報道しました。北朝鮮が関与した証拠は今のところないようです。


関東財務局がコインチェック株式会社に対する行政処分を発表

関東財務局がコインチェック株式会社に対する行政処分を発表

関東財務局がコインチェック株式会社に対する行政処分の内容を発表しました。コインチェックが保有していた仮想通貨(NEM)が不正に外部へ送信され、顧客からの預かり資産5億2,300万XEMが流出するという事故が発生した件に対するものになります。


最新の投稿


日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

改正資金決済法が定める「認定資金決済事業者協会」となることを目指している日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が4月に統合すると日本経済新聞が報道しました。


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で