ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。SegWit2xへのリスクヘッジか

ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。SegWit2xへのリスクヘッジか

10月28日~29日にかけてビットコインキャッシュ(BCH)が高騰しました。取引所によっては一時6万円を超え、時価総額もリップルを抜いて3位に浮上しました。SegWit2x(B2X)のハードフォークに対するリスクヘッジの可能性が高そうです。


ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰

10月28日~29日にかけてビットコインキャッシュ(BCH)が高騰しました。取引所によっては一時6万円を超え、時価総額もリップルを抜いて3位に浮上しました。取引量もビットコインに迫る勢いで急激に増加しています。高騰の背景には、SegWit2x(B2X)のハードフォークに対するリスクヘッジがあるのかもしれません。

SegWit2x(B2X)のハードフォーク

11月中旬にSegWit2x(B2X)のハードフォークが予定されています。マイナーからの支持率が徐々に下がっており、発生しない可能性もありますが、現状のままいくとハードフォークが行われる予定です。SegWit2xはビットコインゴールドのハードフォークとは異なります。ビットコインを保有しておけば付与されるという期待だけでビットコインを購入するのは危険です。技術的な話を抜きにすると、SegWit2xが本流のビットコインとなる可能性があり、大きな混乱が待っているかもしれないのです。

リスクヘッジとしてのビットコインキャッシュ

上記のようなリスクがあることから、ビットコインキャッシュがビットコインの避難先として買われている可能性があります。さまざまな思惑があるため何とも言えませんが、ビットコインキャッシュを評価する声も増えており、7月に避難先となっていたライトコインよりも需要が大きくなっています。

ビットコイン価格も下落していない

ビットコインキャッシュが高騰している状況ですが、ビットコイン価格も高値を維持しています。週末は65万円~67万円で推移していました。30日早朝には70万円を突破し、過去最高価格を更新しました。SegWit2x(B2X)ハードフォークによる付与の期待は少なからずあるのではないかと思います。

ハードフォークまでさまざまなシナリオが考えられる

SegWit2x(B2X)のハードフォークはさまざまなシナリオが考えられます。そもそも起きない可能性もありますし、ハードフォークして混乱する可能性、そこまでの混乱にはならない可能性もあるでしょう。おそらく直前になるにつれ、さまざまな情報が入ってくるので、状況を整理してビットコインとビットコインキャッシュ価格がどう動くか考えることが重要でしょう。個人的にはSegWit2x(B2X)のハードフォークは発生しないと考えていますが、あくまで予想なので参考にはしないでください。

関連するキーワード


Bitcoin Cash

関連する投稿


新たな基軸通貨へ?ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所が誕生

新たな基軸通貨へ?ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所が誕生

ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所「Coinex」がイギリスで誕生します。ビットコインキャッシュをサポートしているViaBTCが展開するもので、12月下旬から取引が開始される予定です。


ビットコインキャッシュ、2018年にハードフォークを2回予定

ビットコインキャッシュ、2018年にハードフォークを2回予定

ビットコインキャッシュの開発チームはソフトウェア「Bitcoin ABC」の開発ロードマップを発表しました。ロードマップによると、2018年に2回のハードフォークが予定されており、相場含め注目を集めることになりそうです。


ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。一時18万円台に

ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。一時18万円台に

2017年11月22日~23日にかけて、ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰しました。13万円台で推移していた価格は一時18万円台まで高騰。現在は16万円~17万円で推移しています。高騰の理由として、ビットコインの難易度調整が挙げられています。


ビットコインキャッシュ(BCH)の国別取引量。韓国ウォンが存在感

ビットコインキャッシュ(BCH)の国別取引量。韓国ウォンが存在感

ビットコインキャッシュ(BCH)は世界中の仮想通貨取引所で取引することができます。ビットコインは日本円や米ドルの取引量が多いですが、ビットコインキャッシュはどうなのでしょうか。データを見ると、韓国ウォンが存在感を発揮していることがわかります。


ビットコインキャッシュ(BCH)の取引所比較。手数料、スプレッドなどお得な取引所は?

ビットコインキャッシュ(BCH)の取引所比較。手数料、スプレッドなどお得な取引所は?

SegWit2xのハードフォークが中断されビットコインキャッシュ(BCH)の注目度が高まっています。価格は数日で4倍~5倍程まで伸びました。ビットコインキャッシュは国内複数の取引所が扱っており、手数料、スプレッドなどお得な取引所を比較して紹介します。


最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で