【2018年】これから仮想通貨(ビットコイン)投資を始めるのはあり?

【2018年】これから仮想通貨(ビットコイン)投資を始めるのはあり?

2017年も11月に入り、残り2ヶ月となりました。2017年は改正資金決済法の施行をきっかけに仮想通貨投資家が急増。相場が高騰しました。こうした高騰の話題で仮想通貨に関心を持っている方も多いでしょう。では、2018年に向けて仮想通貨投資を始めるのは、「あり」なのでしょうか。


2017年の仮想通貨相場

2017年前半

2017年前半最大のニュースは改正資金決済法の改正ではないでしょうか。仮想通貨取引所は登録制となり、監査や顧客資産の分別管理などが取引所に義務付けられました。投資家保護の枠組みが最低限整ったということです。これにより国内の仮想通貨投資家は急増。特に4月~6月はほとんどの仮想通貨が高騰する状況になりました。中でも目立っていたのが、イーサリアム、リップル、NEMなどのアルトコインです。2017年だけで100倍近く高騰した種類もあります。高騰した「ビットコインの次」に注目が集まったと言えるでしょう。

2017年後半

2017年後半は相場がガラッと変わりました。大きな要因といえるのが、ビットコインの分裂問題です。8月にビットコインキャッシュが誕生すると、10月にはビットコインゴールドが誕生、11月にはB2X、12月にはビットコインシルバーも登場する予定になっています。さまざまな要因がありますが、結果としてビットコインに関心が集中するようになり、アルトコインは現在も低迷が続いています。そして米CMEにビットコイン先物が上場することも非常に大きなニュースです。機関投資家参入への期待から相場は過去最高価格更新を続けています。

【2018年】これから仮想通貨投資を始めるのは「あり」なのか

仮想通貨投資家が急増していると書きましたが、まだ参加しているのは一部の人のみです。米CMEへのビットコイン先物上場のニュースにより、世界最大の取引所コインベースの口座開設数が1日10万に達したことからも、まだまだきっかけを探している人が多く、今後急増する可能性があることがわかります。日本でも改正資金決済法が施行され、9月末になってようやく登録事業者が発表されたばかりであり、本格的な投資家増加はこれからでしょう。

100倍高騰などは期待できない

これから仮想通貨投資を始めるにあたり、注意すべき点もあります。2017年は多くの仮想通貨が数倍~数百倍の高騰を記録しました。しかし、今後はこうした爆発的な高騰は期待できないでしょう。2017年前半はビットコインが仮想通貨全体の8割以上のシェアを占めており、アルトコインは相対的に価格が安い状況で高騰する余地がありました。また、アルトコインの種類は現在よりも大分少なく、特定の銘柄に集中しやすい状況がありました。現在アルトコインは1,000種類以上あり、特定のアルトコインだけが高騰する状況は考えづらいです。とはいえ、数倍程度の高騰であれば十分に可能性はあるでしょう。

価格が戻らないアルトコインもある

上記の点から、今後下落して価格が戻らないアルトコインも多くなるでしょう。1,000種類にも及ぶアルトコインが共存できるわけはなく、徐々に集約されていくのではないでしょうか。どの仮想通貨に投資するかは非常に重要になりそうです。

ビットコインはボラティリティに注意

仮想通貨投資を始める場合、まずはビットコインと考えている方も多いでしょう。ビットコインで注意すべきは、ボラティリティの大きさです。為替などとは比べ物にならないくらい変動します。頻繁に売買を繰り返すことで損をしてしまうリスクも大きくなりますので、あらかじめ投資計画をきちんと立てることが重要になります。

仮想通貨(ビットコイン)投資は余裕資金で

仮想通貨(ビットコイン)は他の投資に比べてリスクが高いです。また、高いリターンが約束されているわけでもありません。利益を出すことは簡単ではないと認識して始めたほうがいいでしょう。資産の5%~10%など余裕資金でしっかりとした計画のもと、投資を検討してみてください。

仮想通貨取引所の比較はこちら

 

最新の投稿


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が、2月16日より女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCM「ビットコインするならZaif 〜ハピネス篇〜」(15秒)を開始しました。仮想通貨取引所のテレビCMはbitFlyerやDMM Bitcoinなどに続き4社目となります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で