セレス子会社のマーキュリー、プルーフ・オブ・ステイク(POS)による仮想通貨マイニングを開始

セレス子会社のマーキュリー、プルーフ・オブ・ステイク(POS)による仮想通貨マイニングを開始

株式会社セレスの子会社である株式会社マーキュリーは、新たな事業として仮想通貨のマイニング(採掘)事業を開始することを発表しました。プルーフ・オブ・ステイク(POS)によるマイニングを複数の仮想通貨において開始する計画です。


セレス子会社のマーキュリー、プルーフ・オブ・ステイク(POS)による仮想通貨マイニングを開始

株式会社セレスの子会社である株式会社マーキュリーは、新たな事業として仮想通貨のマイニング(採掘)事業を開始することを発表しました。当初はビットコインやイーサリアムのようなプルーフ・オブ・ワーク(POW)ではなく、プルーフ・オブ・ステイク(POS)によるマイニングを複数の仮想通貨において開始する計画です。POSでのマイニングは「保有による証明」方式といわれる合意形成アルゴリズムで、フォージング(鋳造)とも言われており、POWに比べて消費電力が少なくて済むなどの利点があります。新事業によりマイニングされた仮想通貨については、マーキュリーが運営予定の仮想通貨取引所に供給していく方針です。

セレスとマーキュリーについて

セレスは東証1部に上場するポイントサイトを中心としたスマートフォン向けメディア事業を展開する企業です。仮想通貨取引所「bitbank.cc」を運営するビットバンク株式会社に出資しており、持分法適用関連会社にあたります。マーキュリーはセレスの子会社として2017年9月に設立され、仮想通貨取引事業参入に向けて準備を行っています。

参入が相次ぐマイニング事業、棲み分けも

仮想通貨のマイニング事業は新規参入が相次いでいます。GMOインターネット、DMM.com、SBIホールディングス、今回のマーキュリーと大手企業の参入が目立っているのが特徴です。一見すると競争が激化しそうですが、各社注力している部分が異なりうまく棲み分けができている側面もあります。GMOインターネットはビットコインマイニング、DMM.comはビットコイン含めた複数のアルトコインマイニング、SBIホールディングスはビットコインキャッシュマイニング、今回のセレスはPOSのコンセンサスアルゴリズムを採用する仮想通貨マイニングといった具合です。

マイニング事業も日本勢の活躍が期待できそう

日本では仮想通貨取引が活発化してきています。ビットコインの取引量は日本円での取引が世界の6割以上を占め、仮想通貨取引大国とも言える状態です。仮想通貨マイニングにおいても大手企業が続々と参入しており、大きな産業になっていきそうです。

仮想通貨取引所の比較はこちら

 

最新の投稿


SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

日本の大手保険グループであるSOMPOホールディングスは、世界有数のブロックチェーン技術提供企業であるビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。


coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。二段階認証はセキュリティ上必須とも言えるので、この機会に設定してみてはいかがでしょうか。


デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

株式会社デジタルガレージは、ブロックチェーン関連技術の開発を手がけるBlockstream社(本社:カナダ・モントリオール)との日本における事業連携に関して正式契約を締結しました。両社の戦略的な技術連携をより強化することを通じて、日本市場をブロックチェーン技術で世界をリードするマーケットに育てることを目的にしています。


【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

11月21日の仮想通貨相場は、ビットコイン価格が93万円台まで上昇しました。また過去最高価格の更新です。アルトコインも総じて5%~10%くらい上昇していて好調な相場になっています。


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin