イーサリアムクラシック(ETC)が高騰。ビットコインキャッシュ(BCH)は20万円突破

イーサリアムクラシック(ETC)が高騰。ビットコインキャッシュ(BCH)は20万円突破

イーサリアムクラシック(ETC)価格が高騰しています。1,600円~1,700円だった価格は11月11日に2,000円を突破すると2,300円台まで上昇しました。11月13日から開催されるカンファレンスへの期待が高まっているのかもしれません。また、ビットコインキャッシュ(BCH)は20万円を突破しました。


イーサリアムクラシック(ETC)が高騰

イーサリアムクラシック(ETC)価格が高騰しています。1,600円~1,700円だった価格は11月11日に2,000円を突破すると2,300円台まで上昇しました。しばらく低迷していたイーサリアムクラシックですが、11月に入ってから連日上昇する展開が続いており、11日~12日にかけて一気に上昇した形になります。

イーサリアムクラシック(ETC)高騰の理由

イーサリアムクラシックが高騰している背景には、11月13日~14日に開催されるカンファレンスが影響していそうです。香港で開催されるイーサリアムクラシック主催の大規模なカンファレンスであり、11月からの上昇はカンファレンスへの期待があると思われます。こうしたカンファレンス前に上昇することは他の仮想通貨でもあり、カンファレンス後にどうなるかが注目されます。

ビットコインキャッシュは20万円突破

ビットコインキャッシュは3日連続で高騰が続いています。12日は20万円を突破し23万円まで高騰しました。対してビットコイン価格は70万円を割りました。ビットコインキャッシュの高騰は13日に予定されているハードフォークやビットコインからのマイナーの移動が影響していると考えられます。ハッシュレートだけで判断するなら、ビットコインとビットコインキャッシュの価格差はもう少し縮まる可能性がありますが、どうなるのでしょうか。いずれにしろビットコインキャッシュは連日高騰しているので、投資は慎重に判断する必要がありそうです。

イーサリアムクラシックとビットコインキャッシュを扱う取引所

イーサリアムクラシックとビットコインキャッシュを両方扱う取引所は、coincheckとbitFlyerのみです。coincheckは全13種類の仮想通貨を扱っており、国内最多の取扱い数となっています。bitFlyerは全6種類の仮想通貨を扱っており、レバレッジ取引なども充実しているのが特徴です。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

主役が影を潜める展開に

イーサリアムクラシックとビットコインキャッシュが高騰しています。取引量ではイーサリアムクラシックはイーサリアムを、ビットコインキャッシュはビットコインを上回っており、直近だけ見ると主役が変わっていることがわかります。この展開は一時的なのか、今後も続くのか、注目が集まりそうです。

関連するキーワード


イーサリアムクラシック

関連する投稿


bitFlyer(ビットフライヤー)でイーサリアムクラシック(ETC)の取引が開始

bitFlyer(ビットフライヤー)でイーサリアムクラシック(ETC)の取引が開始

7月26日、bitFlyer(ビットフライヤー)でイーサリアムクラシック(ETC)の取引が開始されました。7月12日に取り扱われる可能性が高いとお伝えしましたが、正式に売買ができるようになりました。bitFlyerはビットコイン、イーサリアム、ライトコインと合わせて4種類の仮想通貨が取引できることになります。


イーサリアムクラシック(ETC)が反発。中国取引所への上場がきっかけか。

イーサリアムクラシック(ETC)が反発。中国取引所への上場がきっかけか。

2017年7月12日、イーサリアムクラシックが2,200円まで反発しました。仮想通貨が全体的に暴落していますが、イーサリアムクラシックは6月と変わらない水準まで戻しています。理由は中国取引所への上場だと考えられます。


イーサリアムクラシック(ETC)が上昇傾向。2,500円を突破。

イーサリアムクラシック(ETC)が上昇傾向。2,500円を突破。

イーサリアムクラシックが2017年6月17日~18日にかけて高騰しました。1ETC2,000円前後だった価格は2,600円台を記録し、30%以上の価格上昇となりました。イーサリアムの価格上昇が続いていますが、派生したイーサリアムクラシックにも注目です。


イーサリアムクラシック(ETC)の価格推移。2017年で約10倍に。

イーサリアムクラシック(ETC)の価格推移。2017年で約10倍に。

イーサリアムクラシック(ETC)はイーサリアム(ETH)のハードフォークによって派生して誕生した仮想通貨です。基本的な特徴はイーサリアムと変わりません。価格もイーサリアムと似たような推移を辿る傾向があり、2017年で約10倍の上昇を記録しています。


【仮想通貨の種類】注目したい10選

【仮想通貨の種類】注目したい10選

仮想通貨は700種類以上あると言われていますが、とても全てを把握するのは困難です。取引量や時価総額などを見て有望な仮想通貨を絞り込むことが重要になります。数ある仮想通貨の中で、ビットコインラボ編集部が注目する10選を紹介します。


最新の投稿


SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

日本の大手保険グループであるSOMPOホールディングスは、世界有数のブロックチェーン技術提供企業であるビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。


coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。二段階認証はセキュリティ上必須とも言えるので、この機会に設定してみてはいかがでしょうか。


デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

株式会社デジタルガレージは、ブロックチェーン関連技術の開発を手がけるBlockstream社(本社:カナダ・モントリオール)との日本における事業連携に関して正式契約を締結しました。両社の戦略的な技術連携をより強化することを通じて、日本市場をブロックチェーン技術で世界をリードするマーケットに育てることを目的にしています。


【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

11月21日の仮想通貨相場は、ビットコイン価格が93万円台まで上昇しました。また過去最高価格の更新です。アルトコインも総じて5%~10%くらい上昇していて好調な相場になっています。


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin