ビットコインキャッシュ(BCH)の取引所比較。手数料、スプレッドなどお得な取引所は?

ビットコインキャッシュ(BCH)の取引所比較。手数料、スプレッドなどお得な取引所は?

SegWit2xのハードフォークが中断されビットコインキャッシュ(BCH)の注目度が高まっています。価格は数日で4倍~5倍程まで伸びました。ビットコインキャッシュは国内複数の取引所が扱っており、手数料、スプレッドなどお得な取引所を比較して紹介します。


注目度が高まるビットコインキャッシュ(BCH)

SegWit2xのハードフォーク中断、ビットコインキャッシュのハードフォークなどさまざまな要因により、ビットコインキャッシュの注目度が高まっています。7万円台だった価格は、11月10日から高騰を始め、一時33万円まで高騰するなど急激な伸びを見せました。数日で4倍~5倍の価格上昇を記録しています。

おそらく今回の高騰により関心を持った方も多いことでしょう。そこで、手数料、スプレッドなどお得な取引所を比較して紹介したいと思います。

ビットコインキャッシュ(BCH)を扱う取引所

ビットコインキャッシュは国内取引所のほぼ全てで取引することが可能です。ここではその中でも主要な取引所である、bitFlyer、coincheck、Zaif、GMOコイン、bitbank.ccを比較して紹介します。

bitFlyer

bitFlyerは販売所と取引所の双方でビットコインキャッシュの取引ができる点が特徴です。販売所は相対取引、取引所はユーザー同士の取引となります。販売所のメリットは提示された価格で約定する点、取引所のメリットは販売所よりも売買価格が有利な点が挙げられます。

・取引手数料
0%(販売所)
0.2%(取引所)

・スプレッド
レートの15%程(販売所)
レートの5%程(取引所)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

coincheck

coincheckは販売所のみでビットコインキャッシュ取引ができます。coincheckは国内ナンバーワンの仮想通貨取り扱い数を誇っており、複数の仮想通貨に投資をできる点が魅力です。アプリの使いやすさも評価を得ています。

・取引手数料
0%

・スプレッド
レートの13%~15%程

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Zaif

Zaifは取引所のみでビットコインキャッシュの取引ができます。Zaifはビットコインの取引手数料をマイナスに設定していたり、スプレッドが狭かったりと取引に掛かるコストが安い魅力があります。

・取引手数料
maker:0%、taker:0.3%

・スプレッド
レートの0.1%以下

GMOコイン

GMOコインは販売所のみでビットコインキャッシュの取引ができます。GMOコインは他の仮想通貨も全て販売所のみで提供していますが、スプレッドが狭く取引コストが安い点が魅力です。また、大手企業ならではの安心感もあります。

・取引手数料
0%

・スプレッド
1,500円(固定)

bitbank.cc

bitbank.ccは取引所のみでビットコインキャッシュの取引ができます。coincheckに次ぐ6種類の仮想通貨を扱っており、全て取引所で板取引できる点が特徴です。

・取引手数料
0%(1月までキャンペーン中)

・スプレッド
レートの1%~2%

ビットコインキャッシュ取引でお得な取引所は?

取引金額によっても変わってきますが、数万円程の少額取引であればZaifやbitbank.ccがお得な可能性が高いです。手数料が安いことに加えスプレッドが小さいことが理由になります。ただ、あまり流動性がないため、大口の取引では割高になってしまう可能性があります。大口取引であればGMOコインが有利です。販売所なので提示された価格で約定する点、スプレッドが小さい点が理由になります。取引目的に応じて取引所を選んでみてください。

関連するキーワード


Bitcoin Cash

関連する投稿


新たな基軸通貨へ?ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所が誕生

新たな基軸通貨へ?ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所が誕生

ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所「Coinex」がイギリスで誕生します。ビットコインキャッシュをサポートしているViaBTCが展開するもので、12月下旬から取引が開始される予定です。


ビットコインキャッシュ、2018年にハードフォークを2回予定

ビットコインキャッシュ、2018年にハードフォークを2回予定

ビットコインキャッシュの開発チームはソフトウェア「Bitcoin ABC」の開発ロードマップを発表しました。ロードマップによると、2018年に2回のハードフォークが予定されており、相場含め注目を集めることになりそうです。


ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。一時18万円台に

ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。一時18万円台に

2017年11月22日~23日にかけて、ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰しました。13万円台で推移していた価格は一時18万円台まで高騰。現在は16万円~17万円で推移しています。高騰の理由として、ビットコインの難易度調整が挙げられています。


ビットコインキャッシュ(BCH)の国別取引量。韓国ウォンが存在感

ビットコインキャッシュ(BCH)の国別取引量。韓国ウォンが存在感

ビットコインキャッシュ(BCH)は世界中の仮想通貨取引所で取引することができます。ビットコインは日本円や米ドルの取引量が多いですが、ビットコインキャッシュはどうなのでしょうか。データを見ると、韓国ウォンが存在感を発揮していることがわかります。


ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。過去最高価格を更新

ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰。過去最高価格を更新

2017年11月10日~11日にかけてビットコインキャッシュ(BCH)価格が高騰しています。価格は一時12万円まで上昇し、過去最高価格を更新しました。SegWit2xハードフォークの中止、13日に予定されるハードフォーク、マイナーの移動などさまざまな理由が考えられます。


最新の投稿


日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

改正資金決済法が定める「認定資金決済事業者協会」となることを目指している日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が4月に統合すると日本経済新聞が報道しました。


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で