利用者急増中。GMOコインの特徴や魅力、評判について

利用者急増中。GMOコインの特徴や魅力、評判について

GMOコインは2017年にサービスを開始した仮想通貨取引所です。取引所としては後発になりますが、低スプレッドや大手の安心感が評判を呼び、利用者を増やしています。GMOコインの特徴や魅力、評判について紹介します。


GMOコインとは

GMOコインはGMOインターネットグループの仮想通貨取引所です。GMOインターネットグループはネットインフラからFX取引まで幅広く展開している東証一部上場企業になります。FXではテレビCMなども展開しているので、ご存知の方も多いでしょう。仮想通貨取引所に参入したのは、2017年5月。取引所としては後発になりますが、低スプレッドや大手の安心感が評判を呼び、利用者を増やしています。

GMOコインの特徴や魅力

GMOコイン最大の特徴は「取引所」ではない点です。一般的に仮想通貨取引所は、板方式によるユーザー間同士の売買になりますが、GMOコインは相対取引を採用しています。つまり、GMOコインと顧客による1対1の取引です。この方式における最大のメリットが、500円であっても100万円であっても、提示されている価格で売買が成立する点です。

「取引所」では、一番安い価格で売りに出されている数量は常に変動しています。そのため板に表示されている最も安い価格を見て買いの成行注文をした場合に、実際に約定した価格が想定よりも高い価格となってしまうことがあります。流動性の低い相場状況においては約定価格が想定を大きく上回ってしまうことも多いです。仮想通貨はまだまだ流動性に課題があるため、GMOコインの方式は現在のニーズにあった提供方法と言えます。

スプレッドは固定で小さい

GMOコインは売値と買値の差であるスプレッドは固定で変動することはありません。11月13日現在ですと、ビットコイン3,000円(FXは1,500円)、イーサリアム1,000円、ビットコインキャッシュ1,500円、ライトコイン100円となっています。これは他の取引所と比べ安く、大口取引であればあるほど差が大きくなってきます。

仮想通貨FXが充実している

仮想通貨FX、いわゆるレバレッジ取引が充実している点も評価を受けているポイントです。最大レバレッジ25倍、スプレッド1,500円、充実のチャート分析、専用アプリの提供と他社よりも優れた環境を提供しています。レバレッジ取引の場合は現物取引よりも高額な取引になるため、GMOコインの約定力が活きてきます。

アルトコインの取り扱い数

GMOコインは当初ビットコインのみの取り扱いでしたが、現在はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインを扱っています、2017年内にリップルとイーサリアムクラシックの取り扱いも開始する予定です。これで合計6種類の仮想通貨が取引できることになり、国内取引所の中でも多い方に位置します。スプレッドが小さいため、アルトコインの短期売買もしやすいでしょう。

比較的大きな取引やレバレッジ取引をしたい方に向いているGMOコイン

GMOコインは相対取引を採用しており、500円であっても100万円であっても、提示されている価格で売買が成立する点が特徴です。少額取引にもおすすめですが、よりメリットを感じるのは大口取引やレバレッジ取引をしたい方でしょう。こうした取引をしたい場合は、有力な選択肢になるのではないでしょうか。

GMOコインの詳細はこちら

関連するキーワード


GMOコイン

関連する投稿


GMOコイン、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを25倍から5倍に変更

GMOコイン、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを25倍から5倍に変更

仮想通貨取引所のGMOコインは、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを現在の25倍から5倍に変更することを発表しました。2018年1月31日(水)7:00から変更が実施されます。


GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコインは2017年12月8日(金)15時より最低スプレッドと取引ルールの変更を行うと発表しました。また、2017年12月末より、仮想通貨現物売買において、利用者の取引量に応じて最低スプレッドを実質値下げする「仮想通貨現物売買VIPプラン」の提供も予定しているようです。


GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

11月29日より、GMOコインがリップル(XRP)の取り扱いを開始しました。リップル取り扱いを記念して「スプレッド大縮小キャンペーン」も開催されています。通常スプレッドは1円ですが、キャンペーン中のスプレッドは0.3円となります。


GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

仮想通貨取引所のGMOコインは、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始します。これによりGMOコインでは、5種類の仮想通貨が取引できるようになります(その他はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)。リップルの取扱開始を記念したキャンペーンも実施予定です。


GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

仮想通貨取引所のGMOコインで11月13日にシステム障害が発生しました。提示されたレートと異なるバグレートで約定したりアクセスできなくなったりする障害です。GMOコインが発表した今後の対応について紹介します。


最新の投稿


日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

改正資金決済法が定める「認定資金決済事業者協会」となることを目指している日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が4月に統合すると日本経済新聞が報道しました。


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で