仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

Zaifはテックビューロが運営する仮想通貨取引所です。テックビューロはZaifだけでなく、ICOプラットフォームの「COMSA」、プライベートブロックチェーン製品「mijin」と幅広く展開しています。Zaifの魅力、特徴、評判などを紹介します。


Zaif(ザイフ)とは

Zaifはテックビューロが運営する仮想通貨取引所です。2014年から運営されています。2017年9月には金融庁に登録事業者として認可されました。テックビューロはZaifだけでなく、ICOプラットフォームの「COMSA」、プライベートブロックチェーン製品「mijin」と幅広く展開しています。

Zaifの魅力や特徴

Zaifの魅力は取引コストの安さと投資方法の多様さです。ビットコインの取引手数料は0.01%となっており、国内取引所最安です。ビットコイン以外のアルトコインの手数料も0%~0.3%程になっています。通常の現物取引に加えて、信用取引、FX取引、積立投資など多様なサービスを提供しています。中でも積立投資はZaifのみが提供するサービスで、毎日一定額を積み立てることでローリスクローリターンな運用が可能です。

トークンの購入ができる

Zaifでは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、NEM、モナコインと5種類の仮想通貨を扱っていますが、それ以外に豊富なトークンを売買することができます。例えばZaifが発行するZAIFトークン。性質的には株式に似ていますが、株式のような配当や議決権はなく、基本は発行元を応援するために購入するといった意味合いが強いです。ZAIFトークン以外にも複数のトークンがあります。

COMSAのCMSトークンやICOを実施したトークンの売買

大きな話題を集めたCOMSAのCMSトークンも今後Zaif取引所で売買できるようになる予定です。また、今後COMSA上で実施されるICOの独自トークンもZaif取引所で売買できるようになります。こうしたトークンの売買ができるのは国内ではZaifのみで、魅力の一つと言えるでしょう。

Zaifの評判

Zaifは取引コストの安さや投資方法の多様さなどが評価され、多数のユーザーを抱えています。利用する上でのデメリットを挙げるとすれば流動性です。決して低いわけではないですが、bitFlyerやcoincheckなどに比べると、やや流動性が低い印象があります。

Zaifを利用してみては

Zaifは5種類の仮想通貨と豊富なトークンを取り扱っています。取引コストが安く、積立投資など特徴的なサービスも好評です。取引コストを抑えたい、トークンの購入がしたい、ローリスクからハイリスクまで多様な運用がしたいなどのニーズに合致する取引所と言えるでしょう。

Zaifの口座開設はこちら

関連するキーワード


Zaif

関連する投稿


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が、2月16日より女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCM「ビットコインするならZaif 〜ハピネス篇〜」(15秒)を開始しました。仮想通貨取引所のテレビCMはbitFlyerやDMM Bitcoinなどに続き4社目となります。


Zaif、クレジットカードでの仮想通貨の購入を一時停止

Zaif、クレジットカードでの仮想通貨の購入を一時停止

仮想通貨取引所のZaifは、2018年2月9日(金)17:00よりクレジットカードでの仮想通貨の購入を一時停止しました。クレジットカード会社からの要請があり対応したようです。


仮想通貨取引所の「Zaif」がセキュリティ対策室を設置

仮想通貨取引所の「Zaif」がセキュリティ対策室を設置

仮想通貨取引所のZaifは、コインチェックで仮想通貨盗難事故が発生したことを受け、セキュリティ体制を円滑化・強化するために、新しいセキュリティ体制を整備することを発表しました。従来は管理部と開発部によってセキュリティ対策を実施していましたが、改めて社内にセキュリティ対策室を設置します。


Zaifのコイン積立。積立額が前月比で65%増

Zaifのコイン積立。積立額が前月比で65%増

仮想通貨取引所のZaifで好評を集めている「コイン積立」。Zaifが12月27日に発表した内容によると、前月に比べ利用者が40%以上増加し、積立金額は65%以上増加していることがわかりました。


最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で