仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

Zaifはテックビューロが運営する仮想通貨取引所です。テックビューロはZaifだけでなく、ICOプラットフォームの「COMSA」、プライベートブロックチェーン製品「mijin」と幅広く展開しています。Zaifの魅力、特徴、評判などを紹介します。


Zaif(ザイフ)とは

Zaifはテックビューロが運営する仮想通貨取引所です。2014年から運営されています。2017年9月には金融庁に登録事業者として認可されました。テックビューロはZaifだけでなく、ICOプラットフォームの「COMSA」、プライベートブロックチェーン製品「mijin」と幅広く展開しています。

Zaifの魅力や特徴

Zaifの魅力は取引コストの安さと投資方法の多様さです。ビットコインの取引手数料は0.01%となっており、国内取引所最安です。ビットコイン以外のアルトコインの手数料も0%~0.3%程になっています。通常の現物取引に加えて、信用取引、FX取引、積立投資など多様なサービスを提供しています。中でも積立投資はZaifのみが提供するサービスで、毎日一定額を積み立てることでローリスクローリターンな運用が可能です。

トークンの購入ができる

Zaifでは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、NEM、モナコインと5種類の仮想通貨を扱っていますが、それ以外に豊富なトークンを売買することができます。例えばZaifが発行するZAIFトークン。性質的には株式に似ていますが、株式のような配当や議決権はなく、基本は発行元を応援するために購入するといった意味合いが強いです。ZAIFトークン以外にも複数のトークンがあります。

COMSAのCMSトークンやICOを実施したトークンの売買

大きな話題を集めたCOMSAのCMSトークンも今後Zaif取引所で売買できるようになる予定です。また、今後COMSA上で実施されるICOの独自トークンもZaif取引所で売買できるようになります。こうしたトークンの売買ができるのは国内ではZaifのみで、魅力の一つと言えるでしょう。

Zaifの評判

Zaifは取引コストの安さや投資方法の多様さなどが評価され、多数のユーザーを抱えています。利用する上でのデメリットを挙げるとすれば流動性です。決して低いわけではないですが、bitFlyerやcoincheckなどに比べると、やや流動性が低い印象があります。

Zaifを利用してみては

Zaifは5種類の仮想通貨と豊富なトークンを取り扱っています。取引コストが安く、積立投資など特徴的なサービスも好評です。取引コストを抑えたい、トークンの購入がしたい、ローリスクからハイリスクまで多様な運用がしたいなどのニーズに合致する取引所と言えるでしょう。

Zaifの口座開設はこちら

関連するキーワード


Zaif

関連する投稿


COMSA「CMSトークン」のZaifでの売買方法

COMSA「CMSトークン」のZaifでの売買方法

12月4日、ICOを経たCOMSAのCMSトークンがZaif取引所に上場しました。取引開始直後は高騰する場面もありましたが、現在は落ち着きICO価格とほぼ変わらない価格で取引がされています。CMSトークンのZaifでの売買方法を紹介します。


COMSAのCMSトークン、受取用アドレス登録開始。12月4日からZaifで取引開始予定。

COMSAのCMSトークン、受取用アドレス登録開始。12月4日からZaifで取引開始予定。

ICOプラットフォームCOMSAのCMSトークンの受取用アドレスが登録開始となりました。配布は2017年11月30日、Zaif取引所での取引開始は2017年12月4日に予定されています。


COMSA、CMSトークン配布を11月30日から開始予定

COMSA、CMSトークン配布を11月30日から開始予定

ICOプラットフォームCOMSAが、CMSトークン受取用アドレスの登録や配布に関するアナウンスを行いました。11月27日にCMSトークン受取用アドレスの登録が開始される予定で、11月30日からCMSトークンの配布が開始される予定です。


テックビューロ、新生銀行とオウケイウェイヴから8,750万円の資金を調達

テックビューロ、新生銀行とオウケイウェイヴから8,750万円の資金を調達

ICOソリューション「COMSA」や仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロ株式会社は、株式会社新生銀行及び株式会社オウケイウェイヴを引受先とする8,750万円の資金調達を実施しました。銀行から直接投資を受けた日本初の仮想通貨取引所となります。


テックビューロとLooop、クリプトマイニングジャパンが仮想通貨採掘事業に関する業務提携とICOの実施計画を発表

テックビューロとLooop、クリプトマイニングジャパンが仮想通貨採掘事業に関する業務提携とICOの実施計画を発表

テックビューロ株式会社と、株式会社Looop、株式会社クリプトマイニングジャパンの3社は、それぞれの取引所、電力供給、仮想通貨マイニングのノウハウを持ち寄り、国際的競争力を有したマイニング事業に関する業務提携を実施します。また、LooopとCMJはCOMSAソリューションを用いたICOの実施計画を発表します。


最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin