ビットコインは再び上昇へ。100万円を目指す展開か

ビットコインは再び上昇へ。100万円を目指す展開か

2017年11月17日、ビットコイン価格は90万円を突破し、過去最高価格を更新しました。SegWit2xハードフォーク中断により、68万円台まで下落しましたが、数日で価格を回復し、そのまま最高値を更新しました。年内に100万円を目指す展開になるのではないでしょうか。


ビットコイン価格が90万円を突破

2017年11月17日、ビットコイン価格は90万円を突破し、過去最高価格を更新しました。91.5万円程まで上昇しています。ドル価格では8,000ドルを超えています。チャートを見るとわかりますが、ビットコイン価格はSegWit2xハードフォーク中断により、68万円台まで下落。しかし、数日で価格を回復し、そのまま最高値を更新しました。

Square(スクエア)がビットコイン売買サービスを提供

大幅に価格を下げていたビットコインですが、わずか数日で急速な回復を見せました。まず理由として考えられるのが、ビットコイン先物でしょう。CMEのCEOがインタビューで具体的なスケジュールを公表しました。12月2週目からビットコイン先物が取引開始になる予定です。

また11月16日には、モバイル決済サービスのSquare(スクエア)がスクエア・キャッシュというアプリでビットコイン売買サービスを提供すると報道されました。Squareはアメリカで広く普及しているモバイル決済サービスであり、日本でも三井住友カードと提携してサービス提供しています。

ビットコインは2017年に100万円を目指す展開か

ビットコイン価格は11月10日~13日の下落で底を打った印象があり、年末に向けて100万円を目指す展開になるのではないでしょうか。ビットコイン先物などビッグイベントもあるため、大きく下げる展開は想像しにくいです。11月中に100万円超えをしても驚きはありません。個人的には先物開始までに100万円を超える展開を予想しています。

ビットコイン先物の取引が開始された後は、クリスマス・年末年始になるため、取引量が減少し価格は落ち着くと考えます。2018年以降どうなるかはわかりませんが、長期休暇中に口座開設を行い年明けから投資をスタートする方も多くなるでしょう。

年末までのビットコイン相場、2018年以降のビットコイン相場に注目

ビットコイン価格が90万円を超えて過去最高価格を更新しました。ここまで来ると自然と100万円を意識するようになり、年内にチャレンジする場面が訪れる可能性はあるでしょう。先物取引開始までにどうなるか、先物開始後から年末までにどうなるか、年始以降にどうなるかに個人的には注目しています。

仮想通貨取引所の比較はこちら

 

最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin