仮想通貨取引所のウォレットアプリを比較

仮想通貨取引所のウォレットアプリを比較

国内には15社程の仮想通貨取引所がありますが、仮想通貨の売買だけでなく、ウォレットアプリを提供している取引所もあります。ウォレットアプリを提供する取引所ごとの特徴や機能などを比較して紹介します。


仮想通貨取引所のウォレットアプリ

ウォレットは仮想通貨の財布のようなものです。アプリをインストールして使用するモバイル版やPC版、ハードウェア版などがあります。仮想通貨取引所のウォレットアプリは、口座開設後にiOSやAndroidから無料ダウンロードしログインすることで、口座と連動して使用できるようになっているため、非常に便利です。機能もさまざまなで、決済機能に加えて取引機能や資産管理機能が付いている場合もあります。

bitFlyerのウォレットアプリ

ビットコイン取引高国内ナンバーワンのbitFlyerのウォレットアプリは、iOS、Androidに対応しており、ダウンロード・利用ともに無料です。ビットコイン決済機能はもちろん、ビットコインとアルトコイン売買、チャート確認、資産管理などができるようになっています。定期的にアップデートもされており、今後更に機能が充実していくことでしょう。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

coincheckのウォレットアプリ

国内で最も多くの仮想通貨を取り扱うcoincheckのウォレットアプリは、iOS、Androidに対応しており、ダウンロード・利用ともに無料です。ビットコイン決済、ビットコイン・アルトコイン取引、チャート確認、資産管理と一通りの機能があります。シンプルでわかりやすい画面設計が評判で、最も高い評価を集めている取引所のウォレットアプリと言えます。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

BITPointのウォレットアプリ

BITPointのウォレットアプリは、iOS、Androidに対応しており、ダウンロード・利用ともに無料です。ウォレット機能に特化しており、取引はできませんが、ビットコインとイーサリアム決済に対応し、決済にかかる手数料も無料となっています。イーサリアムに対応している点が最大の特徴と言えるでしょう。

BITPointの詳細はこちら

仮想通貨取引所のウォレットアプリを活用してみよう

ご自身が利用している仮想通貨取引所のウォレットアプリを活用してみてはいかがでしょうか。取引所によって機能はさまざまですが、決済、取引、チャート、資産管理などの機能が使え便利です。特に決済は特定のウォレットに仮想通貨を移動させる必要がないため、利用している仮想通貨取引所のアプリは活躍してくれることでしょう。

関連するキーワード


ウォレット アプリ

関連する投稿


GMOコインのアプリ。豊富な情報を見ながら仮想通貨FXができる

GMOコインのアプリ。豊富な情報を見ながら仮想通貨FXができる

仮想通貨取引所のGMOコインは、「ビットレ君」という仮想通貨FX専用アプリを提供しています。仮想通貨取引所はアプリの提供をしていますが、レバレッジ取引はできないことが多く、GMOコインのアプリは珍しい存在です。


【仮想通貨の保管】ウォレット?取引所?

【仮想通貨の保管】ウォレット?取引所?

仮想通貨の売買は取引所を通じて行いますが、保管の方法は主に2種類あります。ウォレットに保管するか取引所に保管するかです。ウォレットにはオンラインとオフラインタイプがあり、最も安全に保管できると言われるのがオフラインウォレットです。


coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート。ローソク足・BTC建チャート追加

coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート。ローソク足・BTC建チャート追加

coincheck(コインチェック)のアプリがアップデートされました。元々シンプルな画面と使いやすさから好評を集めていましたが、ローソク足とBTC建チャートも加わり、さらに便利になりました。


JAXXウォレットにハッキング被害。400,000ドル相当が盗難。

JAXXウォレットにハッキング被害。400,000ドル相当が盗難。

JAXXは世界的に有名な仮想通貨ウォレットです。ビットコインだけでなく、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコインなどにも対応しています。そのJAXXウォレットにハッカーが12語のバックアップフレーズを抽出可能な脆弱性が発見され、既に400,000ドル相当が盗難されているようです。


Zaifのアプリの評判は?ビットコインとトークンの送受信、取引所が利用可能。

Zaifのアプリの評判は?ビットコインとトークンの送受信、取引所が利用可能。

大手取引所のZaifではアプリも展開しています。アプリでは、ビットコインやトークンの送受信や売買が可能な他、取引所であるZaif Exchangeを利用することができます。Zaifアプリの機能や評判を中心に紹介します。


最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


【2017年12月12日】ライトコインが高騰。2万円を超えて3万円に迫る

【2017年12月12日】ライトコインが高騰。2万円を超えて3万円に迫る

12月12日の仮想通貨相場はライトコインが高騰しました。前日1.8万円~1.9万円前後だった価格は2万円を突破し、一気に2.8万円台まで高騰しています。3万円に迫る勢いです。他の仮想通貨も好調な推移となっています。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin