GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

仮想通貨取引所のGMOコインで11月13日にシステム障害が発生しました。提示されたレートと異なるバグレートで約定したりアクセスできなくなったりする障害です。GMOコインが発表した今後の対応について紹介します。


GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

仮想通貨取引所のGMOコインで11月13日にシステム障害が発生しました。提示されたレートと異なるバグレートで約定したりアクセスできなくなったりする障害です。具体的な内容は以下の通りです。

(調査結果)
同日21時40分〜23時14分
仮想通貨FXをご利用のお客様の一部において、提示されたレートと異なるバグレートで約定するという事象が生じました。

同日23時29分〜23時45分
GMOコインのウェブサイトにアクセスしにくくなるという事象が生じました。

同日23時45分〜24時01分
システムがダウンし、GMOコインのウェブサイトにアクセスすることができないという事象が生じました。

今後の対応

GMOコインはこの障害を受けたお客様に対し、以下の対応を発表しました。

①本障害時に正常なレートよりもお客様に不利なレートで約定した成行注文につきましては、その差額分をご入金させていただきます。
②本障害時に正常なレートで約定すべきであった指値・逆指値の決済注文につきましては、実際の約定価格よりも正常なレートによる約定価格の方がお客様に有利な場合に限り、その差額分をご入金させていただきます。
※本障害時に同じ建玉につき複数回の決済注文及びその取消しを繰り返されたお客様につきましては、最初のご注文の価格を基準といたします。
※指値・逆指値の新規注文は、ご入金の対象となりません。
※IFD、OCO、IFD-OCOも上記に準じます。
③上記①②以外のお取引は、ご入金等の対象となりません。正常なレートよりもお客様に有利なレートで約定したご注文につきましては、差額分をご返金いただく必要はございません。

まとめると不利なレートで約定した成行注文など、顧客が損をしている場合は返金の対応を行うという内容です。

対応状況

2017年11月13日23時台に発生したシステム障害に関しては、2017年11月14日0時過ぎにサービス復旧が完了、その後安定稼働を確認しているようです。2017年11月13日21時台に発生したシステム障害に関しては、現在、本障害の影響を受けたお客様及び注文の特定を進めており、対応方針に従い対応するようです。

事後対応の重要性

システム障害は起きないに越したことはないですが、起きてしまったら事後対応で解決するしかありません。今回のGMOコインの対応は顧客の損失を補填する内容であり、一定の理解を得られるのではないでしょうか。仮に今後システム障害が起きても安心できる内容になっていると思います。

GMOコインの詳細はこちら

関連するキーワード


GMOコイン

関連する投稿


GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコインは2017年12月8日(金)15時より最低スプレッドと取引ルールの変更を行うと発表しました。また、2017年12月末より、仮想通貨現物売買において、利用者の取引量に応じて最低スプレッドを実質値下げする「仮想通貨現物売買VIPプラン」の提供も予定しているようです。


GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

11月29日より、GMOコインがリップル(XRP)の取り扱いを開始しました。リップル取り扱いを記念して「スプレッド大縮小キャンペーン」も開催されています。通常スプレッドは1円ですが、キャンペーン中のスプレッドは0.3円となります。


GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

仮想通貨取引所のGMOコインは、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始します。これによりGMOコインでは、5種類の仮想通貨が取引できるようになります(その他はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)。リップルの取扱開始を記念したキャンペーンも実施予定です。


利用者急増中。GMOコインの特徴や魅力、評判について

利用者急増中。GMOコインの特徴や魅力、評判について

GMOコインは2017年にサービスを開始した仮想通貨取引所です。取引所としては後発になりますが、低スプレッドや大手の安心感が評判を呼び、利用者を増やしています。GMOコインの特徴や魅力、評判について紹介します。


GMOコインがライトコインの取り扱いを開始。スプレッド大幅縮小キャンペーンも

GMOコインがライトコインの取り扱いを開始。スプレッド大幅縮小キャンペーンも

GMOコインが10月25日からライトコインの取り扱いを開始しました。GMOコインでは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュに次いで4通貨目の取り扱いとなります。これを記念し、スプレッド大幅縮小キャンペーンも開催されています。


最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


【2017年12月12日】ライトコインが高騰。2万円を超えて3万円に迫る

【2017年12月12日】ライトコインが高騰。2万円を超えて3万円に迫る

12月12日の仮想通貨相場はライトコインが高騰しました。前日1.8万円~1.9万円前後だった価格は2万円を突破し、一気に2.8万円台まで高騰しています。3万円に迫る勢いです。他の仮想通貨も好調な推移となっています。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin