ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


ICOとは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。トークン購入者は、トークンを開発するプロダクト内で使用できたり、上場後値上がりした際に売却して利益を得られたりするメリットがあります。ただ、上場する保証はありませんし、上場後値上がりする保証もない点は注意が必要です。

ICOの現状

ICOは2017年以降急激に増加しました。現在は2017年前半ほどの勢いはないものの、1ヶ月に数十~数百のプロジェクトでICOが実施されており、数は減っていません。ICOといえば、上場後に価格が何倍にもなりハイリターンが得られる印象がありますが、最近はそうしたICOは少数です。上場後にICO時の価格を割り込んでしまうことも珍しくありません。

理由としてはさまざまありますが、供給過多の傾向が見られる点や発行されたトークンをすぐに受け取り売却できてしまう点などが挙げられるでしょう。

長期保有は有効か

短期での売却益が見込めないなら、長期保有して値上がりを待つのも方法の一つです。しかし、仮想通貨は既に1,000種類を超えており、注目を集めることは簡単ではありません。また、上場後に取引がないと上場廃止になる可能性もあります。実際にLiquiなどICO後のトークンを扱うことの多い取引所では、廃止された銘柄も存在しています。

有望なプロジェクトかどうかの見極めが重要

ICOに参加して良い結果を出したなら、プロジェクトを見極める力を持つしかありません。最近でも上場後に成功を収めたプロジェクトは存在しており、いかにそうしたプロジェクトに参加できるかが重要になります。基準を見つけることは難しいですが、総合的な人気度、トークンをすぐに売却できない、あるいは保有にメリットのある仕組みを構築している、プロジェクトのマーケティング力などが重要になるのではないでしょうか。

ICO参加は慎重に

ICOは上場後大きく値上がりして利益を出せるといったイメージがあるかもしれませんが、最近はそうしたプロジェクトは減少傾向にあります。プロジェクトによって成否がはっきりしているため、プロジェクトを見極める力が重要です。いずれにしろ、ハイリスクになるため1年後も保有していたいと思えるプロジェクトのトークンを購入するのがいいでしょう。また、0円になっても痛くない金額で購入してください。

関連するキーワード


ICO

関連する投稿


ICOと仮想通貨相場の関係

ICOと仮想通貨相場の関係

Initial Coin Offering=ICOが注目されています。ICOは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。短期間で数十億円や数百億円を集めるプロジェクトも存在していますが、仮想通貨相場との関係性は見逃すことができません。


コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」がプレセールを開始

コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」がプレセールを開始

コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」を運営する株式会社AMPLE(本社:東京都港区)は、2017年11月15日12:00〜11月30日11:59の期間中、AMPLE!コイン(ACO)のプレセールを開始します。12月5日からスタートするトークンセール時の約2/3の価格でACOを購入することができます。


金融庁がICO(Initial Coin Offering)に関する注意喚起

金融庁がICO(Initial Coin Offering)に関する注意喚起

ICO(Initial Coin Offering)に関しては各国の規制当局が詐欺などの注意喚起を行っていますが、日本の金融庁からも10月27日に注意喚起が出されました。規制に関する内容にも触れられています。


ICO参加は長期的な視点も重要

ICO参加は長期的な視点も重要

ICOはInitial coin offeringの略で、実施する企業やプロジェクトが独自トークンを発行して世界中の人からビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で出資をしてもらう仕組みです。ICOは上場後すぐに売り抜けることを考えがちですが、今後は長期的視点も重要になってくるでしょう。


COMSAトークンのICO。調達額100億円規模に

COMSAトークンのICO。調達額100億円規模に

COMSAトークンのICO(トークンセール)は10月2日~11月6日まで開催されています。10月27日現在、調達額は約8,700万ドル相当に達し、100億円規模になりました。ICO史上トップ10に入る調達規模であり、注目度の高さが伺えます。


最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin