【連載企画(Vol.1)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.1)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

一般的に集中投資は大きなリターンを得られる可能性があり、分散投資は価格変動リスクを抑えられるメリットがあります。ただ、仮想通貨は新しい分野であり、従来の常識が当てはまらないことも多いです。そこで、連載企画として集中投資と分散投資、どちらが優れているのか実践していきたいと思います。


連載企画に関して

当連載企画は、仮想通貨の集中投資と分散投資どちらが優れているか実践して検証するものです。国内で最も多くの仮想通貨を扱っている取引所coincheck(コインチェック)の銘柄で実践していきます。やり方は以下の通りです。

【分散投資】
coincheckが扱う13種類の仮想通貨全てに3,000円ずつ投資。

【集中投資】
coincheckが扱う13種類の仮想通貨の中から1種類を選び、39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)投資。

分散投資と集中投資で同額(39,000円)を投資して、1ヶ月後、3ヶ月後、1年後などにどうなっているか検証します。なお集中投資の銘柄はくじでランダムに選定します。

仮想通貨を購入

集中投資先はくじの結果NEMに決まりました。早速仮想通貨を購入。今後1週間に1回程のペースで分散投資と集中投資の損益状況をお伝えします。

集中投資と分散投資について

一般的に集中投資は大きなリターンを得られる可能性があり、分散投資は価格変動リスクを抑えられるメリットがあります。集中投資はハイリスクハイリターン、分散投資はローリスクローリターンと言えるでしょう。

しかし、仮想通貨は分散投資のメリットが作用しにくいと言われています。A仮想通貨が上昇トレンド、B仮想通貨が下落トレンドというように異なる動きをすることが少なく、上昇トレンドの際も下落トレンドの際も画一的に動くためです。

当企画でどのような結果になるのか楽しみにして頂ければと考えています。

次回について

次回は11月29日(水)にお届けします。基本毎週水曜日に状況を紹介する予定です。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連する投稿


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


【連載企画(Vol.7)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.7)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


【連載企画(Vol.6)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.6)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第6弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


【連載企画(Vol.5)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.5)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第5弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


【連載企画(Vol.4)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.4)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第4弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で