JPモルガン、CMEビットコイン先物の仲介を検討

JPモルガン、CMEビットコイン先物の仲介を検討

米ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたところによると、JPモルガン・チェースはビットコイン先物の仲介を検討しているようです。ビットコイン先物は12月2週目よりCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)に上場する予定となっています。


JPモルガン、CMEビットコイン先物の仲介を検討

testing / Shutterstock.com

米ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたところによると、JPモルガン・チェースはビットコイン先物の仲介を検討しているようです。ビットコイン先物は12月2週目よりCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)に上場する予定となっています。報道によると、JPモルガンは先物仲介部門を通してビットコイン先物取引を顧客に提供する考えで、現在調査を進めているといいます。

JPモルガンといえば、CEOの発言が話題に

仮想通貨投資家にとって、JPモルガンといえばCEOジェイミー・ダイモン氏の発言が記憶に残っていることでしょう。9月に「ビットコインは詐欺」と発言し話題になりました。この直後に相場が下落したことから、発言がきっかけになったと指摘する人もいます。ダイモン氏はその後もビットコインに関して度々否定的な発言をしています。そんなJPモルガンがビットコイン先物の仲介を検討しているのは皮肉な話ですが、果たしてどうなるのでしょうか。

私情は抜きにして扱わざる負えないのが現状か

過去の発言から見るに、JPモルガンCEOのジェイミー・ダイモン氏がビットコインに否定的なのは間違いないでしょう。ビットコイン取引に関わる社員がいればクビにするとまで言っています。そんな中、今回の報道が出た背景には、私情は抜きにして扱わざる負えないのが現状があるのではないでしょうか。今後ビットコインETF(上場投資信託)も登場する可能性があり、投資家のニーズはますます高まっていくことが予想されています。

転機になりそうなCMEビットコイン先物

CMEがビットコイン先物の取引を開始した場合、多くの金融機関が売買の取り次ぎなどのサービス提供をするでしょう。日本ではマネックス証券が取り次ぎなどのサービス提供を発表しています。相場がどちらに動くかはわかりませんが、個人投資家が中心だったビットコイン市場を変える非常に大きな出来事であり、転機になるかもしれません。

最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で