モナコイン(MONA)が高騰。約1ヶ月ぶりに400円台に

モナコイン(MONA)が高騰。約1ヶ月ぶりに400円台に

2017年11月22日、モナコイン(MONA)価格が高騰しました。前日330円台だった価格は440円まで高騰。100円以上の価格上昇を記録しています。400円台を付けたのは約1ヶ月ぶりです。


モナコイン(MONA)が高騰。約1ヶ月ぶりに400円台に

2017年11月22日、モナコイン(MONA)価格が高騰しました。前日330円台だった価格は440円まで高騰。100円以上の価格上昇を記録しています。400円台を付けたのは約1ヶ月ぶりです。モナコインは10月、bitFlyerに上場したことを契機に価格が高騰しました。100円に満たなかった価格は一時700円台まで高騰。10月に最も注目を集めたアルトコインになりました。

モナコイン高騰の要因は?

特に目立ったニュースなどは出ていません。考えられるとすれば、bitFlyerのアメリカ進出です。bitFlyer USAはアメリカでの営業を11月中旬からスタートする予定で、既に34の州で認可を受けています。ただ、当初はBTC/USDの取引所事業を展開していくとリリースにも記載があり、モナコインの扱いが決まっているわけではありません。

bitFlyer USAがモナコインを扱えば大きな出来事

モナコインは日本円での取引量が最も多く、海外では扱っている取引所自体が少ないです。主要な取引所では、日本人利用者も多いBittrex(ビットレックス)くらいになります。こうした取り扱いの少ない仮想通貨において新規上場は大きな出来事です。アメリカの各州で展開するbitFlyer USAが扱うとなれば、取引量の増加が期待できるでしょう。

モナコインを扱う取引所

モナコインは海外で取り扱う取引所が少ない一方、国内では複数社が取り扱っています。Zaif、bitbank.cc、bitFlyerなどです。Zaifは以前からモナコインを扱っており、モナコイン取引が最も活発な取引所になります。手数料が安く、それなりの流動性のもと板取引を行うことができます。bitbank.ccも板取引で提供しており、1月までキャンペーンにつき取引手数料が無料で取引可能です。bitFlyerは板取引は提供しておらず、販売所でモナコインの売買ができます。大口での取引はbitFlyerが向いているかもしれません。

Zaifの詳細はこちら

bitbank.ccの詳細はこちら

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

モナコインの相場に注目

モナコイン価格が高騰し、約1ヶ月ぶりに400円台を付けました。モナコインは取引量が主要なアルトコインに比べ小さい分、価格が大きく動きやすいです。突然火を噴くことも多いので、レンジ相場の際に仕込んでおくと面白い展開になる可能性もあるでしょう。モナコインは実需のある点が他の仮想通貨との違いであり、海外での取引が拡大すれば更なる価格上昇も見込めるのではないでしょうか。

関連するキーワード


モナコイン

関連する投稿


モナコイン(MONA)価格はなぜ高騰しているのか

モナコイン(MONA)価格はなぜ高騰しているのか

モナコイン(MONA)価格が高騰を続けています。2017年初は3円程の価格でしたが、10月に100円を突破。その後も高騰は止まることなく、12月には2,000円を突破しました。なぜこれほどまでに価格が高騰しているのでしょうか。


モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破。年初から約300倍

モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破。年初から約300倍

2017年12月5日、モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破しました。連日高騰していましたが遂に大台を突破し、現在も1,000円を割ることなく取引されています。


モナコインの「秋葉原ジャック」。価格は再び上昇

モナコインの「秋葉原ジャック」。価格は再び上昇

10月25日~31日の間、モナコインのイベントである「秋葉原ジャック」が開催されています。秋葉原ラジオ会館と秋葉原UDXの大型ディスプレイでモナコインのプロモーション動画が放映されている他、パソコンショップアークではステッカーなどを配布しています。


注目を集めるモナコイン、最もお得に購入できる取引所は?

注目を集めるモナコイン、最もお得に購入できる取引所は?

モナコインは10月中旬に価格が7倍以上に高騰し、大きな注目を集めました。モナコインは日本発の仮想通貨として知られ、複数の国内取引所が取り扱っています。各社の手数料などを比較して紹介します。


モナコイン(MONA)高騰に見る、仮想通貨の今後

モナコイン(MONA)高騰に見る、仮想通貨の今後

10月12日~13日にかけてモナコイン(MONA)価格が高騰しています。11日に100円前後だった価格は500円近くまで高騰しました。2017年当初は3円前後だったため、100倍以上高騰していることになります。モナコインは日本発の仮想通貨のため日本のホルダーが多く、「億り人」となった方が多いと思われます。


最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin