Ripple(リップル)、シンガポール・インド・UAE間での国際送金を開始

Ripple(リップル)、シンガポール・インド・UAE間での国際送金を開始

Ripple(リップル)社はスタンダード・チャータード銀行(シンガポール)、アクシス銀行(インド)、RAKBANK(UAE)の3行がRippleNetを利用した国際送金を開始したと発表しました。


Ripple(リップル)、シンガポール・インド・UAE間での国際送金を開始

Ripple(リップル)社はスタンダード・チャータード銀行(シンガポール)、アクシス銀行(インド)、RAKBANK(UAE)の3行がRippleNetを利用した国際送金を開始したと発表しました。発表によると、シンガポールのスタンダード・チャータード銀行はインドのアクシス銀行へ国際送金サービスを開始。年間150億ドルの送金があると見込んでいます。また、UAEのRAKBANKからインドのアクシス銀行への国際送金サービスも開始され年間126億ドルの送金が見込まれています。

Rippleグローバル戦略責任者のコメント

スタンダード・チャータード銀行、アクシス銀行、RAKBANKはスピードと透明性に対する期待など顧客の進化する要求を認識し対応しています。今回のサービスは、世界中の企業や移住労働者が世界的な商取引を加速し、資金を素早く送金することを助ける重要な一歩ですと述べています。

拡大するRippleNetの利用

リップル社は6月にSBIレミット、サイアム商業銀行と提携し、RippleNetを利用した日本-タイの即時国際送金を開始。先日はアメリカンエキスプレスがRippleNetに加入するニュースが報じられました。着実にRippleNetの利用が拡大しており、国際送金のスタンダードになっていくのではないでしょうか。

XRP価格について

XRP価格はこうしたニュースに反応したり反応しなかったりですが、アメリカンエキスプレス加入が発表された11月中旬以降、堅調な推移をしています。最近は安定して25円を超えており、次に狙うのは30円台の定着でしょうか。XRPは5月に50円程まで高騰した後、20円~30円のレンジで推移しています。

XRPを扱う取引所

XRPはcoincheckやbitbank.ccが取り扱っており、国内取引所で取引することが可能です。coincheckではXRP含め13種類の仮想通貨を取引でき、bitbank.ccでは6種類の仮想通貨を取引できます。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitbank.ccの詳細はこちら

リップル社、XRPの今後に注目

リップル社はスタンダード・チャータード銀行(シンガポール)、アクシス銀行(インド)、RAKBANK(UAE)の3行がRippleNetを利用した国際送金を開始したと発表しました。着実にRippleNetの利用が拡大しており、今後も急速なスピードで展開していきそうです。XRP価格にどのような影響を及ぼすかも注目されます。

関連するキーワード


リップル

関連する投稿


GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

11月29日より、GMOコインがリップル(XRP)の取り扱いを開始しました。リップル取り扱いを記念して「スプレッド大縮小キャンペーン」も開催されています。通常スプレッドは1円ですが、キャンペーン中のスプレッドは0.3円となります。


GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

仮想通貨取引所のGMOコインは、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始します。これによりGMOコインでは、5種類の仮想通貨が取引できるようになります(その他はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)。リップルの取扱開始を記念したキャンペーンも実施予定です。


リップル(XRP)の国別取引量。韓国の影響力が大きい?

リップル(XRP)の国別取引量。韓国の影響力が大きい?

リップルは主に銀行で採用が進む国際間の決済・送金システムです。仲介用通貨としてXRPが使われており、取引所でも売買することができます。国内の仮想通貨投資家から高い人気を誇っていますが、取引量は韓国が大半を占めています。


【リップル】内外為替一元化コンソーシアムに三井住友銀行とゆうちょ銀行が参加

【リップル】内外為替一元化コンソーシアムに三井住友銀行とゆうちょ銀行が参加

SBIホールディングス株式会社とSBI Ripple Asia株式会社がまとめている「内外為替一元化コンソーシアム」に三井住友銀行とゆうちょ銀行が参加することが発表されました。これにより参加金融機関は61行となり、メガバンク3行が揃いました。


リップル(XRP)価格が上がらない理由は?

リップル(XRP)価格が上がらない理由は?

2017年5月に10倍近い高騰を記録したリップルですが、6月は30円前後の値動きが続いています。好材料となるニュースは出ていますが、なかなか上がらない状況です。何が理由として考えられるのでしょうか?


最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin