Ripple(リップル)、シンガポール・インド・UAE間での国際送金を開始

Ripple(リップル)、シンガポール・インド・UAE間での国際送金を開始

Ripple(リップル)社はスタンダード・チャータード銀行(シンガポール)、アクシス銀行(インド)、RAKBANK(UAE)の3行がRippleNetを利用した国際送金を開始したと発表しました。


Ripple(リップル)、シンガポール・インド・UAE間での国際送金を開始

Ripple(リップル)社はスタンダード・チャータード銀行(シンガポール)、アクシス銀行(インド)、RAKBANK(UAE)の3行がRippleNetを利用した国際送金を開始したと発表しました。発表によると、シンガポールのスタンダード・チャータード銀行はインドのアクシス銀行へ国際送金サービスを開始。年間150億ドルの送金があると見込んでいます。また、UAEのRAKBANKからインドのアクシス銀行への国際送金サービスも開始され年間126億ドルの送金が見込まれています。

Rippleグローバル戦略責任者のコメント

スタンダード・チャータード銀行、アクシス銀行、RAKBANKはスピードと透明性に対する期待など顧客の進化する要求を認識し対応しています。今回のサービスは、世界中の企業や移住労働者が世界的な商取引を加速し、資金を素早く送金することを助ける重要な一歩ですと述べています。

拡大するRippleNetの利用

リップル社は6月にSBIレミット、サイアム商業銀行と提携し、RippleNetを利用した日本-タイの即時国際送金を開始。先日はアメリカンエキスプレスがRippleNetに加入するニュースが報じられました。着実にRippleNetの利用が拡大しており、国際送金のスタンダードになっていくのではないでしょうか。

XRP価格について

XRP価格はこうしたニュースに反応したり反応しなかったりですが、アメリカンエキスプレス加入が発表された11月中旬以降、堅調な推移をしています。最近は安定して25円を超えており、次に狙うのは30円台の定着でしょうか。XRPは5月に50円程まで高騰した後、20円~30円のレンジで推移しています。

XRPを扱う取引所

XRPはcoincheckやbitbank.ccが取り扱っており、国内取引所で取引することが可能です。coincheckではXRP含め13種類の仮想通貨を取引でき、bitbank.ccでは6種類の仮想通貨を取引できます。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitbank.ccの詳細はこちら

リップル社、XRPの今後に注目

リップル社はスタンダード・チャータード銀行(シンガポール)、アクシス銀行(インド)、RAKBANK(UAE)の3行がRippleNetを利用した国際送金を開始したと発表しました。着実にRippleNetの利用が拡大しており、今後も急速なスピードで展開していきそうです。XRP価格にどのような影響を及ぼすかも注目されます。

関連するキーワード


リップル

関連する投稿


リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップルとサウジアラビアの中央銀行が提携したことがわかりました。サウジアラビアの国内銀行がリップルのブロックチェーン技術を使用するための契約で、リップル社のソフトウェアであるxCurrentを利用した取引を可能にします。リップル社は連日提携発表をしており、世界中で利用が進んでいます。


リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

2017年12月30日、リップル(XRP)価格が高騰しています。前日150円~200円で推移していた価格は200円を突破すると、一気に290円台を記録し300円に迫る高騰を見せています。下落する仮想通貨が多い中、一人勝ちの状態です。


リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

2017年12月に入りリップル(XRP)価格が高騰しています。20円~30円で推移していた価格は一時99円まで高騰。2017年前半に記録した過去最高価格を大きく更新しました。リップルは国内複数の仮想通貨取引所で取引することができますが、おすすめの取引所はあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

11月29日より、GMOコインがリップル(XRP)の取り扱いを開始しました。リップル取り扱いを記念して「スプレッド大縮小キャンペーン」も開催されています。通常スプレッドは1円ですが、キャンペーン中のスプレッドは0.3円となります。


GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

仮想通貨取引所のGMOコインは、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始します。これによりGMOコインでは、5種類の仮想通貨が取引できるようになります(その他はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)。リップルの取扱開始を記念したキャンペーンも実施予定です。


最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で