仮想通貨取引所「coincheck(コインチェック)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

仮想通貨取引所「coincheck(コインチェック)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

coincheck(コインチェック)は国内の仮想通貨取引所で利用者数が多いことで知られています。最大の魅力や特徴が、数多くの仮想通貨を取り扱っていることです。coincheckの魅力、特徴、評判などを紹介します。


coincheck(コインチェック)とは

coincheck(コインチェック)はコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。2014年から仮想通貨取引所を運営し、国内老舗取引所の一つです。取引所事業以外にも、ビットコイン決済システムの提供、電気代をビットコインで支払えるコインチェックでんきなど幅広くサービス展開しています。ビットコイン決済サービスでは、国内で圧倒的なシェアを誇っています。

coincheckの魅力や特徴

coincheckの魅力でもあり最大の特徴が、数多くの仮想通貨を取り扱っていることです。国内最多13種類(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、LISK、Factom、Monero、Augur、リップル、Zcash、NEM、ライトコイン、DASH、ビットコインキャッシュ)に及びます。coincheckでしか取引できない仮想通貨も6種類あり、アルトコイン取引をするには欠かせない取引所と言えるでしょう。

初心者でもわかりやすい画面設計

coincheckは初心者にもわかりやすい画面設計も好評です。難しい操作は一切なく、取引したい仮想通貨を選択し、数量を入力するだけで売買をすることができます。

アプリも好評

アプリの使いやすさも好評です。チャート確認、取引、決済、送金、資産管理などの機能が付いており、パソコンがなくても不自由なく利用することができます。無料でダウンロードでき利用料もかかりません。coincheckは多数の仮想通貨を扱っているので、仮想通貨全体の相場トレンドを把握するのにも役立ちます。

貸仮想通貨サービス

国内でもcoincheckしか提供していないサービスが、貸仮想通貨サービスです。自身が保有する仮想通貨を一定期間coincheckに貸し出すことで金利を受け取ることができます。coincheckが扱う全ての仮想通貨が対象となっており、最大で年利5%です。仮想通貨の長期保有を決めている方に向いているサービスになります。

coincheckを利用してみては

coincheckは国内で最も多い13種類の仮想通貨を扱っており、アルトコイン取引には欠かせない取引所です。初心者にもわかりやすい画面設計やアプリも魅力で、パソコンを持っていない方でも利用しやすいです。貸仮想通貨やコインチェックでんきなど周辺サービスも充実しており、さまざまな利用方法があります。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連するキーワード


coincheck

関連する投稿


コインチェック、進捗状況の開示やお問い合わせの多い内容を開示へ

コインチェック、進捗状況の開示やお問い合わせの多い内容を開示へ

仮想通貨NEMの不正流出があったコインチェックが、情報開示体制の改善を目的とし、都度の進捗状況の開示やお問い合わせの多い内容に関して、継続的にお知らせさせていただく取り組みを開始すると発表しました。


コインチェックが記者会見を実施。NEMの補償、仮想通貨の出金・売買再開に目途

コインチェックが記者会見を実施。NEMの補償、仮想通貨の出金・売買再開に目途

2月13日20時からコインチェックが記者会見を実施しました。会見ではNEMの補償や仮想通貨の出金・売買再開の時期に関する具体的な言及はなかったものの、目途は立っていると発表されました。


コインチェック、業務改善命令に係る報告書提出。20時から記者会見

コインチェック、業務改善命令に係る報告書提出。20時から記者会見

2月13日、コインチェックの日本円出金が再開されましたが、金融庁からの業務改善命令に係る報告書も提出したことを発表しました。また、本日20時から同社で記者会見も行われる予定です。


コインチェック、2月13日に日本円出金再開へ

コインチェック、2月13日に日本円出金再開へ

仮想通貨NEMの不正流出事件を受けて一部機能を停止しているコインチェックが、2月13日に日本円出金を再開すると発表しました。なお仮想通貨の取引や出金に関しては、技術的な安全性等の確認・検証を行なっているため、安全性が確認でき次第再開する予定です。


コインチェックの仮想通貨流出に北朝鮮が関与?

コインチェックの仮想通貨流出に北朝鮮が関与?

韓国の国家情報院(NIS)は、コインチェックから仮想通貨NEMが不正流出した事件で、北朝鮮のハッカーらが画策した可能性を調査し始めたとBloombergが報道しました。北朝鮮が関与した証拠は今のところないようです。


最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で