仮想通貨取引所「coincheck(コインチェック)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

仮想通貨取引所「coincheck(コインチェック)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

coincheck(コインチェック)は国内の仮想通貨取引所で利用者数が多いことで知られています。最大の魅力や特徴が、数多くの仮想通貨を取り扱っていることです。coincheckの魅力、特徴、評判などを紹介します。


coincheck(コインチェック)とは

coincheck(コインチェック)はコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。2014年から仮想通貨取引所を運営し、国内老舗取引所の一つです。取引所事業以外にも、ビットコイン決済システムの提供、電気代をビットコインで支払えるコインチェックでんきなど幅広くサービス展開しています。ビットコイン決済サービスでは、国内で圧倒的なシェアを誇っています。

coincheckの魅力や特徴

coincheckの魅力でもあり最大の特徴が、数多くの仮想通貨を取り扱っていることです。国内最多13種類(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、LISK、Factom、Monero、Augur、リップル、Zcash、NEM、ライトコイン、DASH、ビットコインキャッシュ)に及びます。coincheckでしか取引できない仮想通貨も6種類あり、アルトコイン取引をするには欠かせない取引所と言えるでしょう。

初心者でもわかりやすい画面設計

coincheckは初心者にもわかりやすい画面設計も好評です。難しい操作は一切なく、取引したい仮想通貨を選択し、数量を入力するだけで売買をすることができます。

アプリも好評

アプリの使いやすさも好評です。チャート確認、取引、決済、送金、資産管理などの機能が付いており、パソコンがなくても不自由なく利用することができます。無料でダウンロードでき利用料もかかりません。coincheckは多数の仮想通貨を扱っているので、仮想通貨全体の相場トレンドを把握するのにも役立ちます。

貸仮想通貨サービス

国内でもcoincheckしか提供していないサービスが、貸仮想通貨サービスです。自身が保有する仮想通貨を一定期間coincheckに貸し出すことで金利を受け取ることができます。coincheckが扱う全ての仮想通貨が対象となっており、最大で年利5%です。仮想通貨の長期保有を決めている方に向いているサービスになります。

coincheckを利用してみては

coincheckは国内で最も多い13種類の仮想通貨を扱っており、アルトコイン取引には欠かせない取引所です。初心者にもわかりやすい画面設計やアプリも魅力で、パソコンを持っていない方でも利用しやすいです。貸仮想通貨やコインチェックでんきなど周辺サービスも充実しており、さまざまな利用方法があります。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連するキーワード


coincheck

関連する投稿


coincheck(コインチェック)、出川哲朗さんを起用したCMを開始

coincheck(コインチェック)、出川哲朗さんを起用したCMを開始

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、タレントの出川哲朗さんを起用した新CM「兄さん知らないんだ」篇を12月8日(金)よりWEBにて公開しました。12月13日(水)よりテレビにてオンエアも開始予定です。


coincheck(コインチェック)、新規株主としてWiL Fund I, L.P.及びWiL Fund II, L.P.が参画

coincheck(コインチェック)、新規株主としてWiL Fund I, L.P.及びWiL Fund II, L.P.が参画

大手仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)を運営するコインチェック株式会社は、新規株主としてWiL Fund I, L.P.及びWiL Fund II, L.P.が参画したことを発表しました。また、同ファンドの共同創業者兼General Partnerである西條晋一氏はアドバイザーに就任します。


coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。二段階認証はセキュリティ上必須とも言えるので、この機会に設定してみてはいかがでしょうか。


coincheck(コインチェック)がSegWit2x(B2X)への対応を発表

coincheck(コインチェック)がSegWit2x(B2X)への対応を発表

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が11月中旬に予定されるSegWit2x(B2X)の分岐に対する対応を発表しました。対応の詳細を紹介します。


coincheck(コインチェック)がビットコインゴールドの付与を発表

coincheck(コインチェック)がビットコインゴールドの付与を発表

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、10月25日にハードフォークが予定されるビットコインゴールドを付与すると発表しました。ビットコインの取引状況により付与される数量は異なりますが、基本保有しているビットコインと同数に近いビットコインゴールドが付与されます。


最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin