ビットコイン遂に100万円へ。イーサリアムも5万円突破し、好調な仮想通貨相場

ビットコイン遂に100万円へ。イーサリアムも5万円突破し、好調な仮想通貨相場

2017年11月26日、ビットコインが100万円を突破する勢いを見せています。bitFlyer FXでは100万円を突破しました。アルトコインもイーサリアムが5万円を突破するなど全体的に上昇しており、好調な相場になっています。


ビットコイン遂に100万円の大台へ

2017年11月26日、ビットコインが100万円を突破する勢いを見せています。bitFlyer FXでは100万円を突破しました。ビットコイン高騰の理由はさまざまあると思いますが、仮想通貨市場への資金流入増加が最大の理由でしょう。100万円を攻防ラインとしてしばらく推移しそうな印象ですが、あっさり超えて更に高騰を続ける可能性もありそうです。

アルトコインも高騰

イーサリアムが5万円を突破するなど、アルトコインも全体的に高騰しています。過去最高価格を更新している種類も多いです。仮想通貨全体の時価総額は30兆円を超え拡大しており、ビットコインのシェアは50%程と変わっていないことから、全体的に上昇していることがわかります。

繰り返されるビットコインのハードフォーク

11月24日、ビットコインからのフォークによりビットコインダイヤモンドが誕生しました。ビットコイン価格にどの程度影響を与えているか微妙ですが、ビットコインダイヤモンドは世界的なアルトコイン取引所であるBinance(バイナンス)に上場しそれなりの価格を付けています。今後、スーパービットコイン、ビットコインプラチナム、ビットコインキャッシュプラスなどのハードフォークが予定されており、ビットコイン価格上昇の要因になるかもしれません。こうしたハードフォークに意味があるとは思えませんが、ビットコインダイヤモンドのように成功事例が出てしまうと、ハードフォーク前にビットコインを購入する流れは出てくるでしょう。

警戒も必要か

ただ、警戒も必要です。実際一部投資家の間では警戒する声も出てきています。年末は通常市場参加者が減少し閑散としますし、税金支払いによる換金売りもあるでしょう。ビットコイン先物上場が控えていますが、一旦調整する展開もありえそうです。

年末年始の仮想通貨相場に注目

11月も残り1週間となり、12月に突入します。2017年も残り1ヶ月です。年末はビットコイン先物上場という大きなイベントが控えており、前後で相場がどうなるか注目されます。個人的には一旦調整し、年始以降上昇を始めるのではと考えています。

仮想通貨取引所の比較はこちら

 

最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin