coincheck(コインチェック)がビットコインダイヤモンドの付与を発表

coincheck(コインチェック)がビットコインダイヤモンドの付与を発表

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、ビットコインダイヤモンドの付与を発表しました。問題等が確認されない限り行う予定とし、現在作業を進めているようです。ビットコインダイヤモンドは11月24日に誕生し、Binance(バイナンス)などの取引所で取引が開始されています。


coincheck(コインチェック)がビットコインダイヤモンドの付与を発表

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、ビットコインダイヤモンドの付与を発表しました。問題等が確認されない限り行う予定とし、現在作業を進めているようです。ハードフォークに発表するのは珍しいですが、Binance(バイナンス)などの取引所で比較的高値で取引されていることから、ユーザーのニーズが高いと判断したのかもしれません。

ビットコインダイヤモンドについて

ビットコインダイヤモンドは11月24日にビットコインからハードフォークして誕生したアルトコインです。ダイヤモンドと名前が付いていますが、ダイヤモンドのような価値があるわけではなく、ただの名前です。ビットコインの主に送金における仕様を改良し利便性向上をはかるとしています。最大の特徴といえるのが、発行量がビットコインの10倍になっていることです。つまり、1BTC保有していれば、10ビットコインダイヤモンド(BCD)付与されることになります。

ビットコインダイヤモンドは比較的高値で取引

ビットコインダイヤモンドは11月27日現在、0.007BTC~0.008BTCあたりで取引されています。1BTCあたりのレートが約100万円なので、日本円で7,000円~8,000円程です。つまり、仮に1BTC保有していたら10BCD付与されることになるため、7万円~8万円の利益が出ている計算になります。

今後も予定されるハードフォーク

ビットコインからのハードフォークは今後も予定されています。スーパービットコイン、ビットコインプラチナム、ビットコインシルバーなどネタのような状況ですが、ビットコインダイヤモンドのように投資家にとって旨みがあるとビットコインを保有しておこうという動きは強まるでしょう。

ハードフォークした仮想通貨が欲しいなら、海外取引所を利用する必要

国内の取引所はビットコインキャッシュこそ全て付与を行い取扱いをしたものの、ビットコインゴールド、ビットコインダイヤモンドは一部取引所が付与の対応を表明しただけです。おそらく今後も付与や取引の対応を行う取引所は少ないでしょう。ハードフォークした仮想通貨の付与を狙うなら、海外取引所にビットコインを移しておく必要がありそうです。ただ、毎回決まった取引所で付与されるとは限らないため、結構な手間とリスクが生じてきます。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連するキーワード


ビットコインダイヤモンド

最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で