ビットコインゴールドの時価総額が5位に。ライトコイン・DASHなどを凌ぐ

ビットコインゴールドの時価総額が5位に。ライトコイン・DASHなどを凌ぐ

価格高騰によりビットコインゴールドの時価総額が5位に浮上しています。誕生した直後にも関わらずライトコイン・DASHなどの時価総額を超えています。ビットコインゴールドは10月末にビットコインからハードフォークして誕生し、11月12日にリリースされました。


ビットコインゴールドの時価総額が5位に

ビットコインゴールドの時価総額が5位に浮上しています。約58億ドル(約6,300億円)の時価総額です。まだ誕生して間もないアルトコインになりますが、ライトコイン、DASH、Moneroなど主要なアルトコインを凌ぐ時価総額となっています。

1BTG4万円程で推移

ビットコインゴールドは取引開始後から激しい値動きになっています。当初5万円程で取引されていましたが、1万円台に急落。その後再び高騰し下落。11月後半から価格を戻してきています。ビットコインゴールドはハードフォーク時にソフトウェアが完成していないなどの問題があり、取引所によって付与や取引開始時期が異なることが影響しているのかもしれません。

ビットコインゴールドについて

ビットコインゴールドは10月末にビットコインからハードフォークして誕生し、11月12日にリリースされました。最大の特徴はマイニングにあります。ビットコインはASICという専用のマイニングマシンが必要で規模の大きい業者ほど有利な状況になっていますが、ビットコインゴールドは一般の人でも利用可能なGPUマイニングに対応しています。

ビットコインゴールドを扱う取引所

ビットコインゴールドは海外取引所を中心に取引が可能になっています。Bittrex、Bitfinex、Binance、HitBTCなどが有名な取引所です。国内ではまだ取引開始した取引所はありません。付与を予定している取引所としては、bitFlyer、coincheck、BITPointなどがあり、付与を完了した取引所はBITPointのみとなっています。なおbitFlyerは付与に加えて取り扱いも発表しています。

今後も予定されるハードフォーク。時価総額上位独占も

ビットコインゴールドが時価総額5位になりました。今後ハードフォークは複数回予定されているため、ビットコインからのハードフォークアルトコインが時価総額上位を独占することもありえそうです。何の実績もない仮想通貨が時価総額上位に入ることは微妙な気もしますが、ビットコインキャッシュは当初よりも評価が高まり認められる存在になってきています。ビットコインゴールドや後に続くハードフォークアルトコインも同じような軌跡を辿ることができるのでしょうか。

仮想通貨取引所の比較はこちら

 

関連するキーワード


ビットコインゴールド

関連する投稿


ビットコインゴールドのハードフォークに伴うライトコイン(LTC)の動き

ビットコインゴールドのハードフォークに伴うライトコイン(LTC)の動き

ライトコインはビットコインキャッシュのハードフォークの際、ビットコインへの不安から買いが集まり、暴落するアルトコインの中で唯一上昇した仮想通貨でした。24日にビットコインゴールドがハードフォークしましたが、ライトコインの動きを振り返りたいと思います。


ビットコインゴールド(BTG)、海外取引所の対応

ビットコインゴールド(BTG)、海外取引所の対応

10月25日にビットコインゴールド(BTG)のハードフォークが予定されています。国内取引所は対応についての発表が既にされていますが、主要な海外取引所はどのように対応するのでしょうか?


【随時更新】国内取引所のビットコインゴールド付与・送金・取引対応状況

【随時更新】国内取引所のビットコインゴールド付与・送金・取引対応状況

10月25日にビットコインゴールドのハードフォークが予定されています。国内取引所は各社対応を判断する方針となり、先週から少しずつ対応状況が発表されている状況です。国内取引所のビットコインゴールド付与・送金・取引対応状況をまとめて紹介します。


ビットコインゴールド(BTG)、国内取引所の対応は?

ビットコインゴールド(BTG)、国内取引所の対応は?

10月25日、ビットコインからハードフォークしビットコインゴールドが誕生する予定です。ビットコインキャッシュと同様に対応する取引所やウォレットに保管していれば、ビットコインゴールドが付与される予定です。国内取引所はどのような対応を取るのでしょうか?


最新の投稿


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で