ビジコム、bitFlyerと連携しPOSレジによるビットコイン決済サービスを開始

ビジコム、bitFlyerと連携しPOSレジによるビットコイン決済サービスを開始

流通向けソリューションおよびPOSレジ・POSシステム開発の株式会社ビジコムは、bitFlyerと連携しWindows POSレジ「BCPOS」での仮想通貨ビットコイン決済サービスを2017年11月28日(火)より提供開始することを発表しました。


ビジコム、bitFlyerと連携しPOSレジによるビットコイン決済サービスを開始

流通向けソリューションおよびPOSレジ・POSシステム開発の株式会社ビジコムは、bitFlyerと連携しWindows POSレジ「BCPOS」での仮想通貨ビットコイン決済サービスを2017年11月28日(火)より提供開始することを発表しました。

WindowsPOSレジアプリ「BCPOS」とは

「BCPOS」は販売開始から20年を迎える、小売・専門店等に100業種以上の導入実績があるWindowsOS対応のPOSレジアプリです。インバウンドにも活用できるPOSレジとして、中国人観光客に人気のスマホ決済WeChat Payや電子マネー、ICクレジットなどの多彩な決済手段に対応しています。免税店ではPOSレジの販売と連動してオプションのあっと免税で免税書類を作成することができます。

BCPOS導入店舗におけるビットコイン決済の利用方法

会計時の精算方法で[bitcoin]を選択すると、ビットコイン決済用のQRコードをお客様に向いているカスタマディスプレイに表示します。お客様がスマートフォンのビットコインアプリ「bitFlyerウォレット」でそのQRコードを読むと、決済金額に対応したビットコインでの決済が完了します。店舗側への入金は、ビットコインではなく、日本円で入金されます。

ビットコイン決済サービスの導入方法

BCPOSを導入している店舗が専用サイトからbitFlyer Bitcoinアカウントを開設した後、ビジコムがPOS連携設定を行うことで導入できます。アカウント開設申込から連携完了まで約10日程度を予定しています。連携完了後は、これまで通り、POSレジで精算を行い、決済方法で「Bitcoin」を選択することでビットコイン決済を行うことができます。

広がるビットコイン決済

ビジコムのWindows POSレジ「BCPOS」がビットコイン決済対応を発表しました。日本でもキャッシュレス決済対応が進む中、ビットコインは数あるキャッシュレス決済手段の一つとして浸透してきている印象です。しかし、税金の問題や高騰を続け資産として長期保有する方の増加など、実際の利用はあまり進んでいない現状もあります。

関連するキーワード


bitFlyer

関連する投稿


bitFlyerが実店舗の出店を計画。ビットフライヤーカフェをオープンか

bitFlyerが実店舗の出店を計画。ビットフライヤーカフェをオープンか

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが、実店舗の出店を計画していることがわかりました。ビットフライヤーカフェというカフェ形式の店舗で、ビットコインがどんなものであるかや、どうやって買い物ができるかなどを体験できる施設だといいます。


bitFlyer USAがサービスを開始。ニューヨーク州でのライセンスも取得

bitFlyer USAがサービスを開始。ニューヨーク州でのライセンスも取得

国内大手仮想通貨取引所bitFlyerの子会社であるbitFlyer USAが、11月28日よりアメリカでのサービスを開始しました。NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)が制定したBitLicenseも取得し、ニューヨーク州を含めて42州で仮想通貨交換業運営の許可を取得しています。


多摩大学「ICOビジネス研究会」にbitFlyerの加納氏が技術アドバイザーとして参画

多摩大学「ICOビジネス研究会」にbitFlyerの加納氏が技術アドバイザーとして参画

大手仮想通貨取引所bitFlyerの代表取締役である加納氏が、多摩大学ルール形成戦略研究所が創設した「ICO(Initial Coin Offering)ビジネス研究会」に専門的助言をする技術アドバイザーとして参画しました。


bitFlyer(ビットフライヤー)、アメリカに続き欧州に進出

bitFlyer(ビットフライヤー)、アメリカに続き欧州に進出

仮想通貨取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が、アメリカに続き欧州に進出することが日本経済新聞の報道でわかりました。ルクセンブルクに子会社を設立し、欧州連合(EU)各国でサービスを提供するようです。


bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールに注意を

bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールに注意を

大手仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールが確認されています。メール内のリンクをクリックすると、偽の類似サイトに誘導されるため、IDやパスワードなどを打ち込まないよう注意してください。


最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin