bitFlyer USAがサービスを開始。ニューヨーク州でのライセンスも取得

bitFlyer USAがサービスを開始。ニューヨーク州でのライセンスも取得

国内大手仮想通貨取引所bitFlyerの子会社であるbitFlyer USAが、11月28日よりアメリカでのサービスを開始しました。NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)が制定したBitLicenseも取得し、ニューヨーク州を含めて42州で仮想通貨交換業運営の許可を取得しています。


bitFlyer USAがサービスを開始

国内大手仮想通貨取引所bitFlyerの子会社であるbitFlyer USAが、11月28日よりアメリカでのサービスを開始しました。bitFlyer USAの米国での仮想通貨交換業開始はbitFlyerにとって初の海外進出案件となります。日本で培った専門性や独自の技術を活かし、米国市場において主に機関投資家に向けたサービスを提供し、米国展開及び近く予定しているクロスボーダー取引の開始により、米国の機関投資家へ高い流動性を提供することができますと発表しています。

NYDFSが制定したBitLicenseも取得

bitFlyer USAはNYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)が制定したBitLicenseを世界で4番目に取得しました。これにより仮想通貨交換業者としてニューヨーク州でのサービス展開も可能となりました。当初の発表よりも多い42州で仮想通貨交換業運営の許可を取得したようです(2017年11月29日(日本時間)時点)。

bitFlyer USAのサービス

bitFlyer USAのサービスは、月間10万ドル以上の仮想通貨取引を行うプロトレーダー向けに設計されています。クローズドベータ提供時には、2,000人以上が参加しました。取引所では指値、成行および特殊注文が可能であり、プログラムトレーダー向けに充実したAPIも提供しています。また、クロスボーダー取引を含め、仮想通貨取引をより便利に利用いただくために、随時キャンペーン及び新機能の追加を実施する予定です。2017年末まで取引手数料無料キャンペーンを実施し、2018年前半にはライトコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュなどのアルトコインの取扱いを予定しています。

モナコインはどうなるか

bitFlyerのリリースでは、注目されていたモナコインの記載はありませんでした。モナコインは11月27日~28日にかけて2倍程の高騰を記録しましたが、bitFlyer USAでの取り扱いを期待しての高騰と指摘する声もありました。他のアルトコインと同様に、2018年前半に取り扱いが開始されるのか注目されます。

bitFlyer USAの展開に注目

bitFlyer USAがサービスを開始しました。アメリカ42州での営業許可を取得しており、ほぼ全米に展開といっていいでしょう。アメリカにはコインベースなどの競合がいますが、月間10万ドル以上の仮想通貨取引を行うプロトレーダー向けにサービスが設計されるなど差別化しており、今後の展開に注目が集まります。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連するキーワード


bitFlyer

関連する投稿


bitFlyerが実店舗の出店を計画。ビットフライヤーカフェをオープンか

bitFlyerが実店舗の出店を計画。ビットフライヤーカフェをオープンか

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが、実店舗の出店を計画していることがわかりました。ビットフライヤーカフェというカフェ形式の店舗で、ビットコインがどんなものであるかや、どうやって買い物ができるかなどを体験できる施設だといいます。


ビジコム、bitFlyerと連携しPOSレジによるビットコイン決済サービスを開始

ビジコム、bitFlyerと連携しPOSレジによるビットコイン決済サービスを開始

流通向けソリューションおよびPOSレジ・POSシステム開発の株式会社ビジコムは、bitFlyerと連携しWindows POSレジ「BCPOS」での仮想通貨ビットコイン決済サービスを2017年11月28日(火)より提供開始することを発表しました。


多摩大学「ICOビジネス研究会」にbitFlyerの加納氏が技術アドバイザーとして参画

多摩大学「ICOビジネス研究会」にbitFlyerの加納氏が技術アドバイザーとして参画

大手仮想通貨取引所bitFlyerの代表取締役である加納氏が、多摩大学ルール形成戦略研究所が創設した「ICO(Initial Coin Offering)ビジネス研究会」に専門的助言をする技術アドバイザーとして参画しました。


bitFlyer(ビットフライヤー)、アメリカに続き欧州に進出

bitFlyer(ビットフライヤー)、アメリカに続き欧州に進出

仮想通貨取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が、アメリカに続き欧州に進出することが日本経済新聞の報道でわかりました。ルクセンブルクに子会社を設立し、欧州連合(EU)各国でサービスを提供するようです。


bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールに注意を

bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールに注意を

大手仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)をかたる不審な電子メールが確認されています。メール内のリンクをクリックすると、偽の類似サイトに誘導されるため、IDやパスワードなどを打ち込まないよう注意してください。


最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin