bitFlyer USAがサービスを開始。ニューヨーク州でのライセンスも取得

bitFlyer USAがサービスを開始。ニューヨーク州でのライセンスも取得

国内大手仮想通貨取引所bitFlyerの子会社であるbitFlyer USAが、11月28日よりアメリカでのサービスを開始しました。NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)が制定したBitLicenseも取得し、ニューヨーク州を含めて42州で仮想通貨交換業運営の許可を取得しています。


bitFlyer USAがサービスを開始

国内大手仮想通貨取引所bitFlyerの子会社であるbitFlyer USAが、11月28日よりアメリカでのサービスを開始しました。bitFlyer USAの米国での仮想通貨交換業開始はbitFlyerにとって初の海外進出案件となります。日本で培った専門性や独自の技術を活かし、米国市場において主に機関投資家に向けたサービスを提供し、米国展開及び近く予定しているクロスボーダー取引の開始により、米国の機関投資家へ高い流動性を提供することができますと発表しています。

NYDFSが制定したBitLicenseも取得

bitFlyer USAはNYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)が制定したBitLicenseを世界で4番目に取得しました。これにより仮想通貨交換業者としてニューヨーク州でのサービス展開も可能となりました。当初の発表よりも多い42州で仮想通貨交換業運営の許可を取得したようです(2017年11月29日(日本時間)時点)。

bitFlyer USAのサービス

bitFlyer USAのサービスは、月間10万ドル以上の仮想通貨取引を行うプロトレーダー向けに設計されています。クローズドベータ提供時には、2,000人以上が参加しました。取引所では指値、成行および特殊注文が可能であり、プログラムトレーダー向けに充実したAPIも提供しています。また、クロスボーダー取引を含め、仮想通貨取引をより便利に利用いただくために、随時キャンペーン及び新機能の追加を実施する予定です。2017年末まで取引手数料無料キャンペーンを実施し、2018年前半にはライトコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュなどのアルトコインの取扱いを予定しています。

モナコインはどうなるか

bitFlyerのリリースでは、注目されていたモナコインの記載はありませんでした。モナコインは11月27日~28日にかけて2倍程の高騰を記録しましたが、bitFlyer USAでの取り扱いを期待しての高騰と指摘する声もありました。他のアルトコインと同様に、2018年前半に取り扱いが開始されるのか注目されます。

bitFlyer USAの展開に注目

bitFlyer USAがサービスを開始しました。アメリカ42州での営業許可を取得しており、ほぼ全米に展開といっていいでしょう。アメリカにはコインベースなどの競合がいますが、月間10万ドル以上の仮想通貨取引を行うプロトレーダー向けにサービスが設計されるなど差別化しており、今後の展開に注目が集まります。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連するキーワード


bitFlyer

関連する投稿


bitFlyer、「miyabi」を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始

bitFlyer、「miyabi」を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社と共同で、プライベート・ブロックチェーン「miyabi」を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始しました。


bitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始

bitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始

仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始しました。bitFlyerは1月中に新規アルトコインの取り扱いを開始すると代表の加納氏が発言し、リップルやNEMなどさまざまな仮想通貨が噂になっていました。


bitFlyer(ビットフライヤー)が欧州進出。1月23日より仮想通貨交換業を開始

bitFlyer(ビットフライヤー)が欧州進出。1月23日より仮想通貨交換業を開始

国内仮想通貨取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が、1月23日より欧州で仮想通貨交換業を開始しました。子会社のbitFlyer EUROPE S.A.は、ルクセンブルク金融監督委員会(CSSF)の指導のもとPayment Institution Licenseを取得。米国事業開始に続く海外進出となります。


「スクウェア・エニックス×bitFlyer」ビットコインをお得にもらおう

「スクウェア・エニックス×bitFlyer」ビットコインをお得にもらおう

大手仮想通貨取引所bitFlyerでスクウェア・エニックスとコラボした特別優待キャンペーンが開催されています。bitFlyerの「ビットコインをもらう」を経由して 「スクウェア・エニックス e-STORE」で買い物をすると、買い上げ金額の5%のビットコインがもらえる内容です。


bitFlyer、Lightning 現物とLightning FXの価格乖離の縮小を目的とした「SFD」を導入予定

bitFlyer、Lightning 現物とLightning FXの価格乖離の縮小を目的とした「SFD」を導入予定

大手仮想通貨取引所のbitFlyerは、Lightning 現物とLightning FXの価格乖離の縮小を目的とした「SFD」を1月中を目処に導入します。SFDとは、「Swap For Difference」の略称で Lightning FX に適用されます。


最新の投稿


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で