バンドルカードが企業向け提携カードの発行を開始

バンドルカードが企業向け提携カードの発行を開始

ビットコインチャージが可能で最速1分で作れるVisaカード「バンドルカード」を運営する株式会社カンムは、企業向け提携カードの発行を開始したことを発表しました。


バンドルカードが企業向け提携カードの発行を開始

ビットコインチャージが可能で最速1分で作れるVisaカード「バンドルカード」を運営する株式会社カンムは、企業向け提携カードの発行を開始したことを発表しました。企業のギフトカードニーズに応えるべく、今回新たにシンプルな料金体系での元、オリジナルデザインのカードを発行する運びとなったようです。オリジナルデザインのバンドルカードは、今までのギフトカードの「使い終わると捨てられてしまう」という課題を「繰り返し利用することが可能」、「アプリ内にデザインカードが連携」を実現することで克服。また、全国のVisa加盟店で利用できるVisaプリペイドカードであることから、より汎用性の高い利用先をユーザーに提供できるという利点もあります。

バンドルカードについて

バンドルカードは「アプリから誰でも1分で作れるVisaカード」というコンセプトのチャージ式Visaプリペイドカードです。生年月日と電話番号だけでアプリからすぐにネット決済専用のバーチャルカードが発行され、希望者は実店舗で使えるリアルカードを持つこともできます。カードは日本を含む全世界200以上の国と地域にあるVisa加盟店で利用可能です。昨年9月の発行以来若年層を中心に約30万ダウンロードされ、約15億円の利用実績があります。仮想通貨取引所のcoincheckと連携しており、ビットコインでのチャージができる点も特徴です。

coincheckの詳細はこちら

ビットコインチャージは幅広い方に使われている

バンドルカード、「ビットコインの円建てチャージ」に関する利用調査結果公開

https://bitcoinlab.jp/articles/851

ビットコインをチャージできるVisaカード「バンドルカード」を運営する株式会社カンムは、バンドルカードユーザーの「ビットコインの円建てチャージ」に関する利用調査結果を公開しました。

バンドルカードは先日「ビットコインの円建てチャージ」に関する利用調査結果を公開しました。ビットコインの円建てチャージをした方は30代男性が中心ですが、幅広い層に利用されていることがわかりました。1回における平均チャージ金額は16,549円、一番多い利用先がコンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)となり、身近な買い物に利用されていることがわかっています。

ビットコイン保有者は利用してみては

ビットコインは高騰が続いており、決済に利用するのが勿体無い側面もありますが、バンドルカードにチャージすればVisa加盟店で利用できるため非常に便利です。日常的な買い物に利用している方も多いので、興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか。

最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で