GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

11月29日より、GMOコインがリップル(XRP)の取り扱いを開始しました。リップル取り扱いを記念して「スプレッド大縮小キャンペーン」も開催されています。通常スプレッドは1円ですが、キャンペーン中のスプレッドは0.3円となります。


GMOコインがリップルの取引を開始

11月29日より、GMOコインがリップル(XRP)の取り扱いを開始しました。GMOコインでは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインに次いで5通貨目の取り扱いとなります。なお12月に予定されていたイーサリアムクラシックの取り扱いは、見合わせを決定したようです。今後の取扱に関しては、決定し次第案内があるようです。

リップル売買スプレッド 大縮小キャンペーン

リップルの取り扱いを記念して「リップル売買スプレッド 大縮小キャンペーン」が開催されています。キャンペーンは2017年11月29日(水)~2017年12月27日(水)15:00まで開催されており、通常スプレッド1円のところ、0.3円で取引することが可能です。他社と比べても低いスプレッドであり、お得感があります。

GMOコインでリップルを取引する方法

GMOコインは初心者でもわかりやすい取引画面が特徴です。リップルを取引するには、メニューの「仮想通貨現物売買」から「リップル(XRP)」を選択します。その後、「金額指定(円)」か「数量指定(XRP)」のどちらかを選択し、任意の数字を入力後、購入または売却を行います。「金額指定(円)」が指値、「数量指定(XRP)」が成行注文です。

スプレッド0.3円なら短期売買も可能

国内取引所でアルトコインを取引する場合、ネックになるのがスプレッドです。短期売買は適さない場合も多いです。リップルのスプレッド0.3円であれば、短期売買もできる範囲になるでしょう。長期保有を考えている場合にもおいても、スプレッドが小さいに越したことはなく、リップルへの投資を考えているのであれば、この機会に利用してみてもいいかもしれません。

GMOコインの詳細はこちら

関連するキーワード


GMOコイン リップル

関連する投稿


リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップルとサウジアラビアの中央銀行が提携したことがわかりました。サウジアラビアの国内銀行がリップルのブロックチェーン技術を使用するための契約で、リップル社のソフトウェアであるxCurrentを利用した取引を可能にします。リップル社は連日提携発表をしており、世界中で利用が進んでいます。


GMOコイン、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを25倍から5倍に変更

GMOコイン、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを25倍から5倍に変更

仮想通貨取引所のGMOコインは、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを現在の25倍から5倍に変更することを発表しました。2018年1月31日(水)7:00から変更が実施されます。


リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

2017年12月30日、リップル(XRP)価格が高騰しています。前日150円~200円で推移していた価格は200円を突破すると、一気に290円台を記録し300円に迫る高騰を見せています。下落する仮想通貨が多い中、一人勝ちの状態です。


リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

2017年12月に入りリップル(XRP)価格が高騰しています。20円~30円で推移していた価格は一時99円まで高騰。2017年前半に記録した過去最高価格を大きく更新しました。リップルは国内複数の仮想通貨取引所で取引することができますが、おすすめの取引所はあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコインは2017年12月8日(金)15時より最低スプレッドと取引ルールの変更を行うと発表しました。また、2017年12月末より、仮想通貨現物売買において、利用者の取引量に応じて最低スプレッドを実質値下げする「仮想通貨現物売買VIPプラン」の提供も予定しているようです。


最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で