リサーチ会社のマーシュが仮想通貨に対する興味やイメージ調査を実施

リサーチ会社のマーシュが仮想通貨に対する興味やイメージ調査を実施

マーケティングリサーチ会社の株式会社マーシュは、全国20代~50代男女を対象とした「お金と仮想通貨に関するアンケート調査」を実施しました。仮想通貨に関する興味やイメージについても調査が実施されています。


マーシュが仮想通貨に対する興味やイメージ調査を実施

マーケティングリサーチ会社の株式会社マーシュは、全国20代~50代男女を対象とした「お金と仮想通貨に関するアンケート調査」を実施しました。仮想通貨に関する興味やイメージについても調査が実施されています。調査概要は以下の通りです。

【調査概要】
調査名:お金と仮想通貨に関するアンケート調査
調査対象者: 全国の20代~50代男女、有職者または専業主婦
有効回答数: 800s
割付:性別・年代均等
調査期間:2017年9月29日(金)~10月2日(月)
調査方法: インターネット調査
調査機関: 株式会社マーシュ
アンケートモニターサイト「D STYLE WEB」( http://www.dstyleweb.com/ )の登録会員を対象に実施

「仮想通貨」についてどの程度知っているか

仮想通貨についてどの程度知っているかを尋ねたところ、「詳しく知っている」と答えた人は8.0%、「なんとなく知っている」は40.0%、「言葉だけ聞いたことがある」は35.5%という結果になりました。仮想通貨という言葉だけの認知者も含めると8割を超える認知度となり、仮想通貨の情報に触れる機会が増えていることがわかります。

今後、「仮想通貨」を保有したり使用することへの興味

今後、仮想通貨を保有したり使用することに興味があるか聞いたところ、「興味がある」は9.6%、「やや興味がある」が23.2%で、興味ありとの回答が32.8%。「あまり興味がない」は16.1%、「興味がない」は29.4%で、興味なしとの回答は45.5%でした。興味なしの回答が興味ありをやや上回っています。

「すでに持っている・使っている」と答えた人は1.6%なので、まだ30%程の方が興味はあるが投資や利用には至っていないことがわかります。

「仮想通貨」という言葉から連想する言葉

仮想通貨という言葉から連想する言葉を、モノの名前、イメージ、印象、感情など種類にこだわらず1つだけ回答してもらいました。その結果、最も多かった回答は「ビットコイン」で、全体のおよそ4割。「危険」「不安定」「怪しい」「怖い」「詐欺」といった、ネガティブなイメージのワードを上げた回答者が全体の約3割。「便利」「未来的」「革命」といった比較的ポジティブなワードを挙げた回答者はごくわずかで3%にも満たない結果となっています。

この結果から、仮想通貨といえば「ビットコイン」。仮想通貨に興味はあるけど、ネガティブな印象も強く、恐怖心からなかなか投資や利用に結びついていないのではと想像できます。

ネガティブなイメージは徐々に払拭されていく

今回マーシュが実施した調査から、仮想通貨に興味はあるけどネガティブなイメージから投資や利用に踏み出せていないことがわかりました。ただ、ネガティブなイメージは徐々に払拭されつつあります。今後大手企業の参入、ICOなどへ適切な規制が入ることで更に良くなっていくでしょう。

最新の投稿


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で