仮想通貨でのマネーロンダリング(資金洗浄)の疑い半年で170件。警察庁発表

仮想通貨でのマネーロンダリング(資金洗浄)の疑い半年で170件。警察庁発表

マネーロンダリング(資金洗浄)の疑いがあるとして仮想通貨の交換業者が「疑わしい取引」として届け出たケースが4月からの半年間で170件あることが警察庁のまとめで分かったと日本経済新聞が報じました。


仮想通貨でのマネーロンダリング(資金洗浄)の疑い半年で170件

マネーロンダリング(資金洗浄)の疑いがあるとして仮想通貨の交換業者が「疑わしい取引」として届け出たケースが4月からの半年間で170件あることが警察庁のまとめで分かったと日本経済新聞が報じました。仮想通貨に関する疑わしい取引の集計は初めてで、警察庁は事業者の制度への理解を深め、さらなる届け出を促す方針のようです。

仮想通貨悪用、半年で170件 資金洗浄疑いなど

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24069120Q7A131C1CC0000/

 犯罪収益のマネーロンダリング(資金洗浄)の疑いがあるなどとして、ビットコインなど仮想通貨の交換業者が「疑わしい取引」として届け出たケースが4月からの半年間で170件あったことが30日、警察庁のまとめ

どんな取引が報告されているのか

仮想通貨交換業者からの届け出の多くは、暴力団関係者の関与が疑われたり、多額の取引が頻繁にあったりしたケースのようです。他人名義のクレジットカードで購入した仮想通貨を、偽造の身分証で開設したウォレットに振り込んだケースも確認されているといいます。警察庁は4月の改正犯罪収益移転防止法の施行で、疑わしい取引の届け出を仮想通貨交換業者に義務付けています。

日本では本人確認が必須だが

日本は仮想通貨取引所を利用するにあたって本人確認が必須です。改正資金決済法により本人確認が完了していない利用者の取引はできなくなりました。取引の匿名性が高いと言われる仮想通貨であっても特定が可能なわけです。取引所が他人のクレジットカードを利用して不正取引をした利用者の逮捕に協力した事例もあります。

しかし、世界では本人確認などが必須でない場合も多く、抜け道も存在します。仮想通貨がマネーロンダリング(資金洗浄)の温床になっているという指摘には疑問がありますが、抜け道をなくすには各国が対策をする必要があるでしょう。

最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin