仮想通貨でのマネーロンダリング(資金洗浄)の疑い半年で170件。警察庁発表

仮想通貨でのマネーロンダリング(資金洗浄)の疑い半年で170件。警察庁発表

マネーロンダリング(資金洗浄)の疑いがあるとして仮想通貨の交換業者が「疑わしい取引」として届け出たケースが4月からの半年間で170件あることが警察庁のまとめで分かったと日本経済新聞が報じました。


仮想通貨でのマネーロンダリング(資金洗浄)の疑い半年で170件

マネーロンダリング(資金洗浄)の疑いがあるとして仮想通貨の交換業者が「疑わしい取引」として届け出たケースが4月からの半年間で170件あることが警察庁のまとめで分かったと日本経済新聞が報じました。仮想通貨に関する疑わしい取引の集計は初めてで、警察庁は事業者の制度への理解を深め、さらなる届け出を促す方針のようです。

仮想通貨悪用、半年で170件 資金洗浄疑いなど

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24069120Q7A131C1CC0000/

 犯罪収益のマネーロンダリング(資金洗浄)の疑いがあるなどとして、ビットコインなど仮想通貨の交換業者が「疑わしい取引」として届け出たケースが4月からの半年間で170件あったことが30日、警察庁のまとめ

どんな取引が報告されているのか

仮想通貨交換業者からの届け出の多くは、暴力団関係者の関与が疑われたり、多額の取引が頻繁にあったりしたケースのようです。他人名義のクレジットカードで購入した仮想通貨を、偽造の身分証で開設したウォレットに振り込んだケースも確認されているといいます。警察庁は4月の改正犯罪収益移転防止法の施行で、疑わしい取引の届け出を仮想通貨交換業者に義務付けています。

日本では本人確認が必須だが

日本は仮想通貨取引所を利用するにあたって本人確認が必須です。改正資金決済法により本人確認が完了していない利用者の取引はできなくなりました。取引の匿名性が高いと言われる仮想通貨であっても特定が可能なわけです。取引所が他人のクレジットカードを利用して不正取引をした利用者の逮捕に協力した事例もあります。

しかし、世界では本人確認などが必須でない場合も多く、抜け道も存在します。仮想通貨がマネーロンダリング(資金洗浄)の温床になっているという指摘には疑問がありますが、抜け道をなくすには各国が対策をする必要があるでしょう。

最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で