SBIバーチャル・カレンシーズ、年明けにも取引開始か

SBIバーチャル・カレンシーズ、年明けにも取引開始か

以前からサービス開始が注目される仮想通貨取引所のSBIバーチャル・カレンシーズですが、年明けにも取引開始できるよう準備を進めていることが日本経済新聞のインタビューでわかりました。また、グローバル取引所であるDigital Asset Exchange(仮称)は香港で2018年1月開設目標としているようです。


SBIバーチャル・カレンシーズ、年明けにも取引開始か

以前からサービス開始が注目される仮想通貨取引所のSBIバーチャル・カレンシーズですが、年明けにも取引開始できるよう準備を進めていることが日本経済新聞のインタビューでわかりました。SBIバーチャル・カレンシーズは10月から口座開設の先行予約を開始していますが、数万単位で申し込みがあるといいます。

仮想通貨、既存サービス代替

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2410067030112017EE9000/

 仮想通貨ビジネスに力を入れるSBIグループ。マイニング(採掘)やヘッジファンド設立のほかに、取引所開設に向けて傘下のSBIバーチャル・カレンシーズが準備を進めている。33歳の若さで社長に抜てきされた

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップルの取り扱いを予定

インタビューでは、取り扱う仮想通貨に関しても明言がありました。ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップルの3通貨を取り扱う予定のようです。9月末の金融庁登録の際は、取り扱い仮想通貨にビットコインしか記載がなかったため、リップルは少し後になると思われていましたが、サービス開始とともに取り扱う可能性が高そうです。

Digital Asset Exchange(仮称)は香港で2018年1月開設予定

SBIが開設予定のグローバル取引所にも動きがありました。11月30日に開催されたインフォメーションミーティングの資料によると、Digital Asset Exchange(仮称)を香港で2018年1月開設目標としているようです。以前グローバル取引所はSBI MAXという名前でしたが、現在はDigital Asset Exchangeに変更したようです。

極めて安全性が高く、外に開かれたオープンな取引所として、地域普遍性を有し、世界共通の通貨と
なりうる多種多様な仮想通貨のグローバルな流動性を確保すると資料に記載があります。取り扱う仮想通貨に関しては明言されていませんが、ビットコイン、イーサリアム、リップル、NEM、ライトコインのロゴが記載されているため、取り扱う可能性がありそうです。

SBI参入により、更なる裾野拡大が期待

SBIホールディングスはネット証券やFXなどを傘下に持つ巨大金融グループです。多くの顧客を抱えています。SBIグループが仮想通貨取引所を開設すれば、なかなか仮想通貨投資には踏み出せていない投資家が参入する可能性もあり、更なる裾野拡大が期待できそうです。サービス開始が年明けのいつになるかはわかりませんが、2018年最も注目を集める存在になるでしょう。

関連するキーワード


SBIバーチャル・カレンシーズ

関連する投稿


SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始

SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始

SBIグループの仮想通貨取引所、SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始しました。具体的なサービス開始時期は明言されていないものの、金融庁登録も完了し、いよいよサービス開始が近い印象です。


SBIがグローバル取引所「SBI MAX(仮称)」設立へ。経営近況報告を発表。

SBIがグローバル取引所「SBI MAX(仮称)」設立へ。経営近況報告を発表。

SBIホールディングスが経営近況報告資料を公開し、新たにグローバルな仮想通貨取引所「SBI MAX(仮称)」を設立に向け準備中のことがわかりました。資料にはビットコイン、イーサリアム、リップルの他、NEMやライトコインのロゴもあり、取り扱う可能性がありそうです。


SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトが公開。リップルも取扱予定。

SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトが公開。リップルも取扱予定。

SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトがオープンしました。まだ情報はほとんど入っていないですが、サービス開始が近いことがうかがえます。ビットコインとイーサリアムの他、注目度の高いリップルも取り扱い予定です。


SBIグループやGMOグループ参入で、仮想通貨はどう変わる?

SBIグループやGMOグループ参入で、仮想通貨はどう変わる?

SBIグループやGMOグループは仮想通貨交換業に参入することを発表しています。既にSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社、GMO Wallet株式会社と準備会社を設立しており、2017年中には正式に参入することが予想されます。こうした大手企業の参入により、仮想通貨はどう変わるのでしょうか?


最新の投稿


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で