CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)、ビットコイン先物を12月18日に上場

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)、ビットコイン先物を12月18日に上場

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)は12月18日にビットコイン先物を上場すると発表しました。CBOE(シカゴ・オプション取引所)も近く具体的な日程を公表するようです。


CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)、ビットコイン先物を12月18日に上場

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)は12月18日にビットコイン先物を上場すると発表しました。シカゴマーカンタイル取引所は世界最大の先物・オプション取引所であり、影響力の大きさは言うまでもありません。ビットコインは金融商品として商品先物や為替オプションなどと比肩することになったと言っていいでしょう。また先んじてビットコイン先物上場を発表していたCBOE(シカゴ・オプション取引所)も近く具体的な日程を公表するようです。

JPモルガンなどの動きにも注目

CMEにビットコイン先物の上場が決まったことで、さまざまな金融機関が仲介を行うことになるでしょう。JPモルガン・チェースもその一つで、ビットコイン先物の仲介を検討していると報じられています。日本ではマネックス証券などが既に発表しており、機関投資家の参入が期待できそうです。

ナスダックも2018年前半にビットコイン先物を上場予定

Goran Vrhovac / Shutterstock.com

ナスダックもビットコイン先物を2018年前半に上場予定と報道されています。ナスダックはアメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場であり、取引高ランキングで世界第3位です。これが実現すればアメリカの巨大な3つの取引所でビットコイン先物が取引されることになります。

大きな変化が予想される2018年

これまでビットコインなどの仮想通貨取引は個人投資家によって行われてきました。しかし、2018年からはビットコイン先物上場により機関投資家が主役になる可能性があります。当然以前とは比べ物にならないほどの資金が流入するわけですが、相手はプロ投資家です。今までの常識が通用しなくなる可能性もあり、注意することも必要でしょう。

仮想通貨取引所の比較はこちら

 

最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin