CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)、ビットコイン先物を12月18日に上場

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)、ビットコイン先物を12月18日に上場

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)は12月18日にビットコイン先物を上場すると発表しました。CBOE(シカゴ・オプション取引所)も近く具体的な日程を公表するようです。


CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)、ビットコイン先物を12月18日に上場

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)は12月18日にビットコイン先物を上場すると発表しました。シカゴマーカンタイル取引所は世界最大の先物・オプション取引所であり、影響力の大きさは言うまでもありません。ビットコインは金融商品として商品先物や為替オプションなどと比肩することになったと言っていいでしょう。また先んじてビットコイン先物上場を発表していたCBOE(シカゴ・オプション取引所)も近く具体的な日程を公表するようです。

JPモルガンなどの動きにも注目

CMEにビットコイン先物の上場が決まったことで、さまざまな金融機関が仲介を行うことになるでしょう。JPモルガン・チェースもその一つで、ビットコイン先物の仲介を検討していると報じられています。日本ではマネックス証券などが既に発表しており、機関投資家の参入が期待できそうです。

ナスダックも2018年前半にビットコイン先物を上場予定

Goran Vrhovac / Shutterstock.com

ナスダックもビットコイン先物を2018年前半に上場予定と報道されています。ナスダックはアメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場であり、取引高ランキングで世界第3位です。これが実現すればアメリカの巨大な3つの取引所でビットコイン先物が取引されることになります。

大きな変化が予想される2018年

これまでビットコインなどの仮想通貨取引は個人投資家によって行われてきました。しかし、2018年からはビットコイン先物上場により機関投資家が主役になる可能性があります。当然以前とは比べ物にならないほどの資金が流入するわけですが、相手はプロ投資家です。今までの常識が通用しなくなる可能性もあり、注意することも必要でしょう。

仮想通貨取引所の比較はこちら

 

最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で