GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコインは2017年12月8日(金)15時より最低スプレッドと取引ルールの変更を行うと発表しました。また、2017年12月末より、仮想通貨現物売買において、利用者の取引量に応じて最低スプレッドを実質値下げする「仮想通貨現物売買VIPプラン」の提供も予定しているようです。


GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更

GMOコインは2017年12月8日(金)15時より最低スプレッドと取引ルールの変更を行うと発表しました。最低スプレッドの変更は以下の通りです。

【ビットコイン現物売買】
■最低スプレッド
変更前:3,000円
変更後:5,000円

【仮想通貨FX】
■最低スプレッド
変更前:300円
変更後:500円

取引条件に関しては保有建玉上限に変更があります。
■保有建玉上限
変更前:30BTC
変更後:20BTC

ビットコインの値上げが原因

今回の変更は実質、取引条件の悪化となるわけですが、背景にはビットコイン価格の高騰があります。GMOコインによると、「ビットコインの価格が、当社が営業を開始した6ヶ月前から約5倍、直近1ヶ月でも約1.5倍と大幅に上昇しております。当社では、お客様にご提示する取引条件につきまして、お客様にご満足頂けるよう、当社で許容できる最大限の努力をさせていただいておりますが、このような状況を鑑み、変更させて頂く」と発表しています。これだけ急激な値上がりをしているので、仕方ない部分が大きいでしょう。

「仮想通貨現物売買VIPプラン」の提供を予定

今回の発表と同じく「仮想通貨現物売買VIPプラン」の提供予定についても発表がありました。2017年12月末より、仮想通貨現物売買において、利用者ごとの取引量に応じて最低スプレッドを実質値下げする内容のようです。詳細については改めて案内があるようです。

GMOコインについて

GMOコインはGMOインターネット(東証一部上場)グループの仮想通貨取引所です。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、ライトコインの現物取引とビットコインのFX取引(レバレッジ取引)ができます。板方式で提供する取引所取引ではなく、シンプルでわかりやすい2Wayプライスを採用しており、自分の意図した価格で取引したい方や大口取引をしたい方に向いています。

GMOコインの詳細はこちら

条件変更にはなったが

GMOコインから最低スプレッドと保有建玉上限の変更に関する発表がありました。スプレッドの拡大は利益を出しづらくなるわけですが、変更後のスプレッドは決して高くなく、他社に比べて好条件で取引できる環境は変わっていません。

関連するキーワード


GMOコイン

関連する投稿


GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

11月29日より、GMOコインがリップル(XRP)の取り扱いを開始しました。リップル取り扱いを記念して「スプレッド大縮小キャンペーン」も開催されています。通常スプレッドは1円ですが、キャンペーン中のスプレッドは0.3円となります。


GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

仮想通貨取引所のGMOコインは、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始します。これによりGMOコインでは、5種類の仮想通貨が取引できるようになります(その他はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)。リップルの取扱開始を記念したキャンペーンも実施予定です。


GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

仮想通貨取引所のGMOコインで11月13日にシステム障害が発生しました。提示されたレートと異なるバグレートで約定したりアクセスできなくなったりする障害です。GMOコインが発表した今後の対応について紹介します。


利用者急増中。GMOコインの特徴や魅力、評判について

利用者急増中。GMOコインの特徴や魅力、評判について

GMOコインは2017年にサービスを開始した仮想通貨取引所です。取引所としては後発になりますが、低スプレッドや大手の安心感が評判を呼び、利用者を増やしています。GMOコインの特徴や魅力、評判について紹介します。


GMOコインがライトコインの取り扱いを開始。スプレッド大幅縮小キャンペーンも

GMOコインがライトコインの取り扱いを開始。スプレッド大幅縮小キャンペーンも

GMOコインが10月25日からライトコインの取り扱いを開始しました。GMOコインでは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュに次いで4通貨目の取り扱いとなります。これを記念し、スプレッド大幅縮小キャンペーンも開催されています。


最新の投稿


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


【2017年12月12日】ライトコインが高騰。2万円を超えて3万円に迫る

【2017年12月12日】ライトコインが高騰。2万円を超えて3万円に迫る

12月12日の仮想通貨相場はライトコインが高騰しました。前日1.8万円~1.9万円前後だった価格は2万円を突破し、一気に2.8万円台まで高騰しています。3万円に迫る勢いです。他の仮想通貨も好調な推移となっています。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin