GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更。VIPプラン提供も

GMOコインは2017年12月8日(金)15時より最低スプレッドと取引ルールの変更を行うと発表しました。また、2017年12月末より、仮想通貨現物売買において、利用者の取引量に応じて最低スプレッドを実質値下げする「仮想通貨現物売買VIPプラン」の提供も予定しているようです。


GMOコイン、最低スプレッドと取引ルールの変更

GMOコインは2017年12月8日(金)15時より最低スプレッドと取引ルールの変更を行うと発表しました。最低スプレッドの変更は以下の通りです。

【ビットコイン現物売買】
■最低スプレッド
変更前:3,000円
変更後:5,000円

【仮想通貨FX】
■最低スプレッド
変更前:300円
変更後:500円

取引条件に関しては保有建玉上限に変更があります。
■保有建玉上限
変更前:30BTC
変更後:20BTC

ビットコインの値上げが原因

今回の変更は実質、取引条件の悪化となるわけですが、背景にはビットコイン価格の高騰があります。GMOコインによると、「ビットコインの価格が、当社が営業を開始した6ヶ月前から約5倍、直近1ヶ月でも約1.5倍と大幅に上昇しております。当社では、お客様にご提示する取引条件につきまして、お客様にご満足頂けるよう、当社で許容できる最大限の努力をさせていただいておりますが、このような状況を鑑み、変更させて頂く」と発表しています。これだけ急激な値上がりをしているので、仕方ない部分が大きいでしょう。

「仮想通貨現物売買VIPプラン」の提供を予定

今回の発表と同じく「仮想通貨現物売買VIPプラン」の提供予定についても発表がありました。2017年12月末より、仮想通貨現物売買において、利用者ごとの取引量に応じて最低スプレッドを実質値下げする内容のようです。詳細については改めて案内があるようです。

GMOコインについて

GMOコインはGMOインターネット(東証一部上場)グループの仮想通貨取引所です。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、ライトコインの現物取引とビットコインのFX取引(レバレッジ取引)ができます。板方式で提供する取引所取引ではなく、シンプルでわかりやすい2Wayプライスを採用しており、自分の意図した価格で取引したい方や大口取引をしたい方に向いています。

GMOコインの詳細はこちら

条件変更にはなったが

GMOコインから最低スプレッドと保有建玉上限の変更に関する発表がありました。スプレッドの拡大は利益を出しづらくなるわけですが、変更後のスプレッドは決して高くなく、他社に比べて好条件で取引できる環境は変わっていません。

関連するキーワード


GMOコイン

関連する投稿


GMOコイン、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを25倍から5倍に変更

GMOコイン、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを25倍から5倍に変更

仮想通貨取引所のGMOコインは、仮想通貨FXにおける最大レバレッジを現在の25倍から5倍に変更することを発表しました。2018年1月31日(水)7:00から変更が実施されます。


GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

11月29日より、GMOコインがリップル(XRP)の取り扱いを開始しました。リップル取り扱いを記念して「スプレッド大縮小キャンペーン」も開催されています。通常スプレッドは1円ですが、キャンペーン中のスプレッドは0.3円となります。


GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

仮想通貨取引所のGMOコインは、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始します。これによりGMOコインでは、5種類の仮想通貨が取引できるようになります(その他はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)。リップルの取扱開始を記念したキャンペーンも実施予定です。


GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

GMOコイン、システム障害に関する対応を発表

仮想通貨取引所のGMOコインで11月13日にシステム障害が発生しました。提示されたレートと異なるバグレートで約定したりアクセスできなくなったりする障害です。GMOコインが発表した今後の対応について紹介します。


利用者急増中。GMOコインの特徴や魅力、評判について

利用者急増中。GMOコインの特徴や魅力、評判について

GMOコインは2017年にサービスを開始した仮想通貨取引所です。取引所としては後発になりますが、低スプレッドや大手の安心感が評判を呼び、利用者を増やしています。GMOコインの特徴や魅力、評判について紹介します。


最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で