仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ブロックチェーン上のアプリケーションであるDapps。さまざまな種類がありますが、ゲームは最も注目を集めている分野と言えるかもしれません。国内ゲーム会社の参入が相次いでいます。現在、配信されている、あるいは配信予定のブロックチェーンゲームをまとめました。

目次

  • 配信開始しているブロックチェーンゲーム
  • 配信予定のブロックチェーンゲーム
  • プレイするにはイーサリアムが必要

配信開始しているブロックチェーンゲーム

海外では複数のブロックチェーンゲームが配信されていますが、日本発のブロックチェーンゲームはまだまだ少ないです。そんな中、6月に配信したのが「くりぷ豚」です。株式会社セレスと株式会社グッドラックスリーが共同開発しています。「くりぷ豚」は、ユーザーが豚のキャラクター「くりぷトン」をコレクションし、交配させ新種を誕生させたり、ユーザー間で取引したりすることが可能です。ブロックチェーンゲームはブラウザゲームが一般的ですが、「くりぷ豚」はAndroidアプリにも対応しています。

くりぷ豚(Google Play)

配信予定のブロックチェーンゲーム

コントラクトサーヴァント(アクセルマーク)

配信予定のブロックチェーンは複数タイトル存在します。まず紹介するのが、アクセルマークが開発中のコントラクトサーヴァントです。詳細は発表されていませんが、トレーディングカードゲームで、ユーザーはオンライン空間上で自由にカードを取引することが可能です。加えてバトルや強化などのゲーム部分をオフチェーン化しており、ゲーム性の高いブロックチェーンゲームになりそうです。

My Crypto Heroes(double jump.tokyo)

My Crypto Heroesは、double jump.tokyoが開発中のブロックチェーンゲームです。2018年夏のリリースを目指しています。ブロックチェーン上の世界の歴史上の英雄達を集めて、数々のアイテムを手に入れながら、仮想世界の制覇を目指す内容です。

イーサ三国志(エイチエムシステムズ)

現在β版が公開されているのが、エイチエムシステムズが開発するイーサ三国志です。三国志といえばスマホゲームの定番であり、馴染み深いことから手が出しやすいかもしれません。イーサリアムでチケットを購入し、武将と交換・任務・育成、合成などに利用できます。また、ゲーム内のユーザー同士で武将をレンタル、売買しイーサリアムと交換する事も可能です。

イーサ三国志β版公式サイト

プレイするにはイーサリアムが必要

これらのブロックチェーンゲームはイーサリアム上に構築されており、プレイするにはイーサリアムが必要になります。加えてWebブラウザの場合はウォレット機能を持つプラグインMetaMaskに自身のウォレットを作成する必要があります。やや始めるまでのハードルが高いのが現状ですが、このあたりは時間の経過と共に一般の方でもプレイしやすくなるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧