仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

ブロックチェーンはビットコインの基盤となる技術です。ブロックチェーンを理解するのは非常に難しく感じますが、従来の管理の逆と考えれば難しくありません。一つのコンピューターでデータを管理するのではなく、世界中に存在するコンピューターにデータを分散させて管理をします。

目次

  • ブロックチェーンの仕組み
  • ビットコインにおけるブロックチェーンと従来型技術の違い
  • マイニング(採掘)の仕組み
  • ロックチェーンの応用
  • ブロックチェーンを理解して、ビットコインの取引を

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンは分散型のコンピューターネットワークと言われます。ただ、これだけ聞くとよくわかりませんよね。まずはわかりやすいように自分で作ったワードやパワポのファイルで考えてみましょう。こうしたファイルは自分のコンピューターにフォルダを作って保存するのが一般的です。つまり自分のパソコンがウイルスに感染したり故障したりしない限り安全ですが、その瞬間データはなくなってしまいます。

ブロックチェーンはこうしたデータを世界中に存在する不特定多数のコンピューターで管理しています。複数のコンピューターで同時に管理しているわけです。つまり一つのコンピューターのデータがなくなったり改ざんされたりしても他のコンピューターには正しいデータが残っていることになります。ブロックチェーンを破壊するにはデータを保持する世界中に存在するコンピューターの半数以上を壊す必要があるのです。

ビットコインにおけるブロックチェーンと従来型技術の違い

ブロックチェーンがどういった仕組みかわかったところで、ビットコインにおけるブロックチェーンと従来型技術の違いについて説明します。

中央管理者(サーバー)が取引台帳を管理する従来型技術

銀行や証券会社などの金融機関は中央管理者が全ての取引台帳を管理しています。例えば、A氏からB氏へ100万円を送金する場合、A氏が送金した情報が中央管理者に送られます。中央管理者はその情報をチェックしデータベースに書き込みます。そしてB氏に送金情報を通知するのです。普段銀行や証券会社を利用する際は裏の仕組みまで考えることはないですが、中央管理者への信頼によって成り立っているわけです。つまり、銀行や証券会社は中央管理者に誤りがあってはならないため、セキュリティ対策などに膨大な費用を使っています。そしてそのコストは私たちが利用する際の「手数料」として転嫁されています。

ビットコインとブロックチェーン

一方分散型コンピューターネットワークであるビットコインを支えるブロックチェーンはどうなのでしょう。銀行や証券会社は中央管理者が全て管理しデータベースは一つしかありませんが、ブロックチェーンは同じ取引台帳を管理するデータベースが世界中に存在します。つまり一つのデータベース維持にコストをかける必要はなく、他のデータベースで相互に補いながら運用されています。では、どのように取引記録を更新していくのでしょうか?

先程と同様にA氏からB氏に100ビットコインが送金されたとします。銀行や証券会社の場合は中央管理者がチェックをしますが、ビットコインの場合は中央管理者がいません。ビットコインは不特定多数の方が取引の整合性などをチェックします。これはコンピューターによる数学的な処理で非常に負荷がかかります。そして最終的に最も早く作業を終えた人が更新権限者になり、その情報を自身のデータベースに書き込んでいきます。これをマイニング(採掘)と呼び、主に有志の参加者によって支えられています。

マイニング(採掘)の仕組み

ビットコインにおけるマイニングとは新規取引のデータをデータベースに追加するまでの作業のことをいいます。先ほどこのマイニング作業は主に有志によって支えられていると書きましたが、なぜこんなことをやっているのか不思議ですよね。それは報酬としてビットコインが貰えるからです。ビットコインは更新権限者になった者に支払われます。つまりビットコインを無料で貰えることになるので、マイニング競争が繰り広げられているのです。

ブロックチェーンの応用

ブロックチェーン技術はビットコイン以外にもさまざまなビジネスで活用され始めています。ブロックチェーンは簡単に言うと中央管理者を介在させずに取引ができるようになる仕組みです。つまり仲介が必要なくなることを意味します。仲介型ビジネスモデルの業態はブロックチェーン技術により置き換わる可能性があるということです。

ブロックチェーン応用の代表的な存在がスマートコントラクトです。これは簡単に言うと取引プロセスを自動化です。ユーザー同士が直接取引を行えるので、コスト削減が期待できます。他にも家庭での余剰電力の取引、海外では行政サービスにブロックチェーンが応用されている事例もあります。

ブロックチェーンを理解して、ビットコインの取引を

ビットコインをはじめとする仮想通貨はブロックチェーン技術が基盤になっています。世界中に存在するコンピューターによって取引台帳が管理されているため、改ざん等のリスクが少なく安全性の高い仕組みです。ビットコインの取引をする際にブロックチェーンの詳細を理解する必要はないですが、安全性の高い技術によって支えられていることはビットコインを始めるにあたり安心感を生むことでしょう。ブロックチェーンは仮想通貨以外の分野でも応用されているので、そうした動向を追いかけるのも面白いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧