取引所

ビットコインの取引所に関する情報を紹介しています。ビットコインを手に入れる方法として最も一般的なのが取引所に口座を開設して購入することです。日本にある取引所の紹介や特徴を理解するのにお役立てください。

取引所に関連するキーワード

bitFlyer BITPoint bitbank BTCBOX coincheck Zaif Quoine Lemuria Kraken FISCO
>>取引所に関連するキーワード一覧

取引所のコラム一覧

仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

大手仮想通貨取引所であるbitFlyer、coincheck、Zaifなどはチャット機能があります。チャットはリアルタイムにユーザー同士でコミュニケーションを取ることができる便利な機能ですが、不安を煽るような投稿も散見されるため注意が必要です。


bitFlyer(ビットフライヤー)がアメリカ進出へ

bitFlyer(ビットフライヤー)がアメリカ進出へ

国内大手の仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)が、アメリカ進出することをcoindeskが報じました。既に米国34の州から認可を得ており、アメリカでのオフィスはサンフランシスコに構えます。アメリカでも主要な取引所として利用されるかもしれません。


bitFlyerのアプリがアップデート。年間チャートやBitcoin Cashの売買が可能に。

bitFlyerのアプリがアップデート。年間チャートやBitcoin Cashの売買が可能に。

bitFlyerのアプリがアップデートされました。チャートに年間チャートが加わり、アルトコイン販売所でBitcoin Cashの売買が可能になった他、iOSではウィジェット追加もできるようになりました。bitFlyerのアプリについて紹介します。


Z.comコイン byGMOが社名・サービス名を「GMOコイン」へ変更。30,000Satoshiがもらえるキャンペーン中

Z.comコイン byGMOが社名・サービス名を「GMOコイン」へ変更。30,000Satoshiがもらえるキャンペーン中

2017年8月9日より、Z.comコイン byGMOが社名・サービス名を「GMOコイン」へ変更しました。名称変更の理由は国内におけるマーケティング展開をより強化する目的です。今回の社名・サービス名の変更を記念して、ビットコイン30,000Satoshiがもらえるキャンペーンも実施されます。


coincheck(コインチェック)がBitcoin Cashの取引を開始。13種類目の仮想通貨

coincheck(コインチェック)がBitcoin Cashの取引を開始。13種類目の仮想通貨

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)でBitcoin Cashの取引が開始されました。これによりcoincheckでは13種類の仮想通貨が取引できるようになりました。国内では、主要な仮想通貨取引所がBitcoin Cashの取り扱いをしています。


bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

大手取引所のbitFlyerではビットコインからハードフォークして誕生したBitcoin Cash(BCH)を取り扱っています。アルトコイン販売所とbitFlyer Lightningの2通りの売買方法があり、それぞれの特徴ややり方を紹介します。


coincheck(コインチェック)がFintech事業者への投資を開始

coincheck(コインチェック)がFintech事業者への投資を開始

仮想通貨取引所coincheckを運営するコインチェック株式会社は、Fintech事業を開発・運営する法人・個人を対象に、投資育成を通じて支援する「Coincheck investment program」を開始したことを発表しました。1件当たり最大5,000万円程度を目安に投資を行うようです。


coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート。ローソク足・BTC建チャート追加

coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート。ローソク足・BTC建チャート追加

coincheck(コインチェック)のアプリがアップデートされました。元々シンプルな画面と使いやすさから好評を集めていましたが、ローソク足とBTC建チャートも加わり、さらに便利になりました。


仮想通貨取引所のカスタマーサポート。電話対応もできる?

仮想通貨取引所のカスタマーサポート。電話対応もできる?

仮想通貨取引所を利用する上で気になるのがカスタマーサポートではないでしょうか。投資自体初めての方は尚更です。仮想通貨取引所のカスタマーサポートはFXなどに比べ充実しているとは言えません。FXであれば電話サポートは当たり前ですが、仮想通貨取引所で対応していることは少ないです。


仮想通貨取引所への最低入金額は?設定されている?

仮想通貨取引所への最低入金額は?設定されている?

仮想通貨を取引するには取引所に口座開設後、日本円を入金する必要があります。株式投資などではまとまった金額が必要になりますが、仮想通貨は1円単位から取引できるため、最低入金額などは設定されていません。まずは少額でリスクを抑えて投資することができます。


coincheckがSTORYS.JPを事業譲渡。経営リソースをcoincheckに集中

coincheckがSTORYS.JPを事業譲渡。経営リソースをcoincheckに集中

2017年7月31日、仮想通貨取引所coincheckを運営するコインチェック株式会社は、STORYS.JPを1010株式会社へ事業譲渡したことを発表しました。経営リソースをcoincheckの事業に集中させることが目的のようです。


Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)の付与、取引、送金・受金対応状況(随時更新)

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)の付与、取引、送金・受金対応状況(随時更新)

Bitcoin Cashが誕生し、取引所が続々と対応を始めています。この記事ではBitcoin Cashの付与、取引、送金対応状況をまとめて随時更新していく予定です。ご利用している取引所がどのような状況か確認するのにお役立てください。


bitbank.cc(ビットバンク)で仮想通貨を取引する方法

bitbank.cc(ビットバンク)で仮想通貨を取引する方法

bitbank.ccはビットバンク株式会社が運営する取引所です。ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナコインと5種類の仮想通貨を扱っており、全て板方式での取引ができます。bitbank.ccで仮想通貨を取引する方法を紹介します。


仮想通貨取引所BTCBOXとは。Bitcoin Cashの取り扱いで注目

仮想通貨取引所BTCBOXとは。Bitcoin Cashの取り扱いで注目

BTCBOXは2014年3月に設立された老舗の仮想通貨取引所です。日本版と中国版の取引所があります。以前はビットコイン、ライトコイン、ドージコインの取り扱いがありましたが、現在はビットコインのみを扱っています。そして8月2日からいち早くBitcoin Cashの取引が開始されています。


PoloniexとBitfinexが米ワシントン州での業務を停止へ

PoloniexとBitfinexが米ワシントン州での業務を停止へ

海外の大手仮想通貨取引所であるPoloniexとBitfinexが米ワシントン州での業務を停止することがわかりました。新しい法律が施行されたことによる処置で、今後営業を再開するには免許を取得する必要があります。アメリカは州によって法律も規制も異なるため、それぞれ対応が必要です。


仮想通貨(ビットコイン)取引所を利用する際の注意点

仮想通貨(ビットコイン)取引所を利用する際の注意点

仮想通貨取引所は取引する目的に応じて使い分けるのが適切です。例えば取引したい仮想通貨を扱っていなければ元も子もありません。また、FXのようなレバレッジ取引がしたいのに最大数倍のレバレッジでは物足りなく感じるでしょう。また、取引のスタイルや環境も重要なポイントになります。


bitFlyerが仮想通貨送付時に暗証番号入力を必須化

bitFlyerが仮想通貨送付時に暗証番号入力を必須化

bitFlyerが仮想通貨送付時に暗証番号入力を必須化しました。セキュリティ対策の一環で仮想通貨を送金する際には、4桁の暗証番号が必要になります。これにより不正ログインされて送金されてしまうリスクを更に軽減することができます。


国内取引所で売買できる仮想通貨の一覧と特徴

国内取引所で売買できる仮想通貨の一覧と特徴

国内の取引所では、計13種類の仮想通貨を売買することができます。仮想通貨は1,000種類以上あるとされていますが、主要な仮想通貨は30種類くらいです。国内取引所でも主要な仮想通貨のほとんどが売買できると言えるでしょう。国内取引所で売買できる仮想通貨の一覧と特徴を紹介します。


仮想通貨取引所の大手はどこ?複数の視点から比較

仮想通貨取引所の大手はどこ?複数の視点から比較

仮想通貨取引所は国内に10社以上存在します。利用する取引所を選ぶ上で大手は安心感があるでしょう。今回は取引量、歴史、経営基盤、海外展開などの視点から仮想通貨取引所を比較してみます。


bitFlyer(ビットフライヤー)でイーサリアムクラシック(ETC)の取引が開始

bitFlyer(ビットフライヤー)でイーサリアムクラシック(ETC)の取引が開始

7月26日、bitFlyer(ビットフライヤー)でイーサリアムクラシック(ETC)の取引が開始されました。7月12日に取り扱われる可能性が高いとお伝えしましたが、正式に売買ができるようになりました。bitFlyerはビットコイン、イーサリアム、ライトコインと合わせて4種類の仮想通貨が取引できることになります。