仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

FX取引大手のヒロセ通商が、2018年2月上旬にライオンコイン株式会社を設立し、仮想通貨取引事業に参入することを発表しました。事業開始日は決まっていませんが、2019年3月までにサービスを開始する予定です。

目次

  • ヒロセ通商がライオンコインを設立。仮想通貨取引所参入へ
  • FX事業者の参入が相次ぐ
  • 徐々に差別化が難しくなる

ヒロセ通商がライオンコインを設立。仮想通貨取引所参入へ

FX取引大手のヒロセ通商が、2018年2月上旬にライオンコイン株式会社を設立し、仮想通貨取引事業に参入することを発表しました。事業開始日は決まっていませんが、2019年3月までにサービスを開始する予定です。

ライオンコイン株式会社の概要

名称:ライオンコイン株式会社
所在地:大阪市西区新町一丁目3番19号 MGビルディング
代表:代表取締役 梶原 絵里
事業内容:仮想通貨取引事業
資本金:5000万円
設立年月日:2019年年2月上旬(予定)
株主:ヒロセ通商株式会社100%

FX事業者の参入が相次ぐ

仮想通貨取引所は新規参入が相次いでいますが、中でもFX事業者の参入は多いです。GMOコイン(GMOクリック証券)、DMM Bitcoin(DMM.com証券)、BitTrade(FXトレードフィナンシャル)、みんなのビットコイン(トレイダーズ証券)など、現在仮想通貨取引所を運営する企業だけでもかなりの数があります。

また、SBIグループのSBIバーチャルカレンシーズもサービス開始予定ですし、複数のネット証券会社も参入の噂があります。サイバーエージェントなどIT企業の参入も多いのが特徴です。

FXはレバレッジ規制が入る可能性が高い

報道によると、FX取引はレバレッジ規制が入る可能性が高いです。現在のレバレッジ25倍から10倍に引き下げられることが有力視されています。こうした背景があり、FX事業者は仮想通貨が次の主戦場になると考えており、参入を急いでいると考えられます。

徐々に差別化が難しくなる

仮想通貨取引所は現在15社程ありますが、サービス内容には結構な差があります。例えば、取り扱い仮想通貨。最多のcoincheckは13種類扱っているのに対し、2種類しか扱いのない取引所もあるのが現状です。また、手数料やスプレッドにも差があるのが現状ですが、差はなくなっていくでしょう。ツールの使いやすさなど細かい点で勝敗が分かれていくことになりそうです。

仮想通貨取引所の比較はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧