仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

コインチェックの仮想通貨NEM不正流出を受けて、複数の仮想通貨取引所が自社のセキュリティに関する取り組みについて公表しました。新たに内容を公表したのが、bitFlyer、bitbank.cc、BITPointなどです。この機会に各社のセキュリティ状況を確認してみてはいかがでしょうか。

目次

  • 複数の仮想通貨取引所がセキュリティに関する取り組みを公表
  • bitFlyerのセキュリティ体制
  • bitbank.ccのセキュリティ体制
  • BITPointのセキュリティ体制
  • その他取引所のセキュリティ体制
  • セキュリティは仮想通貨取引所を選ぶ最も重要な指標に

複数の仮想通貨取引所がセキュリティに関する取り組みを公表

コインチェックの仮想通貨NEM不正流出を受けて、複数の仮想通貨取引所が自社のセキュリティに関する取り組みについて公表しました。新たに内容を公表したのが、bitFlyer、bitbank.cc、BITPointなどです。

bitFlyerのセキュリティ体制

bitFlyer発表資料(PDF)

bitFlyerでは、「bitFlyer セキュリティ・ファースト」主義と題したPDF資料を発表しました。詳しくは上記の資料を見て頂ければと思いますが、抜粋して紹介します。

・所有する金額で80%以上の仮想通貨は、ネットワークから隔離されたコールドウォレットに保管
・コールドウォレットは多重の物理的セキュリティ対策により保護され、24時間監視システムにより強固に保護
・基準のさらなる厳格化
・各種取扱仮想通貨に関し一定の基準を設けてマルチシグ化をしており、基準のさらなる厳格化を実施する予定

資料ではその他の項目もかなり細かく記載されており、bitFlyerがセキュリティを重要視していることがわかる内容になっています。

bitbank.ccのセキュリティ体制

bitbank.cc発表内容

bitbank.ccは、「コールドウォレット・マルチシグ運用体制について」と題し、ブログを更新しました。bitbank.ccが扱う仮想通貨の顧客資産は、全てコールドウォレットで管理されており、ホットウォレットには自己資産のみを運用している体制を取っています。マルチシグへの対応に関しても、仮想通貨セキュリティチームが安全性検証を終えたものから、適時マルチシグに移行しています。

BITPointのセキュリティ体制

BITPoint発表内容

BITPointも「当社の情報セキュリティ管理態勢について」と題した内容を公表しました。「組織的安全管理措置」、「人的安全管理措置」、「技術的安全管理措置」を踏まえた「情報セキュリティポリシー」を策定しセキュリティの維持、向上に取り組んでいること。様々な入口対策、内部対策、出口対策を講じており、仮にホットウォレットの秘密鍵が漏洩した場合であっても第三者がこの秘密鍵を解読することの不可能な対策を講じていることなどです。

その他取引所のセキュリティ体制

その他取引所も、セキュリティ体制に関する記載はホームページに必ずあります。一通りチェックすることをおすすめします。

・Zaif
https://corp.zaif.jp/security/
・GMOコイン
https://coin.z.com/jp/corp/about/security/index.html
・BitTrade
https://bittrade.co.jp/info/security/

セキュリティは仮想通貨取引所を選ぶ最も重要な指標に

コインチェックの仮想通貨NEM不正流出を受けて、利用者のセキュリティに対する目が厳しくなっています。仮想通貨取引所はこれまでもセキュリティ対策を講じてきていますが、今後更なる対策が求められるのは間違いないでしょう。不正流出などがあると、一瞬でこれまでの信頼が崩壊してしまいます。利用者からは見えにくいですが、セキュリティに対する投資を惜しむことはあってはなりません。

仮想通貨取引所各社の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧