仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)が、独自ブロックチェーン「Binance Chain」の開発を開始することを発表しました。Binance Chainはパブリックブロックチェーンとして開発。分散型取引所(DEX)を構築する予定です。

目次

  • Binance(バイナンス)が独自ブロックチェーン「Binance Chain」を開発
  • 分散型取引所(DEX)とは
  • 中央集権型取引所が分散型取引所

Binance(バイナンス)が独自ブロックチェーン「Binance Chain」を開発


tocak / Shutterstock.com

世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)が、独自ブロックチェーン「Binance Chain」の開発を開始することを発表しました。Binance Chainはパブリックブロックチェーンとして開発。ブロックチェーンアセットの移動と取引に焦点を当て、ブロックチェーンアセットの新しい可能性を提供することを目的としています。つまり、分散型取引所(DEX)が構築される予定です。なお、Binance ChainではBinanceが発行するBinance Coin(BNB)がネイティブコインとして利用されます。

分散型取引所(DEX)とは

分散型取引所(DEX)を理解するには、通常の仮想通貨取引所と比較するのがわかりやすいです。通常の仮想通貨取引所は、取引所を介してユーザー間の取引を実現しています。簡単に言えば仲介をしているわけです。一方の分散型取引所は、仲介を挟むことなくユーザー同士のウォレットとウォレットを繋いで売買を成立させることができます。

昨今、コインチェックなど取引所へのハッキングが増加していますが、大量の資金が集まっていることが狙われる要因の一つです。分散型取引所は特定の組織が資金を管理しない仕組みのため、コインチェックのような大規模流出などは起こりえません。

自身で管理する必要

分散型取引所を利用することで、ハッキングによる資産流出は防ぐことができます。しかし、自身のウォレットが狙われる可能性はあるため、フィッシング詐欺などには十分な注意が必要です。また、中央集権型の取引所と違い、秘密鍵を自身で管理する必要があります。秘密鍵をなくすと、仮想通貨を取り出すことは不可能になります。

中央集権型取引所が分散型取引所

現状分散型取引所における取引量は僅かですが、今後増加していくことになるでしょう。ただし、全ての方が分散型取引所を使いこなせるようにはならない可能性が高く、両者は共存するのではないでしょうか。Binanceのように中央集権型取引所が分散型取引所を開発する例も増えていくかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧